ニュース
» 2019年05月16日 09時00分 公開

「性差別の偏見を含む」バルセロナの児童図書館が約200冊の排除を決定 『眠れる森の美女』『赤ずきん』など

昔話における性差別の見直し。

[関口雄太,ねとらぼ]

 スペイン・バルセロナにある児童図書館が、「性差別主義の偏見などを含む」として、蔵書約600冊を精査し『眠れる森の美女』や『赤ずきんちゃん』など児童書約200冊の撤去を決定したと海外メディアが報じています



 見直しの対象となるのは、6歳の子どもたちを対象にした本の目録。スペイン紙のエル・パイスによると(リンク先英語版)、カタルーニャ自治政府の管轄下にあるターベル校では、目録を精査したところ、全体の30%が有害であると結論付けられました。

 性差別の観点から問題がないと判断された書籍は10%で、深刻な問題を含まないものが60%。同じくバルセロナに位置するモンセニー校など、複数の幼児・初等教育学校の図書館にて、性別のバランスが取れた本を取りそろえるよう作業を進めています。

 調査を実施した委員会メンバーであるアナ・トゥツォ氏は「社会は変わりつつあり、男性上位主義や女性蔑視に配慮し始めているが、昔話には反映されていない」として、児童書に含まれる性差別表現について指摘しました。例えば『黄金伝説』における聖ゲオルギウスの物語は、男性が英雄として邪竜を討伐し、女性が邪悪な王女として登場する古典的な版は性差別表現を含むとして撤去が決まっています。

 トゥツォ氏は、幼児期の読書について「児童らはスポンジのようにものごとを吸収するため、性差別の偏見を当然のものとして受け入れてしまう」と、精査の必要性を強調。一方で小学生(6歳〜12歳)の児童については「ものごとを批判的に捉える素晴らしい能力を持っており、読書は自発的にどういったものが性差別的であるかを理解する機会にもなる」と説明しています。

 ターベル校は今後、小学生に与える書籍についても、書棚の撤去は実施しないものの、見直しを進める方針です。


「性差別の偏見を含む」バルセロナの児童図書館が約200冊の排除を決定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた