ニュース
» 2020年03月25日 10時00分 公開

お、見覚えがあるぞ……? 米国のYouTuberが作った本気仕様の電車おもちゃに日本のテツがピクンと反応 (1/2)

何だか、うれしい♪

[呼んでる渋沢,ねとらぼ]

 こ、これは、あれ……だよね♪ 思わず二度見してしまうダンボール電車の工作動画に日本の多くの人がピクンと反応しました。

海外 鉄道 おもちゃ プラレール DIY 成田エクスプレス スカイライナー 何だか見覚えのある「NEX」と縦書きで文字が描かれたダンボール製の電車のおもちゃ(Youtubeより
How to Make a NEX Train | Two-tier railway configuration

 米国のYouTuber、Libermanさんが、ダンボール製の鉄道おもちゃを制作した動画を公開しました。

 おぉぉ!! とても精巧なつくり。車輪は某コーラのペットボトルの赤いフタ、シャシーはダンボール。見慣れた部材で、自分もできるかもとなどと錯覚してしまう工程のようですが、想像以上にていねいな仕事で工作にも迷いがありません。

海外 鉄道 おもちゃ プラレール DIY 成田エクスプレス スカイライナー 車輪はペットボトルのフタ(Youtubeより
海外 鉄道 おもちゃ プラレール DIY 成田エクスプレス スカイライナー モーターと制御基板、そしてパンタグラフのギミック。そこそこ高度な本気の工作(Youtubeより

 シャシーと動力、ギミック機構が完成すると、車体の形成に移ります。流線形の前面に描かれた文字は……黒地に白抜きで「NEX」。“N’EX”じゃないけれど、これはやはり成田エクスプレスかぁぁぁ。いや、先頭の形状からもしかして京成スカイライナーも混ぜたのかも……?

 見覚えのある姿と文字列にピクンと反応しつつも車両はみごと完成。ダンボール製の高架型線路を走ります。ただ電動モーターでプラレールのように走るだけではありません。パンタグラフの上下制御まで電動化しています。こんなギミック……好き。こういったところにも本気っぷりを感じ、親しみを覚えてしまいます。

海外 鉄道 おもちゃ プラレール DIY 成田エクスプレス スカイライナー 成田エクスプレス E259系電車(写真:呼んでる渋沢)
海外 鉄道 おもちゃ プラレール DIY 成田エクスプレス スカイライナー パンタグラフの電動上昇機構もすごい(Youtubeより
海外 鉄道 おもちゃ プラレール DIY 成田エクスプレス スカイライナー 車両もレイアウトも全てダンボール製(Youtubeより

 動画には「工作のレベルが想像以上にすごい」「自動上昇パンタグラフがかっこいい」といった反響があり、また、完成度が高く見覚えのある姿のせいか日本語のコメントも目立ちました。みんな反応しちゃったのでしょう。

 成田エクスプレスは、日本の主要玄関口である成田国際空港と東京都心部や関東主要都市を結ぶ空港アクセス列車。京成スカイライナーも同じです。来日した海外渡航者が利用する機会が多いのも想像に難くありません。それでも世界にたくさんある列車の中でも印象に残ったものとして選ばれた……となれば、何だかうれしいですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.