ニュース
» 2020年06月10日 18時41分 公開

蚊にさされたら冷やす? 温める? どっちが効果的なのか専門家に聞いてみた

「冷やす」方がオススメ。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 夏が近づき、蚊を見かけるようになりました。先日、一年ぶりに刺され、やっぱりカユイんですよ。なんとかならないものでしょうか。

 そんな季節柄か、ネットでは「蚊に刺されたとき、温めるとかゆみが治まる」という情報が広がっています。以前、ねとらぼでは「冷やすのがオススメ」と紹介しましたが一体どっちなの!? あらためて、専門家に聞きました(関連記事)。

蚊のいらすと 蚊に刺されたら「冷やす?」「温める?」

 ネットで流れているのは、「蚊に刺されたら20分程度、熱いタオルなどを、やけどに気をつけながら患部に当てると、かゆみが止まる」というもの。蚊に刺されてかゆくなる成分がタンパク質であるため、熱で変性するという理屈です。

 この情報は正しいのでしょうか? 「ムヒ」でおなじみの池田模範堂の高橋亜貴子さんにお伺いしました。

蚊に刺された人のいらすと かゆい……

 一般的に、普通にかゆみ止めを塗って治まる程度の虫さされであれば、「炎症を抑える」効果を主に考えて、冷やす方を推奨しているそうです。

 かゆみ成分が熱で変性するのか、具体的な実験データは見たことがありませんが、かゆみの原因となるのがタンパク成分であることは間違いなく、タンパク質が熱で変性するのも一般的な話ではあります。

 ただし、タンパク質が変性するほどの温度であれば、かゆみ成分が分解されたとしても、周囲の細胞も変性してしまいます。結局、やけどさせてしまうことになるので、適切な方法ではないと判断しています。表面にやけどの症状が出ていなくても、なんらかのダメージは与えられていると思われます。

 同社のお客様相談にも「温めた方がいいのか?」という問い合わせはあるそうです。そこでも「一般的に肌へのダメージの方が多いので、むしろ冷やす方がいい」と説明しています。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/16/news008.jpg 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  2. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  3. /nl/articles/2110/16/news042.jpg 木村カエラ&永山瑛太、仲睦まじい美術館デートに反響 「素敵!」「ご夫婦で行かれたのですね」とファンほっこり
  4. /nl/articles/2110/16/news014.jpg “いけにえ”に出された娘が望むのは…… かわいそうな話からの強火すぎる漫画に「このヒロイン大好き」「いいぞもっとやれ」
  5. /nl/articles/2110/15/news028.jpg 【漫画】好きでもないケーキを毎週買いに来るおじさん客、いら立ったバイトが“イジワル”をしかけると…… すれ違いから始まる交流に涙
  6. /nl/articles/2110/16/news040.jpg 浜田雅功&小川菜摘、32回目の結婚記念日に仲よし夫婦ショット 息子からの祝福&プレゼントに笑顔で「嬉しい〜!」
  7. /nl/articles/2106/06/news011.jpg 号泣する2歳児に黒猫が寄り添うと…… 子どもをあやしてくれる兄のような猫ちゃんにほっこり
  8. /nl/articles/2110/15/news145.jpg 仲里依紗、運転免許証も鮮やかなブルーの髪色で 派手さマシマシの写真公開し「2026年までこれか〜」
  9. /nl/articles/2006/13/news011.jpg 王子が一目ぼれしたガラスの靴の少女、その正体は……? 童話みたいにいかないラブコメ漫画に「続きが気になる」の声
  10. /nl/articles/2110/16/news017.jpg よくある「パワータイプの弟と頭脳タイプの兄」……と思ったら? 全部盛りな兄とかわいいだけの弟の漫画がギャップ萌えのような何か

先週の総合アクセスTOP10