かぐやと御行に体育倉庫イベントが発生したようです 「かぐや様は告らせたい?」8話、キスはおとぎ話じゃない(1/2 ページ)

ラブコメに欠かせないのが吊り橋効果イベント。

» 2020年05月31日 15時00分 公開
[たまごまごねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (C)赤坂アカ/集英社

 恋愛は告白した方が負け! 「かぐや様は告らせたい?〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」(原作アニメは、相手から自分に告白させるためにあらゆる知力体力を用いて戦うエリートたちを描いたラブコメディーの第二シーズン。とってもいとしくてとっても面倒くさい少年少女の、青春の無駄遣い物語。距離はどんどん近づきます。

 今回はラブコメ特化な展開多め。恋愛ものなら欠かせない良い意味でベタなシチュエーションも、「かぐや様」ワールドだとはっちゃけ度合いがおかしなことになるから楽しい。みんな真剣なんですが迷走は止まらず。


かぐや様は告らせたい (C)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会


無駄なことこそが、大切な思い出

 財閥の令嬢にして生徒会副会長、四宮(しのみや)かぐや。努力家の生徒会会長、白銀御行(しろがね・みゆき)。2人は自らの意地とプライドにかけて、自分からは告白しない、相手に告白させる、と心に決めて戦い続けている間柄。

 新生徒会が本格的に始動。新入りの会計監査・伊井野ミコは正義感が強すぎる女の子。なのでやはり生徒会室でもぷりぷり怒りっぱなし。そこで藤原書記が1つ提案をします。


かぐや様は告らせたい 藤原書記が楽しそうなときはなにかある(8巻) (C)赤坂アカ/集英社

 藤原書記「優しさを学ぶ為に これから1時間何があっても怒っちゃ駄目ですよ!」

 伊井野は(よりによって)藤原書記のことだけは尊敬しているので、話をちゃんと聞きます。藤原書記もいいこと言っているように見えますが、単に後輩をおもちゃにして遊べるのが楽しい、というのが実際のところの様子。

 生徒会のメンバーには、伊井野のみならず何かしら抑圧されている人間もいます。例えばかぐやは箱入り娘すぎるため世間知らずなところが多く友達も少ない。石上は何かしらの過去があって同級生から弾かれものになっている。そして伊井野は「正しさ」を追求するあまり、人の気持ちをくむことや自分の気持ちを解放することをまだあまり知らない子です。

 このような枷を外してくれるのが、イレギュラー性が高い藤原書記の存在。とんちきな子ではありますが、かぐやが彼女を信頼している理由を考えれば、今回の行動も分かる部分が多々あると思います。


かぐや様は告らせたい かわいさてんこ盛り(8話) (C)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

 藤原書記が提案したものの一つが、友達とデコった写真を撮影してアップしよう、というもの。ブタやら犬やらたぬきやら、女子3人で写真のデコデコ遊び。本来の校則ではスマホ・携帯電話の勉強以外の使用は禁止されているのでNG。でも今回は「校則を破る側の気持ちを理解する」のがテーマ。人の気持ちが分かれば、規則に対する向き合い方への理解も深まるはず。ってことであってますよね、藤原書記?


かぐや様は告らせたい かぐや様、楽しかったんですね(8巻) (C)赤坂アカ/集英社

 なぜ一緒に写真を撮るのか。なぜデコったり変顔したりするのか。そこに理由を求めるのはナンセンス。写真そのものの出来よりも「一緒に楽しく時間を過ごした」という事実が重要です。今までかぐやと伊井野は「友人と過ごす無意味な時間の価値」を知らずにいました。もちろん有意義な時間の使い方をするのは極めて「正しい」。でも「正しくない」ことをすることで満たされていく部分、人間にはたくさんあります。

 特に伊井野は自分の知らなかった仲間と時間を共有する喜びを、ほぼ初めて経験しました。だから渋々撮ったはずの写真に楽しさを見いだし、ほしがります。データの中に楽しかった時間そのものが刻まれていることを、伊井野はここで心から理解します。以降原作では生徒会メンツの中で、写真が思い出を育む重要な鍵になります。


私たちの恋はおとぎ話ではない


かぐや様は告らせたい フラグイベントきたー!(8巻) (C)赤坂アカ/集英社

 かぐやと御行、2人が遭遇したのは体育倉庫イベント。この作品では「男女が狭い密室に閉じ込められる状況」と定義しています。現実にあったら新聞に載りかねない大事故なのですが、ラブコメなら必須イベント。ギャルゲーだったら一枚絵確定。そして誰かが開けていろいろ未遂で終わるとこまでワンセット。

