ニュース
» 2020年07月11日 10時30分 公開

巨大ヘビや恐竜が襲ってくる!? 迫力満点の3Dグラフィティアートにビックリ

トリックアートの域を超えた迫力。

[マスミ メイアー,ねとらぼ]

 Instagramに12万8000人以上ものフォロワーを持つフランス人アーティストのSCAFさんが手がける、巨大なヘビや恐竜が飛び出してきたような迫力満点の3Dグラフィティアートが注目を集めています。


迫力満点の3Dグラフィティアート 巨大な魚の骨にまたがるSCAFさん! 一体どんなトリック?

迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点の3Dグラフィティアート
迫力満点の3Dグラフィティアート 巨大なヘビにまたがる!

迫力満点の3Dグラフィティアート どうやって巨大ワニを縛りつけたの!?

迫力満点の3Dグラフィティアート 襲ってくる恐竜の化石

 SCAFさんの3Dグラフィティアートはトリックアートのように目の錯覚を利用し、実際に存在する3次元の物体と2次元に描かれたアートを一体化させることにより、不思議な世界観を作り出しています。

 巨大なヘビが階段の中央を遮るように手すりに絡まりついている作品では、階段を降りてきたSCAFさんが蛇の身体をすり抜け抜けていくことにより、ヘビは階段の手すりと壁に描かれたものだということが分かります。


迫力満点の3Dグラフィティアート そういうことだったのか……

 象と一緒に座っているように見える作品にも同様の目の錯覚を利用した工夫がしてあり、種明かしをされた時に思わず「そいうことだったのか!」なんて声をあげてしまいそうです。


迫力満点の3Dグラフィティアート どんなトリック!?

 その他にもSCAFさんのInstagramでは、今にも襲いかかりそうなトラや巨大なサメなど迫力満点の3Dグラフィティアートが目を楽しませてくれます。


迫力満点の3Dグラフィティアート トラに襲われそう!

迫力満点の3Dグラフィティアート 部屋の壁に描いてほしい

迫力満点の3Dグラフィティアート イビキの音「ZZZ」まで立体的に!

 異世界を作り上げるSCAFさんの3Dグラフィティアートですが、きらびやかな金貨が散らばる宝物のアートは実は箱状の小さな建物と散らばった段ボール箱がキャンバスとなっているのです。無機質な場所を夢のような世界に作り上げるSCAFさんの才能には感嘆の声しか出ません。


迫力満点の3Dグラフィティアート 宝物が描かれたアート

迫力満点の3Dグラフィティアート これがキャンバス!?

迫力満点の3Dグラフィティアート 巨大なヘビのアートも……

迫力満点の3Dグラフィティアート 無機質な壁に描かれていた

 現在、SCAFさんは会社を設立して企業や個人からの依頼で壁やパネルなどにアートを描いているようです。巨大なヘビを描いたラッピングバスは道路を走行中の車を驚かせてしまいそうなほどの迫力。非現実の世界に浸りたい方はSCAFさんのInstagramをのぞいて見てはいかがでしょうか。


迫力満点の3Dグラフィティアート 迫力満点のラッピングバス

迫力満点の3Dグラフィティアート 自分の身体にもトリックアートを施すSCAFさん

画像提供:SCAFさん(Instagram

おすすめ記事



※価格は記事掲載時点のものとなっています



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響