新型コロナウイルスへの不安表す株価の下落〜東日本大震災並みの下押しの可能性も

調整局面に入る?

» 2020年02月26日 15時42分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

ニッポン放送「ザ・フォーカス」(2月25日放送)に中央大学法科大学院教授・弁護士の野村修也が出演。日経平均株価の大幅下落について解説した。

フォト 日経平均株価 新型肺炎感染拡大で世界経済への影響懸念で一時1,000を越える大幅下落〜 取引開始直後、1,000円以上急落した日経平均株価を示す株価ボード=2月25日午前、東京都中央区 写真提供:産経新聞社

日経平均株価が大幅に続落〜4ヵ月ぶりの安値

連休明け25日の東京株式市場は、新型コロナウイルスの感染拡大で世界景気が悪化することへの懸念が強まり、日経平均株価は急落した。日本政府の対応への批判も広がり、下げ幅は一時1000円を超え、終値は先週末と比べて781円33銭安の2万2605円41銭。2019年10月以来、およそ4ヵ月ぶりの安値となった。

森田耕次解説委員)中国が発生源の新型肺炎がイタリアやイランでも拡大して、世界経済へ深刻な影響を及ぼしかねないとの見方が市場に広がりました。日経平均株価の下げ幅は一時1000円を超え、およそ4ヵ月ぶりの安値。不況や国際的な危機に強い国債や金に投資資金が流れたと見られております。株安、経済的な影響について経団連の中西会長は25日の記者会見で次のように述べています。

中西会長)株式の相場はこういうことにものすごく敏感だなということを改めて再認識したというのが正直なところで、ここまで下がるのは予想を超えた下落だと感じています。これも、これからのウイルスの広がり具合によるだろうと思っています。あまり下がったことにリアクションを取っても何ともならないことなので、落ち着いて見るしかないと思っています。

森田)一方、菅官房長官は25日の記者会見では経済への波及懸念が強まっていることについて「すでに緊急対応策をまとめたところだが、さらに状況に応じて躊躇なく対策を講じていく」と述べています。一方で、「日本経済が緩やかな回復基調にあるという認識は変わっていない」との分析もしています。ただ、24日に番組に出ていただいた第一生命経済研究所主席エコノミストの永濱利廣さんは「この自粛風評被害が拡大すると名目GDPを2兆9000億円程度押し下げる可能性がある。東日本大震災並みの経済的な下押しになる」とおっしゃっていたのですが、野村さんはどのようにご覧になっているでしょうか。

野村)1つはアメリカの株高がややバブルだった部分があって、今回のことをきっかけに調整が入っている面はあると思っています。FRBが何とかしてくれるだろうという頼みの綱もなくなって、そこでアメリカの株価が少し下がると、世界の株は連動していますから日本の株がこういう形になるのは確かです。今回いちばん気になるのは、実体経済に対する不安感が足を引っ張っているということです。国際情勢が戦争などによって不安感が出てきて売るということであれば、お金の動きが需給バランスを崩して株価に影響している面も出てくるのですが、今回みんなが見ているのはウイルスの影響で企業活動が縮小することへの不安感が本当の意味での株安を招いている可能性があるので、厳しいと思います。

フォト 新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(中央)=2020年1月30日午後、国会内 写真提供:産経新聞社

今後の経済への不安が表れている

森田)中国経由のサプライチェーンと言われる国際的な部品の調達・供給網も断たれるような状況、インバウンドと呼ばれる日本への観光客も減って、観光、輸送、小売りなどの業界からも悲痛な声が漏れてきています。さらにこれからイベントが中止になって外出も控えられてくると、個人消費がどんどん冷え込むのではないかという不安があります。

野村)株は基本的に連想ゲームのような形になっていて、将来起こることをいま織り込んでいるわけですよね。そのなかで、例えば自動車について生産規模が縮小せざるを得ない、工場が閉鎖するのではという話があります。さらに、iPhoneのようなものについて、アップル社が先行き不安だということを示しているわけです。こういうことは、部品を提供している国々にとってみると、大きな企業に連なっているさまざまな企業が大きく影響を受けることになります。そこにどうやって対策を打っていくのか。ここで日本経済を破綻させるわけにはいきませんから、経済政策としては何らかの大規模なテコ入れをしなければいけないということですよね。

フォト 新型肺炎の流行を受け大阪市中央区の観光地周辺ではマスクを付けた観光客の姿が目立った=2020年2月2日午前、大阪市中央区 写真提供:産経新聞社

学校の休校など検討を要請〜日常生活にも影響広がる

森田)生活面では、学校などの対応です。25日、萩生田文部科学大臣は同じ市町村の学校で感染が拡大した場合には、患者がいない学校でも休校や学級閉鎖の検討を要請するということで、25日中に都道府県の教育委員会に伝達したようです。

野村)とにかく、学校は危ないのです。集団行動ですから、密着したところでいろいろな活動をします。学校をどうするかということはとても重要です。イベントであれば、自分から参加しないという選択肢があります。しかし、学校は義務教育なので行かなければいけないということになっています。閉鎖してもらわないと、子どもたちは行かざるを得ないわけです。そこは行政、教育委員会の判断ですから、比較的広域で閉じた方がいいと思います。

森田)しかし、ちょうど卒業式や入学式のシーズンに被ってしまっているのですよね。

野村)東日本大震災のときには、卒業式をやらなかった大学が多いのです。いまは「あのときには入学式、卒業式がなかったね」ということが思い出話になっているところもあるので、やらなければいけないという気持ちはわかるのですが、とにかく人命第一。あるいはウイルスが拡散することを防止することを第一に考えるべきだと思います。

森田)国土交通省はテレワークや時差出勤の呼びかけを全国の鉄道会社にし始めたようです。

野村)私の周りには「1人テレワークでサボりたいな」と言っている人がけっこういます。でも、テレワークを実施するためには、そのシステムがちゃんとある会社じゃなければできません。

森田)セキュリティの問題もありますからね。

野村)いろいろあるので、情報を持ち出すのも難しいのです。その辺りの準備が整っているところはテレワークを推奨して欲しいと思います。 radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  6. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  7. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  8. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  9. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  10. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」