ニュース
» 2020年02月03日 20時40分 公開

『僕のヒーローアカデミア』キャラ名「丸太」が「731部隊連想させる」と海外ファンから抗議 ジャンプ編集部が名前の変更を発表

作者と協議の上で変更を決めたとのこと。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 週刊少年ジャンプで連載中の漫画『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平著/集英社)に登場するキャラクター名が、第二次世界大戦中に旧日本軍・731部隊が人体実験対象者に用いた呼称「マルタ(丸太)」を連想させるとして、海外から批判の声が上がっています。この件について週刊少年ジャンプ編集部は2月3日、公式サイト上で声明文を掲載。コミックス収録時にキャラクター名を変更すると発表しました。




 週刊少年ジャンプ編集部はキャラクター名が「過去の歴史を想起させる」との指摘に対し、「命名にあたり、作者や編集部にはそのような意図はありません」とした上で、「無関係の史実と作品を重ね合わせることは本意ではないため、作者と相談の上、コミックス収録時に当該人物の名前を変更することにいたしました」と表明しました。

 731部隊では捕虜の中国人、朝鮮人、ロシア人などを「マルタ」の隠語で呼び、非人道的な人体実験を行っていたことが知られています。

 『僕のヒーローアカデミア』は、「個性」と呼ばれる超常的な力を持ったスーパーヒーローとヴィランの戦いを描いた作品。原作やアニメが各国に翻訳され、世界的な人気を博しています。問題となったキャラクターは「志賀丸太」。人体実験などを行う悪役という設定もあり、海外からは「被害者を指す“マルタ”という言葉が加害者を現すものとして根付いてしまう」といった批判が上がっていました。



 日本では「丸太」は「丸い木材」を意味する言葉として広く使われているため、即座に731部隊を連想する人は少ないかもしれませんが、海外ではいまだに戦中の悲劇として語り継がれているようです。筆者が同件について韓国の知人に訪ねてみたところ、「“マルタ”という言葉はみんな普通に知っている」「教科書で教わるというよりかは、日常の言語生活で覚える」とのことでした。


週刊少年ジャンプ編集部の声明

【お知らせ】週刊少年ジャンプ10号(2月3日発売) 『僕のヒーローアカデミア』の登場人物「志賀丸太」について、その名前が 「過去の史実を想起させる」とのご指摘がありました。命名にあ たり、作者や編集部にはそのような意図はありません。

しかしながら、無関係の史実と作品を重ね合わせられることは本意ではないため、作者と相談の上、コミックス収録時に当該人物の名前を変更することにいたしました。

2020年2月3日 週刊少年ジャンプ編集部

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/05/news021.jpg 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  2. /nl/articles/2208/05/news018.jpg やたら緑の幼虫を発見→1カ月育ててみた結果…… ため息が漏れるほど美しいチョウの羽化を見届けた観察日記に「感動する」
  3. /nl/articles/2208/06/news061.jpg 肺がん手術の広田レオナ、新型コロナ感染も“100人待ち”で入院不能 症状悪化を不安視し「とても怖い」
  4. /nl/articles/2208/05/news177.jpg 木下優樹菜、藤本敏史と長女バースデーに“元夫婦”2ショット 昔と変わらず親しみこめてツッコむ「やっぱかおでけぇ〜」
  5. /nl/articles/2208/05/news019.jpg ドッグランのプールに初挑戦した大型犬、必死の犬かきを見せ…… 「およげた〜!」と喜ぶ姿がかわいすぎる
  6. /nl/articles/2208/04/news130.jpg “手ぬぐい”が誤解による低レビューだらけでメーカー嘆き 「どうしたらみんなに伝わるんだろう。誰か力を貸して」
  7. /nl/articles/2208/04/news119.jpg 「かっこよすぎ」「めっちゃいい!」 イラスト自動生成AI「Midjourney」が描いた“異形崇拝”の絵が異世界すぎると話題に
  8. /nl/articles/2208/04/news101.jpg アンパンマンのブルブルおもちゃに大喜びの赤ちゃん→2日後…… 露骨な反応の変化に「なんかツボw」と笑ってしまう
  9. /nl/articles/2208/06/news027.jpg 妻「ご飯がまだできてないんです」→帰宅した夫の反応は…… 妻を気づかうやさしい言葉と行動に「すてき」「素晴らしい」と感動の声
  10. /nl/articles/2208/06/news014.jpg 飼い主が大型犬たちに“犬語”で注意した結果…… 即座に言うことを聞く姿に「まさかのネイティブw」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい