「裸エプロンの漁師」がウルトラレアカード!? 青森県庁が真剣に取り組む「漁師トレカ」とは

地元水産物の知名度向上を目指す「あおもりの肴」企画に取り組む、青森県庁水産振興課を取材しました。

» 2020年02月26日 11時30分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

 「青森の裸エプロン漁師トレーディングカード」と呼ばれる、インパクトの強烈なトレカがネットでじわじわと注目を集めています。制作したのはなんと青森県庁で、「どうした青森」「攻めすぎ」「欲しくない人がいるだろうか」などと大好評です。


漁師 「海の男」って感じでかっこいい!

 話題のきっかけは、青森県観光物産館の地場産品ショップ「青森県地場セレクト」の公式Twitter。同アカウントが紹介したUR(ウルトラレア)カードでは、素肌に漁業用カッパを身に着けた漁師がニッコリ笑い、大物を釣り上げそうな雰囲気を醸し出しています。


漁師 たくましい漁師を大勢収録。ひょっとしたらUR(ウルトラ漁師)カードなのかもしれない

 カードのレアリティはURとSSR(スーパースペシャルレア)のみ。URは全て漁師、SSRは全て漁協職員などの漁業関係者と区分されているのですが、SSRの男性もURに負けず劣らずたくましく、素人目にはまるで区別がつきません。★5と「強い★4」しかいない世界なんだな。


漁師 SSRも強そう

 全てにキャッチフレーズの「人と人、酒と肴(さかな)、つなぐ青森。」が記されたカードは、青森県庁の企画「あおもりの肴」の一環で生まれたもの。一般販売はなく、イベントで配布されています。編集部は企画を主導する青森県庁水産振興課を取材し、詳細を聞きました。


漁師 ホッキ貝と漁師カード。カードもそうだけど、5個600円もインパクト大

「おいしい魚を獲るには鍛えられた肉体も必要」と伝えたい

―― まず「あおもりの肴」の趣旨を教えてください

青森県庁 青森県産水産物の知名度向上と消費拡大を目的とした企画です。「酒と肴」は訴求力の強い言葉だと考え、魚介と相性の良い青森の地酒とともにPR活動を行っています。日本酒の会などの青森食材イベントでは、県庁職員による解体ショーをこれまで82回開催しました。


漁師 県庁職員自ら大間のマグロをさばくPRイベント。なぜか有名なネズミの耳が

 ほかにも、漁業者と一緒に食品スーパーで直接販売する「あおもりの肴フェア」を毎月開催するなど、青森の魚を知り、食べてもらおうと活動しています。

―― 企画はいつごろから始まったのでしょう

青森県庁 平成29年度(2017年度)の4月から、庁内ベンチャー(※)を活用した県の事業として実施しています。仕事で浜まわりをしている際、漁師から「魚が安い。なんとかならないか」とよく言われたのがきっかけです。そこから、青森の魚の価値と価格を高めるため、付加価値が付けられ、知名度を上がり、漁業者がもうけられる場所を作りたいとの思いで提案されました。

※提案者事業実施制度。職員が自分の就いている業務に関わらず事業を企画立案し、実施に必要な予算と人員を活用できる制度

―― 漁師さんをトレーディングカード化したのはなぜですか

青森県庁 企画のために、もともと上半身裸の漁師をモデルに起用し、青森の魚と地酒を組み合わせたパンフレットやポスターを作成していたんです。これを解体ショーなどPRの場で掲示していたところ、ポスターが欲しいという女性が多く、要望に対応するためトレーディングカードの形をとりました。


漁師漁師 トレカが生まれるきっかけとなったポスター

―― なぜ「裸エプロン」なのでしょう?

青森県庁 「裸エプロン漁師」という言葉は、ポスターやパンフレットを見た方がTwitter上で作り出した言葉で、我々が意図したものではありません(笑)。青森のおいしい魚を獲るためには、漁師の鍛えられた肉体も必要だと伝える意味と、とりあえず、青森の魚に興味を持ってもらうきっかけになればという思いがあって、インパクトを与えるため漁師に上半身脱いでもらいました。ちなみに、正式にはエプロンではなく、「『漁業カッパ』『水産カッパ』を着た上半身裸漁師」のカードです。

―― カードは何種類でコンプリートになりますか?

青森県庁 2019年の12月から作り始めて、現在9種類です。業者に発注しているものではなく、県庁職員による手作りのため、大量生産はできません。ポスターのモデルは30人ほどいるので、これから少しずつ増やしていく予定です。

―― カードはどうすれば入手できますか

青森県庁 先ほどお話した解体ショーなどのイベントで配布しています。イベント情報については、「あおもりの肴」Facebookページなどでお知らせしています。




 ほかにも、クックパッドで500以上の魚介レシピを紹介したり、YouTuber「実験道場」とのコラボレーションで動画を配信したりと、意欲的にPRへ取り組む「あおもりの肴」企画。Twitterでの盛り上がりがきっかけで大きな反響があり、ポスターやパンフレットを置きたいといった問い合わせや、取材申し込みを多数受けているとのことでした。

動画が取得できませんでした

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  3. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  4. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  5. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  6. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  7. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2403/03/news014.jpg 双子の赤ちゃんが布をかぶって…… 世界一平和な“いないいないばあ”が100万再生「なんて幸せな世界」「笑い声に癒されます」
  10. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」