ニュース
» 2020年04月29日 09時00分 公開

「間もなく育休が明ける。率直に言って発狂しそうだ」 パパが描いた育休と職場復帰の漫画に涙腺崩壊する人が続出

パパの愛情が深い〜!

[林美由紀,ねとらぼ]

 パパが育休が終わるつらさを描いた漫画に「同じ気持ち」「涙腺崩壊した」と、育休中の親御さんなどから共感する声が上がっています。作者は、日常漫画を投稿しているパパ頭さん(@nonnyakonyako)さんです。


日々のつぶやき。育休が終わった日のこと08 育休から職場復帰したお父さんの思いを描いた漫画

 カレンダーを眺めながら「発狂しそうだ」と苦もんするパパ頭さん。間もなく育休が開けてしまうのです。4月から復帰するため、長男の「にに」君が起きるたびに「4になった?」と聞くのがつらい……。

 次男が生まれ、妻がにに君を世話する時間がどうしても減ってしまったため、パパ頭さんは寂しい思いをさせないように一緒に食べ、一緒に遊び、一緒に寝て、育休を通じて親子の仲は深まりました。仲が深まった分、離れがたくもなったようですが、「その日」はやってきてしまいます。


日々のつぶやき。育休が終わった日のこと01


日々のつぶやき。育休が終わった日のこと02


日々のつぶやき。育休が終わった日のこと03


日々のつぶやき。育休が終わった日のこと04

 育休明け初日、後ろ髪を引かれながら家を出たパパ頭さんは、「なんで今私出勤してるの?」「そんなことしてる場合?」と自問自答しながらも会社に到着。仕事に気が乗らないパパ頭さんでしたが、家族との時間を差し置いてまで来たのだから、いい仕事をしないと、と気持ちを切り替えます。

 仕事を終えて帰ると、にに君は案外普通の様子。別れを惜しんだのは自分だけだったのかと落ち込んでいると、にに君が昼寝しなかったことを妻が教えてくれます。その理由は「ぱぱかえってくゆから、まってゆ!!」。パパ頭さんは、にに君も頑張っていたことを知って、愛おしさがあふれでてしまったのでした。


日々のつぶやき。育休が終わった日のこと05


日々のつぶやき。育休が終わった日のこと06


日々のつぶやき。育休が終わった日のこと07

 せっかく育休中に子どもとの仲が深まったのに、職場への復帰の日が迫ってくる。そのときのパパ頭さんのあふれる子どもへの思いが切なくもステキです。平気そうに見えた子どもも実はパパと一緒にいたがっていた……というのもぐぐっときます。それぞれがそれぞれの思いを胸に頑張っているんですね。

 読者からは「私も5月から育休があけるので、同じ気持ちです。離れがたいからこそ、いれるときに思いっきりそばにいようと思います」「私も6月に育休終わりなので、もう涙腺崩壊しました」「懐かしいです。3人育休でしたが復帰の日はやっぱ送って泣き、迎えに行っても泣きました」と育休中や育休経験のある親御さんから共感の声が集まっています。

 パパ頭(@nonnyakonyako)さんは、家族との日常漫画をTwitterやブログ『パパ頭の日々のつぶやき』で公開中。かわいいキャタクターのLINEスタンプ「ネコモドキ・イヌモドキ第2弾」も手掛けています。

画像提供:パパ頭(@nonnyakonyako)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」