ニュース
» 2020年05月11日 07時30分 公開

サボりたい一心で自動化を追求する男の行く末は……? 風刺漫画「効率厨が在宅勤務で5000倍能率を上げる話」

世の中には「効率化するための工夫」を「ズル」と捉える人もいまして……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 在宅勤務を効率良くこなしてサボりたい! その思いだけで全作業を自動化してしまう男を描く漫画が、風刺のきいた内容で注目を集めています。作者はTwitterユーザーの太田亮(@dame_yume)さん。天才的ななまけ者の行く末は?


アイキャッチ サボりたいばかりに、高度なプログラムを「できたわ」のひと言で組んでしまう主人公。その異能はやがてエスカレートして……?


 勤務先が在宅勤務体制に移行し、「ノルマさえ果たせばサボり放題」と喜ぶ主人公。全ての作業をプログラムで自動化しようと思いつきます。


1P

 業務の自動化など、そう簡単に実現できるものではありませんが、主人公は「できたわ」のひと言で難なく処理し、作業量の半減を達成。人間でしかできないと思っていた残り半分の作業も、人間並のAIをサクッと開発して解決しまいます。ただサボりたいだけで天才になるな。

 その後も主人公の怠惰さと才覚はグングンと伸び、とうとう自分の身体を複製。AIと組み合わせてビデオ会議に出席させることで、フルにサボり放題な環境を構築します。ただサボりたいだけで神の領域に踏み込むなってば。


2P

 それでもなお効率化を追い求める主人公は、クローンを次々と増やし、5000人分ほどの働きを見せて社内で話題に。しかしそのカラクリは、会社支給の改造Webカメラから上司へ筒抜けだったのでした。


3P

 どうやらこの会社、「仕事」と「苦労」を混同している人しかいないらしく、上司は「やつは仕事などしていない!」と主人公を否定。それを知った同僚たちも「最低だな」「無能のクズめ……」と、悪口雑言を並べます。かくして、主人公は多大な成果を出していながら、表面上は苦労していなさそうなせいで解雇されてしまうのでした。


4P

 会社は主人公という無二の天才を手放してしまったわけですが、彼も結局は「心を込めて仕事をする方が、生産性を5000倍にするよりも大切」と改心させられ、自分の才能を全否定。「これからは愛に生きるよ……!」「履歴書だって手書きで書くぜ……」と、フワフワした決意をして漫画は終わるのでした。もっとも、最後の最後でそれがクローンの発言と明かされたので、オリジナルの意思までは分からないのだけれども。

 「皮肉が利いていて好き」「むしろ上司が無能」「主人公は起業すればいいのに」など、漫画には多数の感想が寄せられました。「組織には成果より“やってる感”を重視する一面がある」「主人公が解雇されたのは、ほかの全社員が無能ということになって都合が悪いから」「『仕事を自動化したらクビになった』って話、現実にチラホラある」など、生々しい指摘もみられます。

 作者の太田亮さんは、自身のサイトでWeb漫画「マグトランサー」「ユメウツツ」を連載中。両作品はニコニコ静画でも読むことができます(マグトランサーユメウツツ)。

作品提供:太田亮(@dame_yume)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