インタビュー
» 2020年04月16日 20時00分 公開

周囲は理解しがたい“うつ状態のどん底”「幽体離脱」「音だけが反響する世界」 マンガ『うつを甘くみてました』インタビュー(1/2 ページ)

知識だけでは向き合えない心の病気の難しさ

[ねとらぼ]

 うつ状態と躁状態を繰り返す「双極性障害」。エッセイマンガ『うつを甘くみてました』『家族もうつを甘くみてました』(ぶんか社)は、10年超にわたる心の闘病体験を当事者/家族の2つの視点で描いたシリーズ作品。作者・ブリ猫。さんにうつと向き合うことの大変さ、周囲がサポートすることの難しさをインタビューしました。『うつ甘』『家族もうつ甘』本編も合わせて掲載します。



マンガ『うつを甘くみてました』『家族もうつを甘くみてました』とは

 「当時 私は美容の世界で華やかにピカピカした日々を 過ごしていました」「ところがある日…それは突然やってきました」(『うつを甘くみてました』冒頭より)

 ブリ猫。さんは夫の浮気発覚後、心療内科でうつ病と診断(その後、双極性障害II型に変わる)。2017年から、その壮絶な闘病の日々をPixiv上にマンガとして投稿するようになり、2018年、それを書籍化した『うつを甘くみてました』が刊行。

 続編となる『家族もうつを甘くみてました』(2020年刊行)は両親へのインタビューを行い、1作目『うつ甘』の出来事を“見守ってきた側の視点”で振り返った作品。双極性障害という1つの体験を2つのマンガ、2つの角度で捉え、「当事者/その周囲の人が感じる、心の病気に向き合う難しさ」を描いています。

作者:ブリ猫。(Twitter:@bnyan42

 東京都出身。元・美容関係店舗経営者。34歳の時に、夫の浮気がきっかけでうつ病を発症。その後、『双極性障害II型』と診断される。現在も闘病中。二児の母であり、3匹の猫飼いでもある。

『うつ甘』 #患者の家族も病気と向き合う



















『うつ甘』 #こんな世界に見えているのを絵にしました

















分からない相手の気持ちに、なるべく近づこうとする“優しさ”

―― 『うつ甘』には、うつ状態に陥ったときの感覚を描いたエピソードが。「絶望感」「幽体離脱の話でよく聞く(ような状態)」「外からの音は三倍速」といった説明は、確かに経験のない人には理解しがたいかもしれません

ブリ猫。さん(以下、ブリ猫。):さらに、自分の“内面”がこんな風でも、周りから見える“外面”はこうで……というズレもありますからね。

 もしも人間同士をケーブルでつなげて心を同期できるなら、相手のことを100%理解することが可能かもしれません。でも、実際にはそうではないので、推し量るしかなくて。だから、「相手の気持ちが分かっている」と思っていても、正確には「分かっている(はずなのである)」になってしまうというか。

―― そのような難しさがあるなかで、相手を理解するのに必要なことはなんだと思いますか?

ブリ猫。:そうですね……。分からないことを前提に、それでも、「こんな風に思っているのかな」「あんな風に思っているのかな」と相手の気持ちに近づけるように想像していく。そういう優しさを持つことだと思います。

うつは、知識だけでは解けない問題

ブリ猫。:例えば、私の両親は、うつに関する情報を集めるためにたくさん行動してくれました。でも、知識を得ただけで理解、解決できるような問題であれば、私たちはこんなに苦労しなかったはずなんですよね。

―― 2作目『家族もうつ甘』内のコラムで、ブリ猫。さんの父親自身が書いていますが、「双極性障害の症状を頭で知識として」理解してもなかなか受け入れられず、当てこすりのように「無言で部屋のドアを強く締め」てしまうことがあったそうですね

ブリ猫。:「バーン」「ドーン」「ウギャウギャウギャ」「いいかげんにしろー!」というのは日常茶飯事でしたよ(笑)。

 「やろうと思っていてもそれができない病気なんだよね。だから、温かく見守らないといけないんだよね」と頭で分かっていても、実際にやらない人を見たら「何でやらないんだ」と思ってしまうものです。

 私もそういう周囲の人の難しさを理解して、ふーっと一呼吸置いて「そうだよな」と受け止められるようになるのに時間がかかりました。

―― “理解しがたさに対する理解”も必要だったんですね

ブリ猫。:両親の話を聞いて「これだけ考えてくれてるんだ」「自分も努力しないといけないな」と思い、気持ちを切り替えるルーティンを作るようになりました。

 以前は頭がグルグルしたら外に行って深呼吸していたんですが、部屋に戻ると元の状態に戻ってしまうようになって。だから、今は“落ち着くきっかけ”をドンドン変えていくようにしています。

 うわーっと言われてウギーッとなっちゃったら、キーボードのEnterキーを思い浮かべて「はい、エンター。おしまい!」とか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  4. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  5. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  6. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  7. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  8. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  9. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  10. /nl/articles/2205/22/news043.jpg まるで神隠し 「じいちゃん家の近くに捨てられてる」と道路脇で無造作に放置された名車がTwitterで話題

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声