ニュース
» 2019年12月29日 11時45分 公開

知っているともっと面白い! 駅伝を楽しむためのポイント

普段は走らない人でも気になるお正月のイベントの1つが駅伝ではないでしょうか。ルーツやマラソンとの違いについて紹介。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

駅伝のルーツは古代の伝達制度にあり

駅伝を知る 日本で駅伝が初めて開催されたのは約100年前です

 日本で初めて駅伝が行われたのは1917年。首都が東京に移転して50年を記念して、読売新聞社が東海道駅伝徒歩競走を開催したのが始まりです。スタートが京都三条大橋、ゴールが東京上野の不忍池までを23区間に分けて走りました。

 あまり知られていませんが、上野公園の不忍池と三条大橋のたもとには「駅伝発祥の地」の碑があります。訪れたときにはぜひ探してみてください。

 そのルーツは江戸時代の飛脚にあるといわれていますが、それなら東海道「飛脚」徒歩競走になりそうなものですよね。

 実は駅伝というのは7世紀頃に行われていた情報伝達制度のことで、当時は馬を使って情報伝達を行っていました。馬は長い距離を走り続けることができないので、途中で休憩をしたり乗り換えたりするために駅(うまや)を設置していました。この駅伝制は10世紀には廃れてしまいます。

 それから時代が流れて江戸時代になると駅伝制が飛脚制度として再構築されます。飛脚というと1人で手紙などを目的地に届けたというイメージがあるかもしれませんが、ほとんどの飛脚は宿場町で別の飛脚にバトンタッチして、効率的に情報伝達をしています(バトンタッチせずに1人で走った飛脚もいます)。

 この飛脚制度を参考にして開催されたのが、東海道駅伝徒歩競走です。直接のルーツは飛脚にありますが、実はさらにさかのぼった時代に「駅伝制」という制度があったことを覚えておくと、どこかで話のネタになるかもしれません。

駅伝は仲間のために走る競技

駅伝を知る 仲間が待っているプレッシャーが走りに影響を与えます

 マラソンと駅伝は似ているようで、実は大きな違いがあります。マラソンは個人競技であり、自分自身のために走ります。ところが駅伝は団体競技であり、チームのために走ります。

 どちらもベストを尽くすという意味では同じに思えるかもしれませんが、人間とは面白いもので、自分のためとなると苦しみに耐えられない人も、誰かのためとなると普段以上の力を発揮して、苦しみに耐え抜いて襷(たすき)をつなぐことができます。

 襷をつなぐということは魂をつなぐことであり、伝統をつなぐことでもあります。それゆえに選手として選ばれるのは名誉なことなのですが、時としてそれがプレッシャーになってしまうこともあります。もし途中で転倒して走れなくなったら、襷がそこで途切れてしまいます。

 さらに駅伝には、繰り上げスタートというルールがあり、先頭が襷をつないでから決められた時間が経過すると、次走者は襷を受け取らずに強制的にスタートを切らなくてはいけなくなります。このため大きく失速すると、やはり襷をつなげなくなります。

 そういうプレッシャーを感じると、体調を崩してしまう選手やフォームが崩れて後半に大きく失速する選手が出てきます。その結果、優勝候補が惨敗することもあり、反対に飛び抜けた存在のいないチームが勢いに乗って優勝するということもあります。

 ちなみに2019年のニューイヤー駅伝では、過去2回の優勝経験があり、2020年の優勝候補の1つでもあった富士通が予選落ちするという波乱がありました。ゴールするまではどこが勝つのか、誰にも分からないというのが駅伝の面白さでもあり、難しさでもあります。

仲間を誘って駅伝を走ってみよう

駅伝を知る 自分で走ってみると、駅伝がもっと面白くなる!?

 駅伝というと実業団や大学生の競技と思っている人もいるようですが、実は市民ランナー向けの駅伝が全国各地で開催されています。大会によってはリレーマラソンとなっていることもありますが、1区間が3〜5キロと比較的短いものから、1チームで42.195キロをつなぐものまでさまざまな大会があります。

 どんなに苦しくても仲間が待っていると思うと頑張れるので、驚くようなタイムが出ることもあります。その経験をしていると、駅伝を見るときに選手の気持ちが分かってくるので、熱のこもった応援ができるようになります。

 仲間を集めるのは大変かもしれませんが、新年の駅伝が終わった直後なら、駅伝を走りたいモードになっている人がたくさんいるはずです。事前にいくつかレースをピックアップしておいて、新年会などで「出てみようよ」と誘ってみるといいかもしれません。

 仲間を誘って駅伝観戦に行くのもおすすめです。ただしお正月は気温が下がりやすいので暖かい服装をして応援に行きましょう。年始から風邪などひかないように気を付けてください。

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」