ニュース
» 2019年12月02日 19時30分 公開

優等生はなぜクラスメイトの私物を盗んだのか “自分らしさ”の意味を問う漫画に「勇気貰った」(1/2 ページ)

好きなものを好きと言える世界であってほしい。

[Tomo,ねとらぼ]

 クラスメイトの私物を盗んでしまった小学生の悩みを描いた漫画「ぼくらのりとるちゃれんじ」が人気を博しています。「自分らしさ」について考えさせられるお話です。作者は漫画家の桐島由紀(@yukirishima0212)さん。

 クラスの男子に人気の女の子、宮原さんの消しゴムや鉛筆が盗まれる事件が発生します。犯人は見つからず、男子は「女子のあてつけかも」とうわさしますが……犯人は優等生の藤井くんでした。かわいい柄の入った文具を「欲しかったから」盗ったのです。

クラスメイトの消しゴムを盗ってしまう藤井君

 学級委員としてクラスをまとめ、先生の評価も高い藤井くんですが、やがて盗んだことがバレてしまいます。「ガッカリした」という先生の言葉にショックを受け、重い気持ちを抱えた帰り道で偶然宮原さんと出会います。

 宮原さんは、盗まれたのは「ママが勝手に買ってくる、いらないもの」だから気にしていないと言いますが、藤井くんは人としてやってはいけないことをした、先生の期待や周りの信頼を裏切って「みんなをガッカリさせた」と涙をこぼします。その言葉に、「勝手に決めつけて勝手にガッカリするなんておかしい!」と憤る宮原さん。彼女もまた、かわいいからと着たくないフリフリの服を着せられたり、劇で勝手にお姫様役にされたりと、周囲の期待に苦しんでいたのです。

“周囲の期待”に苦しむ宮原さんだから、藤井君の気持ちが分かったのでしょう

 翌日、宮原さんは藤井くんを買い物に連れ出し、それぞれ本当に欲しかったものを買います。宮原さんが欲しかったのはかわいいグッズではなくヒーローの変身ベルト。そして藤井くんが買ったのはファンシーグッズ――周りの目が怖くて買えず、宮原さんから盗んでしまっていたもの。「いつかはちゃんと一人で好きなことが出来ると良いなって思う」。そんなことを思いながら、2人は「また明後日」と分かれるのでした。

 自分らしさや自分が好きなものと、周りの人から見た自分。それが隔たっていると、自分を押し殺して期待に応えようとして苦しむことも……。自分の気持ち、自分の「好き」を大事にしないといけないな、と思うお話です。読者からは「彼らが堂々と好きなものを好きって言える世界であって欲しいなって感じました」「勇気貰った」といったコメントが寄せられています。

 その後、10年後の2人の後日談も公開されており、ロックなファッションに身を包んだ宮原さんと、カバンにファンシーグッズを入れている藤井くんが描かれています。2人とも、一人で好きなことをできるようになってよかった!

 同作は、桐島さんのデビュー作。桐島さんは読み切り作品としてゲッサン12月号に「ホワイトクリスマス」、さんでーうぇぶりに「Famiiy」を掲載しています。

「ぼくらのりとるちゃれんじ」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」