ニュース
» 2020年06月10日 18時41分 公開

蚊にさされたら冷やす? 温める? どっちが効果的なのか専門家に聞いてみた

「冷やす」方がオススメ。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 夏が近づき、蚊を見かけるようになりました。先日、一年ぶりに刺され、やっぱりカユイんですよ。なんとかならないものでしょうか。

 そんな季節柄か、ネットでは「蚊に刺されたとき、温めるとかゆみが治まる」という情報が広がっています。以前、ねとらぼでは「冷やすのがオススメ」と紹介しましたが一体どっちなの!? あらためて、専門家に聞きました(関連記事)。

蚊のいらすと 蚊に刺されたら「冷やす?」「温める?」

 ネットで流れているのは、「蚊に刺されたら20分程度、熱いタオルなどを、やけどに気をつけながら患部に当てると、かゆみが止まる」というもの。蚊に刺されてかゆくなる成分がタンパク質であるため、熱で変性するという理屈です。

 この情報は正しいのでしょうか? 「ムヒ」でおなじみの池田模範堂の高橋亜貴子さんにお伺いしました。

蚊に刺された人のいらすと かゆい……

 一般的に、普通にかゆみ止めを塗って治まる程度の虫さされであれば、「炎症を抑える」効果を主に考えて、冷やす方を推奨しているそうです。

 かゆみ成分が熱で変性するのか、具体的な実験データは見たことがありませんが、かゆみの原因となるのがタンパク成分であることは間違いなく、タンパク質が熱で変性するのも一般的な話ではあります。

 ただし、タンパク質が変性するほどの温度であれば、かゆみ成分が分解されたとしても、周囲の細胞も変性してしまいます。結局、やけどさせてしまうことになるので、適切な方法ではないと判断しています。表面にやけどの症状が出ていなくても、なんらかのダメージは与えられていると思われます。

 同社のお客様相談にも「温めた方がいいのか?」という問い合わせはあるそうです。そこでも「一般的に肌へのダメージの方が多いので、むしろ冷やす方がいい」と説明しています。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.