ニュース
» 2020年02月07日 12時00分 公開

Siriが劇中に「呼んだ?」と勘違い 「セシリーという名の登場人物がおります」と、観劇中のiPhoneの電源オフを呼びかける注意書きが話題

観劇中のスマホの電源は切りましょう。

[ねとらぼ]

 舞台で度々話題になるのが、観劇マナーについて。特に、携帯電話やスマートフォンの電源については、その音や光が観劇の妨げになるほか、電波がワイヤレスマイクやイヤーモニターなどに影響を及ぼす場合もあります。

 そんな中、ある劇場で開園前に配布された1枚の注意事項が「変わっている」「ちょっと面白い」と話題になっています。

まじめが肝心 見慣れない一文が下線付きで添えられている注意書き

 オスカー・ワイルドの喜劇「まじめが肝心」の劇場で配られた注意書きには、「携帯電話、スマートフォン、タブレットなどの音や光の出るものは、他のお客様のご迷惑となりますので、必ず電源よりおキリいただけますようお願いいたします」という、オーソドックスな注意書きに加えて、「劇中セシリーという名の登場人物がおります。iPhoneをお使いの方はSiri機能をお切りいただけますようお願いいたします。高確率で反応いたします」という見慣れない注意書きが。

 この注意書きをTwitterで公開した劇評家の北村紗衣さんも、「これはなかなか見ない注意事項だと思いました」とコメントしています。

 この公演の主催、制作を務める松村久美子さんによると、実際に稽古中にSiriが反応したため、このような注意事項を入れたにしたとのこと。iPhoneに入ってるアシスタント機能「Siri」は、名前を呼びかけると本体に触れずにSiriを起動・操作できる「Hey Siri」を備えており、今回の舞台では、この機能が「Siri」に似た「セシリー」に反応してしまったものと思われます。

まじめが肝心 音声でiPhoneの様々なアプリを操作できるSiri

 なお、セシリーのつづりは「Cecily」。日本語で読む際には同じ「リ」ですが、Siriとは「l」と「r」が異なります。日本語話者は、このlとrの発音の区別が苦手な傾向にあるため、日本語版のSiriでは、他言語よりも「セシリー」という言葉でSiriが反応しやすくなっています。今回の注意書きは、日本ならではの「喜劇」だと言えそうです。

 劇中の登場人物の名前でSiriが反応してしまうのはなかなかないことですが、通常と同様にきちんとiPhoneの電源を落としておけば、問題なく観劇ができるとのこと。観劇の際は、基本のマナーに加え、その公演ごとのルールもしっかりとチェックしておくのが良さそうです。

画像提供:北村紗衣さん(@Cristoforou



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」