ニュース
» 2020年03月25日 12時40分 公開

推しが「どうぶつの森」に現れる! マイデザインで作った欅坂や48グループのアイドル衣装の完成度がすごい(1/2 ページ)

無人島でMV再現したくなるやつ。

[ねとらぼ]

 3月20日に発売されたばかりの「あつまれ どうぶつの森」。無人島を舞台にどうぶつの住人たちと交流したりお金(ベル)を稼いだりムシやサカナをとって回ったり……とさまざまな遊び方ができるゲームです。シリーズおなじみの要素「マイデザイン」で作られた欅坂46や日向坂46などのアイドル衣装がとってもステキです。

どう森マイデザ 「どうぶつの森」マイデザで再現したアイドル衣装がステキ。こちらは「サイレントマジョリティー」(画像はなるチャンさん@ikirutoha_____の投稿より)

 マイデザイン(マイデザ)は、服などのデザインを自分で作ってキャラクターに着せることができるもの。二次元コードなどで共有できるため、ほかのプレイヤーが作ったマイデザインを使用することもできます。着て楽しむのはもちろん、部屋に飾ったり、MV(ミュージックビデオ)を再現してみたり……と、まるで推しがあつ森の世界に降臨したような遊びができてしまいます。最高かよ……。

どう森マイデザ 「世界には愛しかない」
どう森マイデザ 「二人セゾン」
どう森マイデザ 「不協和音」

 衣装をマイデザで再現し、SNSで共有しているひとり、まち(ょ)きさん。まち(ょ)きさんは、欅坂46、日向坂46、乃木坂46などの“坂道グループ”をはじめ、48グループや=LOVE、PRODUCE48の衣装マイデザも作っています。高い再現クオリティに「着せてみた」リプライが多く寄せられています。

 どうやったらこんなステキなマイデザが作れるようになるのか、まち(ょ)きさんに聞きました。まち(ょ)きさんが本格的にマイデザを作り始めたのは、2013年、中学2年生の頃だといいます。そのころプレイしていたのは「とびだせ どうぶつの森」(2012年/Nintendo 3DSソフト)。

 「2012年ごろからAKB48を意識して見るようになり、シングル曲の『ギンガムチェック』の衣装がすごくかわいいなぁと思ったのがきっかけで、自分はアイドルの中でも、衣装というジャンルに対してとても興味があるんだと自覚しました。『とびだせ』をやり始めたころ、AKBグループ衣装再現のマイデザインをいっぱい作ってブログで公開してる方がいて、最初はその方が作っていたものを着ていました。着ているうちに『自分でも作ってみよう』と思い、今に至ります」

 アイドル衣装再現のマイデザ作りは、「自分の大好きな衣装への造詣が深まったような気がしてとても楽しいです」と語るまち(ょ)きさん。作る際のポイントも聞きました。

 「マイデザ作りは、もちろんオリジナルの衣装のまま正確にドットを打ち込むのも大切ですが、細かく書き込みすぎると逆にゴチャゴチャして分かりづらくなったりしてしまうので、そこの差し引きがポイントだと思っています。あとは、アイドルの衣装は、実際に着用するアイドルのスタイルがよく見えるようにデザインされているので、それと同じように、マイデザでもベルトの位置を少し高めにしたりしてキャラクターのスタイルがよく見えるようにしています(笑)」

 アイドル衣装は、新曲や新MVのたびに増えるもの。また、同じ曲でもひとりひとりのアイドルが違ったデザインの衣装を着ていることもあります。まち(ょ)きさんはさまざまな曲の衣装や、デザイン違いの衣装を再現して遊んできました。

 個人的にキレイに作れたデザインとして教えてくれたのが、AKB48「11月のアンクレット」の衣装マイデザ。「布地にたくさんのバラの絵が小さくプリントされてるんですが、どうやったら遠目で見てもバラだとわかるようにドットを打ち込むか? どうやってそれぞれのバラの表情を変えていくか? など、研究しまくってようやく完成した衣装です」といいます。

 また、大変だったのはAKB48の「希望的リフレイン」「誇りの丘」の衣装マイデザ。「それぞれめちゃくちゃカラフルだったり、模様が複雑すぎたりで、どうしてもごちゃごちゃしてしまうところがあったので、何回も何回も作り直しました。その甲斐あって、どちらもとてもかわいく作れて、今では自分でもヘビロテするくらいお気に入りです」。

ALTALTALT 思い入れのある「11月のアンクレット」「希望的リフレイン」「誇りの丘」のマイデザ

 中には、アイドル本人にマイデザが届くことも。=LOVE「Want you! Want you!」の衣装は、メンバー12人のキャラクターを反映し、それぞれデザインの細部が異なります。何回もライブ映像を見直して全員分の衣装を作りSNSで共有。今回「あつ森」のマイデザを共有したことで、「Want you!」マイデザも“再発見”され、プロデューサーの指原莉乃さんから投稿に「いいね」がついたといいます。メッチャうれしいやつだ。

どう森マイデザ 指原莉乃さんからも「いいね」された=LOVE「Want you! Want you!」衣装。ひとりひとりのデザインの違いを見事に再現

 今のところ、まち(ょ)きさんが公開しているのは「とびだせ」で作ったマイデザが多いです。もちろん「あつまれ」もプレイ中。感想も聞いてみました。

 「正直まだまだ全然島の発展も進んでないので、まだなんとも言えない部分があるんですが、今感じてることを一言で言うと『任天堂本気出しすぎ』(笑)。新システムはもちろんですが、今までよりやりこみ要素が増えてたり、現実と同じ時間が流れるストーリー性も感じられて、毎日島に行って新しいことができるようになるのがホントに楽しいです!」

 マイデザ作りは、「とびだせ」でのタッチペン操作に慣れているため、Nintendo Switchのボタン操作にはまだ慣れないとのこと。また前作と違い、ドットの配置によって自動的に打ち込んだ模様とは違う模様に変わる仕様もあるようで、まだまだ研究が必要と感じているそうです。

 「ただ、ミラーモードが実装されたり、今まで作れなかった和服やハットなども作れるようになったので、衣装作りの幅がとても広がりそうでワクワクしてます! 僕は今までずっとスカートのフレア部分の影とかもドットで打ち込んでたんですが、今作は元々の型に影がついているので、とても自然な仕上がりになってるのが嬉しいです! あと走ってるとスカートの裾が風に揺れてヒラヒラするのがかわいいです(笑)」

 “推し”をゲーム内に登場させられる「どうぶつの森」のマイデザ。アイドル衣装だけでなく、キャラクターのコスチュームなどを作っているプレイヤーもたくさんいます。共有されているマイデザを使ってみたり、自分で作るのに挑戦してみたりして、爆誕した推しを愛でたいところです。

画像提供:まち(ょ)きさんなるチャンさん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  6. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」