インタビュー
» 2020年04月16日 20時00分 公開

周囲は理解しがたい“うつ状態のどん底”「幽体離脱」「音だけが反響する世界」 マンガ『うつを甘くみてました』インタビュー(1/2 ページ)

知識だけでは向き合えない心の病気の難しさ

[ねとらぼ]

 うつ状態と躁状態を繰り返す「双極性障害」。エッセイマンガ『うつを甘くみてました』『家族もうつを甘くみてました』(ぶんか社)は、10年超にわたる心の闘病体験を当事者/家族の2つの視点で描いたシリーズ作品。作者・ブリ猫。さんにうつと向き合うことの大変さ、周囲がサポートすることの難しさをインタビューしました。『うつ甘』『家族もうつ甘』本編も合わせて掲載します。



マンガ『うつを甘くみてました』『家族もうつを甘くみてました』とは

 「当時 私は美容の世界で華やかにピカピカした日々を 過ごしていました」「ところがある日…それは突然やってきました」(『うつを甘くみてました』冒頭より)

 ブリ猫。さんは夫の浮気発覚後、心療内科でうつ病と診断(その後、双極性障害II型に変わる)。2017年から、その壮絶な闘病の日々をPixiv上にマンガとして投稿するようになり、2018年、それを書籍化した『うつを甘くみてました』が刊行。

 続編となる『家族もうつを甘くみてました』(2020年刊行)は両親へのインタビューを行い、1作目『うつ甘』の出来事を“見守ってきた側の視点”で振り返った作品。双極性障害という1つの体験を2つのマンガ、2つの角度で捉え、「当事者/その周囲の人が感じる、心の病気に向き合う難しさ」を描いています。

作者:ブリ猫。(Twitter:@bnyan42

 東京都出身。元・美容関係店舗経営者。34歳の時に、夫の浮気がきっかけでうつ病を発症。その後、『双極性障害II型』と診断される。現在も闘病中。二児の母であり、3匹の猫飼いでもある。

『うつ甘』 #患者の家族も病気と向き合う



















『うつ甘』 #こんな世界に見えているのを絵にしました

















分からない相手の気持ちに、なるべく近づこうとする“優しさ”

―― 『うつ甘』には、うつ状態に陥ったときの感覚を描いたエピソードが。「絶望感」「幽体離脱の話でよく聞く(ような状態)」「外からの音は三倍速」といった説明は、確かに経験のない人には理解しがたいかもしれません

ブリ猫。さん(以下、ブリ猫。):さらに、自分の“内面”がこんな風でも、周りから見える“外面”はこうで……というズレもありますからね。

 もしも人間同士をケーブルでつなげて心を同期できるなら、相手のことを100%理解することが可能かもしれません。でも、実際にはそうではないので、推し量るしかなくて。だから、「相手の気持ちが分かっている」と思っていても、正確には「分かっている(はずなのである)」になってしまうというか。

―― そのような難しさがあるなかで、相手を理解するのに必要なことはなんだと思いますか?

ブリ猫。:そうですね……。分からないことを前提に、それでも、「こんな風に思っているのかな」「あんな風に思っているのかな」と相手の気持ちに近づけるように想像していく。そういう優しさを持つことだと思います。

うつは、知識だけでは解けない問題

ブリ猫。:例えば、私の両親は、うつに関する情報を集めるためにたくさん行動してくれました。でも、知識を得ただけで理解、解決できるような問題であれば、私たちはこんなに苦労しなかったはずなんですよね。

―― 2作目『家族もうつ甘』内のコラムで、ブリ猫。さんの父親自身が書いていますが、「双極性障害の症状を頭で知識として」理解してもなかなか受け入れられず、当てこすりのように「無言で部屋のドアを強く締め」てしまうことがあったそうですね

ブリ猫。:「バーン」「ドーン」「ウギャウギャウギャ」「いいかげんにしろー!」というのは日常茶飯事でしたよ(笑)。

 「やろうと思っていてもそれができない病気なんだよね。だから、温かく見守らないといけないんだよね」と頭で分かっていても、実際にやらない人を見たら「何でやらないんだ」と思ってしまうものです。

 私もそういう周囲の人の難しさを理解して、ふーっと一呼吸置いて「そうだよな」と受け止められるようになるのに時間がかかりました。

―― “理解しがたさに対する理解”も必要だったんですね

ブリ猫。:両親の話を聞いて「これだけ考えてくれてるんだ」「自分も努力しないといけないな」と思い、気持ちを切り替えるルーティンを作るようになりました。

 以前は頭がグルグルしたら外に行って深呼吸していたんですが、部屋に戻ると元の状態に戻ってしまうようになって。だから、今は“落ち着くきっかけ”をドンドン変えていくようにしています。

 うわーっと言われてウギーッとなっちゃったら、キーボードのEnterキーを思い浮かべて「はい、エンター。おしまい!」とか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  2. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  5. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  6. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2107/07/news017.jpg 近所をさまよっていた犬を一時保護→3日後…… 先住犬が困惑するほどの大胆な姿に「安心したんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」