 「体育倉庫」という学校にしかない空間であること、キャラクターたちの体育着を存分に堪能できること、2人きりで外界から切り離されること、協力が重要であること、不安による吊り橋効果、相手だけを考えることによる意識の変化、とおいしいところだらけな人気イベントです。

 「かぐや様」ではそのイベントを、メタ的に御行とかぐやが解釈。御行「体育倉庫に閉じ込められるなんて状況あるワケねーだろ!!」などと考えた上で、お互いが仕掛けをしているのではないかと思考し、恋愛頭脳戦スタート。焦るふりをして相手が動くのを待ち構えます。


かぐや様は告らせたい 吊り橋効果風イベント進行中(8話) (C)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

 かぐや「会長……私たち助からないんじゃ……」 御行「大丈夫だ 俺がついている」超絶ベタベタな展開。2人は相手の隙をつくため策略に乗る演技をしているだけ。

 しかし2人が斜に構えているのは、ここからなにか発展する可能性を現実的に考えていなかったからでもあります。ワナにかけようとするなんておかわいいこと、でもそのつもりはまずないですよね、みたいな思い込みです。


かぐや様は告らせたい キスは幻想じゃなく、自分にも訪れる現実(8巻) (C)赤坂アカ/集英社

 「キスがおとぎ話の中だけのものではない」と2人が悟ったのは、2人が高跳びマットに倒れ込み、その距離数センチになってようやくのこと。シチュエーションによるワクワク高揚感はあるものの、愛を交わす行為としてのキスの現実味が頭にない。お互いをおとしいれることばかり考えていたがゆえの、ドキドキを飛び越えたショックです。

 この作品は2人の恋愛をじっくり育んでいるので、早くくっつけというじれったさも確かにありますが、どちらかというと丁寧に今の関係が成長しているところに魅力があります。そもそも「人と比べて焦らなくていい」「自分の心を丁寧に見つめる」など、恋愛面では変に無理しなくてもいい、という思想で支えられている作品でもあります(特に学校祭以降)。

 今回2人は「キスは幻想ではない」という認識をしました。ここで「キスしたか未遂か」はさほど重要ではありません。いざ現実を目の前にしたことで、御行とかぐやのコミュニケーション感覚が変化するきっかけが起きたこと自体が重要です。気付きを得たことで、御行とかぐやは今後本当に大切なキスのため真剣に向き合うようになっていくはず。意識が変わったからこそ、焦らず一歩ずつ慎重に。


恋の病

 かぐや「突然心臓が激しく鳴り出し 時折死んでしまうのではないかと思うほど胸が痛くなって……やはり何かの病なのでしょうか……」

 かぐやの体調が急変。胸を痛めて倒れてしまい生徒会メンツも大慌て。大変な病なのでは、と急いで病院に行って検査したところ、医者はこう診断しました。


かぐや様は告らせたい これもまたベタなメタラブコメですね……(8巻) (C)赤坂アカ/集英社

 恋の病ですって。これはお医者様でも草津の湯でも治せないね。「医者に恋の病といわれる」イベントは、体育倉庫イベント同様いかにもありそうで絶対ないベタラブコメ展開のメタパロディー感があります。着いてきたのは近侍の早坂だけですが、かぐやの恋心を理解している彼女はもう恥ずかしくてやってらんない。かぐや「絶対心臓の病気です! 今までの人生でここまで胸が苦しくなったのは初めてなんです!!」「私は会長の事死ぬ程大好きって事になるじゃない!」とか騒ぎ出すもんだから、見ちゃいられない。黙っていてほしい。


かぐや様は告らせたい 他に病院に行った人いなくてよかったですね(8話) (C)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

 キス寸前まで行ったことで、性的接触は現実的なもので自分と無関係なものではない、と気付いたのが大きな原因。かぐやはいかんせん今まで性的知識ゼロだった子、刺激に身体が耐えられなかったようです。

 一つ一つアホなコメディーにしながら、恋愛のステップアップをきちんと描いているのがこの作品の味。今回の精神的パンクは、これからの心身の成長を育む欠かせない一歩。それを支えてくれる早坂のような子がいるのを忘れてはいけない。ありがとう早坂。ピュアすぎる少年少女の恋愛を数歩下がって冷静に見ることができる、とてもいい立ち位置のキャラです。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  3. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  4. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  5. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  6. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  7. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
  10. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」