ニュース
» 2020年05月31日 19時00分 公開

いじめによる死亡事件を描く映画「許された子どもたち」が必見の地獄めぐりである「5つ」の理由(1/3 ページ)

“地獄めぐりエンターテインメント”として文句なしに面白く、“誰もが加害者になる恐怖”を描いた作品としても一級品の映画「許された子どもたち」を解説する。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 実在の少年犯罪に着想を得た映画「許された子どもたち」が6月1日より東京・ユーロスペースと、大阪・テアトル梅田で公開される。新型コロナウイルスの影響で数々の映画が公開延期されている中、緊急事態宣言の解除を受け、もっとも早く上映が実現する新作の1つだろう。

少年はどう裁かれるべきか? いじめによる死亡事件を描く映画「許された子どもたち」が必見の地獄めぐりエンタメである「5つ」の理由 6月1日ユーロスペース他にて全国順次公開/(C)2020「許された子どもたち」製作委員会(PG12)/配給: SPACE SHOWER FILMS

 結論からいえば、本作は“地獄めぐりエンターテインメント”として文句なしに面白く、“誰もが加害者になる恐怖”を描いた作品としても一級品だった。本稿では映画で描かれる地獄がどのようなものか、そしてその恐怖への入り口がどこにあるのかを、5つの項目に分けて解説していく。


1:想像を超える地獄の底の底へ連れて行かれる

 本作の物語は、中学1年生の少年が同級生へのいじめをエスカレートさせた結果、殺害してしまうことから始まる。少年は一度は犯行を自供したものの、息子の無罪を主張する母親の説得のせいで否認に転じ、無罪に相当する“不処分”となってしまうのである。

少年はどう裁かれるべきか? いじめによる死亡事件を描く映画「許された子どもたち」が必見の地獄めぐりエンタメである「5つ」の理由 (C)2020「許された子どもたち」製作委員会 

 これにより、少年の生活は生き地獄そのものと化す。少年の家族に世間から激しいバッシングが浴びせられることは序の口、これ以上の“底”に落ちることはないと思ったとしても、そのさらに底、そのさらに底を見せられる様には「もうやめてくれ!」「絶対にこんなに目には逢いたくない!」と誰もが思うだろう。その過程は、(この題材に対しての表現としては不適切かもしれないが)ひと時も退屈させないほどに面白いのである。

 少年は法律に正しく罰せられなかったことにより、皮肉にもさらに重い辛苦を味わうことになる。これには「裁かれたほうが良かったじゃないか」と感じる人も多いのではないか。いじめによる殺人という罪は、もちろん許されるものではないし、許してはいけない。しかし、少しでも許しに近づくことができたかもしれない法律というルールから、彼は逃れてしまった……ここに、この物語の恐ろしさがある。

「許された子どもたち」予告編

2:実話ではないが、ほぼ本物の言葉もある

 「許された子どもたち」の物語そのものは実話ではなくフィクションだ。しかし、現実に起こった複数のいじめによる子どもの死亡事件を参考にしており、少年犯罪における社会的な側面、それに対する内藤瑛亮監督自身の感情も、作劇に反映されているのだという。

 例えば、本作は“山形マット死事件”が企画の発端となっている。これは、内藤瑛亮監督が当時の自分と同世代の少年が加害者となったこと、そしてその加害者の少年の一部が不処分(後に加害者7人全員の関与が認められた)となったことなどにショックを受けたことなどが理由だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  5. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる