ニュース
» 2020年03月10日 18時30分 公開

Google、新型コロナウイルスに関する誤情報に対策 便乗広告を過去6週間で数万件ブロック

明らかに間違った情報を24時間体制で注視しています。

[関口雄太,ねとらぼ]

 Google Japanは3月9日、「新型コロナウイルス感染症に関する対応と支援について」として、間違った情報から人々を守るなど、提供中の対応と支援を紹介しました。


Googleが感染症に関する対応と支援について発表 新型コロナ利用の広告を過去6週間で数万件ブロック 対応と支援内容を紹介(画像はGoogle Japan Blogより)

 間違った情報からユーザーを保護するため、Trust and Safetyチームが24時間体制で稼働。Google広告では、新型コロナウイルスの状況を利用した広告をすべてブロック。過去6週間で数万件の広告をブロックしたと発表しました。


 Google Playに関しては「制限されているコンテンツ」として、「配慮が求められる事象」(自然災害、残虐行為、紛争、死、その他の悲劇的な事象)を利用したアプリの開発を禁止。Googleのコンテンツポリシーとして、「医療や健康に関連する機能を備えたアプリのうち、誤解を招くものまたは有害な可能性のあるもの」の禁止も定めています。


 また、利用者が有用な情報にたどり着きやすいよう、Google検索のSOSアラートで最新のニュースを掲載。内閣官房新型インフルエンザ等対策室や厚生労働省、世界保健機関(WHO)が提供する情報へのリンクも表示します。YouTubeでは、「新型コロナウイルス」などのキーワード検索を行うと、内閣官房新型インフルエンザ等対策室へのリンクを表示しています。


Googleが感染症に関する対応と支援について発表 新型コロナ利用の広告を過去6週間で数万件ブロック 検索内容に応じて有用なリンクを表示(画像はGoogle Japan Blogより)

 その他、WHOと各国の政府機関を対象に、2500万ドルの広告クレジットを提供するなど、信頼性の高い情報の発信を支援する取り組みを行っているとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.