ニュース
» 2020年08月08日 11時30分 公開

世界のどこかの窓からの景色 ネットで見られるサイト「WindowSwap」で巣ごもり生活に和み

世界のどこかで猫もときどき見られます。

[関口雄太,ねとらぼ]

 世界のどこかで誰かが見ている窓の風景を眺められるサイトWindowSwapが登場しました。米国や英国、イタリアなど、さまざまな地域の人々が実際に見ていた景色の映像が公開されています。


世界の誰かが見ている窓からの景色 WindowSwapが巣ごもり生活を和ませる エジプトのギザでの風景(画像はWindowSwapより)

 WindowSwapを開くと、世界のどこかに実在する窓の風景に接続できます。自粛生活が続き、海外旅行に出かけられない状況が続きますが、手軽に世界のどこかで優雅にリラックスしている気分を体験できます。

 サイトにアクセスして、「Open a new window somewhere in the world」ボタンをクリックすると専用ウィンドウが開き、ランダムで映像が選択されて再生が始まります。画面右上には地域名、左上には投稿者のファーストネームを表示。別の風景を見たい場合は画面下側に表示された「Open a new window somewhere in the world」ボタンを押すと切り替わります。スマートフォンでアクセスできますが、開発者によるとPCからのアクセスが一番きちんと動作するとのこと。

 落ち着いたトルコやオランダの窓から見える水辺の様子、イタリアや米国の平凡な景色など、さまざまな映像に出会うことができます。観光とはひと味違った牧歌的な風景を眺められることも、一つの魅力かもしれません。


世界の誰かが見ている窓からの景色 WindowSwapが巣ごもり生活を和ませる トルコのイスタンブール(画像はWindowSwapより)

世界の誰かが見ている窓からの景色 WindowSwapが巣ごもり生活を和ませる オランダ(画像はWindowSwapより)

世界の誰かが見ている窓からの景色 WindowSwapが巣ごもり生活を和ませる イタリアのミラン(画像はWindowSwapより)

世界の誰かが見ている窓からの景色 WindowSwapが巣ごもり生活を和ませる アメリカのロサンゼルス(画像はWindowSwapより)

世界の誰かが見ている窓からの景色 WindowSwapが巣ごもり生活を和ませる アメリカのカンサスシティ(画像はWindowSwapより)

世界の誰かが見ている窓からの景色 WindowSwapが巣ごもり生活を和ませる カタールのドーハ(画像はWindowSwapより)

世界の誰かが見ている窓からの景色 WindowSwapが巣ごもり生活を和ませる インドのシムラー(画像はWindowSwapより)

 WindowSwapでは窓の映像の募集もしています。10分程度のHD映像などの条件に合わせて撮影した映像を指定のメールアドレスに送信すると、採用されるかもしれません。既に日本からの応募者もいるようで、日本の逗子市から見える風景と出会えました。


世界の誰かが見ている窓からの景色 WindowSwapが巣ごもり生活を和ませる 日本の逗子(画像はWindowSwapより)


(画像はWindowSwapから)



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2009/29/news094.jpg 「結末が載っていないなんて初めて」 「半沢直樹」賀来賢人&西田尚美&児嶋一哉ら出演者もラストを知らされず
  3. /nl/articles/2009/28/news039.jpg 「早く宿題終わったなら余った時間勉強しなさい」 会社でも見掛ける“やる気を無くすシステム”描いた4コマがあるある
  4. /nl/articles/2009/28/news089.jpg 「笠原さん」「笠松だよ!」 アンジャ児嶋、「半沢直樹」堺雅人と2人きりのシーンで“直樹”に名前をイジられる
  5. /nl/articles/2009/21/news034.jpg 「人が買ったカレーを盗むな!」嫁姑の“カレールー事件” 妻に出ていかれた相談者は挽回できるのか「テレフォン人生相談」先週のハイライト
  6. /nl/articles/2009/28/news056.jpg 母親「いいことあったから家に来なさい」 実家のかわいい子猫、1年後にめちゃくちゃでかくなるビフォーアフター!
  7. /nl/articles/2009/29/news052.jpg 「原神」公式、PC版の“スパイウェア疑惑”についてコメント ゲーム終了後も起動していたのは「不正パッチを防ぐため」
  8. /nl/articles/2009/29/news018.jpg ソシャゲのガチャ、物欲センサーで外れを引いたと思ったら…… 思わぬところでレアを引いた漫画にときめく
  9. /nl/articles/2009/28/news085.jpg 虚構新聞が謝罪 運動会のリレーで感染症に“2メートルのロングバトン使用”が事実に、長さまで一致
  10. /nl/articles/2008/31/news101.jpg 「ホラー感がすごい」 「半沢直樹」白井大臣、銀行の一致団結に屈す 崩れ落ちた“片目開眼”で視聴者を圧倒