ニュース
» 2020年08月05日 20時30分 公開

ファミコンなのにヌルヌル回転縮小、とある自作ゲームに「意味わからない」「すげぇ」と称賛の声

「古いハードは触っていて楽しい」との思いからファミコンで作ったそうです。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 初代ファミコン向けに開発中の、とある自作レースゲームがTwitterで「意味わからない」「すげぇ」と注目されています。ファミコンなのに、スーパーファミコンのようにコースがぐりぐりと回転したり、タイトルロゴが縮小しながら現れたり……さらには女の子が滑らかに動くアニメシーンもあり、本来はできないはずの演出がてんこ盛り。一体どうやって実現しているのか、作者の小さな音(@ls_create)さんに聞きました。



 以前からアニメやゲームを自主制作していたという小さな音さん。今回話題になっているファミコン用ゲーム「エフシータ」は、音楽を友人に依頼した以外は1人で開発を進めているといいます。アニメーションが入り、実際にレースができる今の段階まで3カ月弱で仕上げ、現在、完成度は70%とのこと。

 もともとは自主制作アニメ「うたかたシノプシス;」のアドベンチャーゲームをファミコン向けに作っており、こちらは既に9割方完成。しかしスケジュールの都合上、曲の納品だけ少し先になることが判明し、そこで「少し路線の違うテクニカル路線のゲームを作ろう」と思ったのが「エフシータ」開発のきっかけだったそうです。ゲーム制作の息抜き(?)に別のゲームを作り始める……どこまで好きなんだ。




 ところで、ファミコンでは難しい(というかほぼ不可能)なはずの「回転・縮小」をどうやって実現しているのでしょうかか? 小さな音さんに聞いたところ、ポイントは「カンペ」にあるといいます。「画像を回転をさせるには三角関数が必要ですが、ファミコンは足し算と引き算しかできません。そこで画像を256段階に回転させる三角関数の計算結果を『カンペ』として持たせています」。

 つまり、その場で計算する力がないので、計算の結果だけを用意しておいて、それを呼び出しているのだそうです。ただ「ファミコンだとその『カンペ』を探す処理すら厳しかったりします」と小さな音さん。そのため、地道にムダな処理を削ぎ落とすなどして、ようやく現在の描画速度を実現しているとのことでした。


エフシータ 小さな音さんの動画より

 また、女の子の滑らかなアニメーションについては「技術的には大したことはしていません」と小さな音さん。説明によると、このドット絵アニメは全てBGパターン(背景用タイル)の組み合わせで描かれているとのこと。

 ファミコンはもともと「4色使える8×8ドットのBGパターン」を256個持つことができます。小さな音さんはこのタイルをさらに4分割して「2×2の粗いドット」として利用。256個のBGパターンを全て使い、四隅×4色の組み合わせをあらかじめ用意しておくことで、この「BGパターンを使ったドット絵」を実現しているそうです。

 ただ、これは単純にデータ容量を食ってしまうため、「多分昔だと、こんなのに容量を使うなと怒られたと思います」とのこと。

 また、回転やアニメーション以外で、特にゲーム関係者の間で注目を集めていたのが、動画50秒ごろから見られる「半透明っぽい処理」。画面が暗くなり、自分の車の前だけライトで道が明るくなっていますが、これも本来はファミコンでは難しい処理の1つです。小さな音さんによると、「これは一般向けにはなかなか説明が難しい」そうです。


エフシータ 小さな音@自主制作アニメDVD販売中さんの動画より

 小さな音さんから聞いた内容をざっくりまとめると、最終的にやっていることは意外とシンプルで、単にライトが当たっている部分だけパレット(割り当てられた色)の色を変え、半透明っぽく見せているのだそう。ただ、これは「エフシータ」がコース部分を前述した「BGパターン」の書き換えで描画しているからできることで、普通のファミコンのゲームのスクロール方法では「背景の特定の場所だけパレットを変える」というのはまず不可能。主にゲーム関係者が驚いていたのもそのためで、実は同作の仕様を逆手にとった、かなりテクニカルな演出だったのでした。

 小さな音さんによると、この「エフシータ」は年内に完成させ、ファミコン実機で本当に動くカセットとして販売する予定だとか。

 「見た目が目立つゲームですが、内容も多少は考えていまして、遊びやすいレースゲームを目指しています。ちょっと動いているところを見てやろうか、と思って触ったら、思わずやりこんでしまった……みたいなのになればなぁと思っています」とのこと。遊んでみたい!


※価格は記事掲載時点のものとなっています



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる