ネット激震の「邪悪」な主人公はこうして生まれた 『連ちゃんパパ』作者・ありま猛インタビュー(2/3 ページ)

» 2020年06月14日 12時30分 公開
[しげるねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

ありま  勉さんについて行くとヤクザに出くわすわ……とにかくあちこち引きずり回されて、なんだこの人って(笑)。「充はあんだけ単行本出しててよ、お前も単行本出してよ。俺なんかあんなに描いて、1冊しか単行本出てねえよ。しかもその1冊が『実録あだち充物語』……」なんて、自分で言ってましたね(笑)。人として面白かったし面倒見も良かったですけど、ネタ的な部分での影響も大きいです。



――先輩たちの遊びに、たくさん付き合わされたんですね。

ありま 当時古谷さんが20歳くらいのアシスタントを集めて、「お前たちは将来漫画家になるために俺のところにいるんだろう。それならもう25までは漫画描かなくていいから、広く浅く遊びなさい」って言ったんですよ。ただし、絶対に深入りはするなと。「お金がなかったら貸してやる」って言ってくれて、本当に借りましたからね、僕は。

――ネタを増やせということですね。

ありま 他のアシスタントの人たちは、描くなって言われると描きたくなっちゃうんですよ。でも僕は師匠が言ってるんだから間違いないと思って、本気で遊びました(笑)。結果的にそういうものがネタになって、デビューした後に使える引き出しがいろいろできました。

――しかし、どれだけパチンコにのめり込んでいたんですか?

ありま 70年代くらいの話ですけど、当時のパチンコは今のとは全然違って、チューリップ台がやっと出てきた時代で。自動ではなく手打ちで、椅子がなく立って打つ台もありました。もう給料日前に全部有り金使っちゃって、仕方がないから食料を買うお金だけ人に借りて、それを持って買い物に行く途中でパチンコ屋に寄っちゃう(笑)。『連ちゃんパパ』のまんまですよ。なにやってんだろうと思いながら打っちゃう。「やめないと」と思っていても打っちゃうから、もう開き直って「やめることをやめた!」なんて言ってました。


『連ちゃんパパ』第16話より

――『連ちゃんパパ』の劇中にもそんなセリフがありましたね……。どこかのタイミングで、パチンコからは抜け出せたんですか?

ありま それがねえ、ある日打ってたら、大当たりしてジャンジャン出てきたんですよ。でもなんか無性に悲しくなっちゃって、涙がボロボロ出てきたんです。もうどうしようかと。とにかく「これを両替しちゃうと元に戻るから、このまま置いて帰ろう!」と思って、玉でいっぱいの箱がたくさんあるのに、そのまま置いて店を出ました。それがやめたきっかけ。20歳ぐらいのころの話ですね。


『連ちゃんパパ』は、時事ネタと実体験と想像のミックス

――壮絶ですね……。それなのに、どういう経緯で『連ちゃんパパ』の仕事を受けたんでしょうか?

ありま その後独立して、そこそこ仕事もあったんです。そういう時に辰巳出版の『パチプロ7』さんからパチンコマンガ描いてくれって言われて。なんせ自分も依存してたから、パチンコのイメージは悪かったんですよ。他の仕事もあったし、これはもう断ろうと思ってたんです。

 で、「僕にはパチンコは依存症のイメージしかないし、依存症でボロボロになっていく人の漫画だったらネタはあるけど、それでもいいの?」と言ったら、「いいよ」って言われちゃったんです(笑)。断られると思ってたのに。描き進めてみると、編集部ではバカ受けでした。読者からのアンケートでは、ずっと3〜4位くらいでしたけど。

――なるほど、だからあのような内容になったんですね。

ありま 内容に関しては実体験も反映しているし、そういう類の人も知ってはいるんですけど、当時の社会事情もヒントにしてますね。例えば当時発生してたフィリピンのマニラでの保険金殺人事件とかは、もろに話に盛り込んでます。そういう当時の社会事件と、依存症みたいなものをドッキングさせて、あとはもう想像です。


『連ちゃんパパ』第28話より

――読んでいて強烈だったのが、進が弁当屋さんをパチンコにハメる回で、言質を取られないように一応進が弁当屋さんに「パチンコやめなよ」って止めるところとかなんですが、ああいうテクニックとかも想像なんですか?

ありま あれは取材したとかじゃなくて、自分がハマった経験からですね。あの頃「パチンコなんかやめなよ」みたいなことを周りから言われたそのまんまです。大体ハマってる人はみんな同じように「もうやめる」って言うけど、抜けられないだろうなっていう。たぶんそういう依存症は他人がああだこうだ言ってもやめられないと思いますよ。自分から何か行動しない限りやめられない。


『連ちゃんパパ』第22話より

――ネットでは、借金取りになった進が債務者の子どもが通う学校にまで押しかけるシーンも話題になりました。

ありま 進が子どもの同級生たちに「いけないよね〜」って言うシーンも想像で描いてます。僕が学校に通ってた頃、よく給食費を払ってない人が先生に名前を呼ばれたりしてたんですよ。で、僕は施設にいるから給食費も施設が払うってのは学校の先生も知ってるんだけど、その施設にも事情があって、払えないこともあるんです。そういう時にもわざわざ僕の名前を呼ばれて「そんなの知らないよ、僕に言ってもしょうがないだろう」って思ったんですよね。そういう経験を元に想像したシーンです。


『連ちゃんパパ』第8話より

――想像であそこまで具体的に殺伐とした展開が描けるんですね……。

ありま 依存症を描くのに、お情けをかけちゃいけないと思ったんです。例えば雅子を見つけた時に、布団の中に他の男がいる。あのシーンを描くのはどうしようかと思ったんですよ。でもまあ、一応青年誌だし。それにここで怯んだら、依存症の話も手ぬるくなるんじゃないか、ここは描くべきだろうと。僕の絵で興奮する人もいないだろうし(笑)。学校の先生を進が襲うシーンとか、自分で描いてても嫌なんですよ。

――覚悟を決めた上での描写だったと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  9. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」