ニュース
» 2020年02月05日 18時00分 公開

「クラクションを鳴らすと待ち時間が増える」インド警察が導入したユニークな信号が画期的すぎる

クラクションを乱用するドライバー対策で導入。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 インド・ムンバイで、信号待ちをするクルマがクラクション(ホーン)を乱用する風習を無くすために、現地警察が試験導入した「一定以上の音量で待ち時間をリセット」する信号機が大きな注目を集めています。

インド 警察 信号 クラクション 罰 時間 デシベルメーター 「ホーン(クラクション)を鳴らすと、待ち時間が増える」と表示された電光掲示板(画像はYouTubeより)

 ムンバイは「世界で最も騒がしい都市」と呼ばれるほど、騒音公害が社会問題となっており、その対策の一環として考案されたのが、お金ではなく「時間」で制裁するという発想で作られたユニークな信号機です。

インド 警察 信号 クラクション 罰 時間 デシベルメーター デシベルメーターなどを信号に取り付ける様子(画像はYouTubeより)
インド 警察 信号 クラクション 罰 時間 デシベルメーター 測定した音量を表示するデシベルメーター(画像はYouTubeより)
インド 警察 信号 クラクション 罰 時間 デシベルメーター 信号の下には待ち時間を表示する(画像はYouTubeより)

 この信号機には音量測定器(デシベルメーター)が取り付けられており、85デシベルを超える音を計測すると、信号が変わるまでの待機時間が90秒に再セットされる仕様となっています。

 音量測定器つき信号機は、2019年11月から12月にかけて交通安全キャンペーンの一環として実証実験が行われ、その様子をまとめた映像がムンバイ警察の公式Twitterで公開されました。

 赤信号で停車したクルマのドライバーがいつものようにクラクションを連打していると、あと少しで信号が変わるというところで、85デシベルをオーバー。あと数秒だった待ち時間が、90秒に再セットされてしまいドライバーたちが困惑している様子が映し出されています。

 すぐ近くに設置された電光掲示板には「クラクションを鳴らすと待ち時間が増えるぞ」と表示され、ドライバー同士で注意しあう様子なども映像で確認できます。

インド 警察 信号 クラクション 罰 時間 デシベルメーター 76デシベルを表示しているメーター。すでにうるさい(画像はYouTubeより)
インド 警察 信号 クラクション 罰 時間 デシベルメーター ぱっぱー!ぷぁー!(画像はYouTubeより)
インド 警察 信号 クラクション 罰 時間 デシベルメーター あと少しで信号が変わりそうですが、デシベルメーターもガンガンあがっていく(画像はYouTubeより)
インド 警察 信号 クラクション 罰 時間 デシベルメーター 追いクラクション(画像はYouTubeより)
インド 警察 信号 クラクション 罰 時間 デシベルメーター ついに85デシベルを超えてしまい、待ち時間が再セットされてしまう(画像はYouTubeより)
インド 警察 信号 クラクション 罰 時間 デシベルメーター ドライバーは「は?」という表情(画像はYouTubeより)

 インドではクラクションを鳴らすことを危険を知らせる「警鐘」の意味だけでなく、信号待ちをしているクルマに「後ろにいるぞと伝える」といった意味から、「おっす!」「うっす!」みたいなノリで鳴らすなど、日常的なコミュニケーションとして鳴らすという独特な風習があり、クラクションの使用頻度は世界トップクラス。自動車メーカーもインド向けに販売するクルマには耐久性を向上させた専用クラクションを搭載するほどです。

 いかに風習とはいえ、騒音がもたらす「害」は決して無視できるものではなく、ドライバーや周辺住民の健康のためにも、クラクションの乱用をやめさせるべきだと考案されました。

 実際の測定結果を見てみると、映像には音量測定器の表示が90デシベルを超えるシーンがありました。これは救急車のサイレンやパチンコ店などを超える音量で、一般的に人間の耳の「鼓膜」は125デシベル以上の音量には耐えられないとされており、健康上の被害が懸念されるのもうなずけます。

 この音量測定器つき信号機は試験的に導入されましたが、「時間的な制裁を加える」というアイデアは好評で、インドのニュースメディアでは本格的な導入を期待する声もあがっているようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」