ニュース
» 2020年08月10日 08時00分 公開

花を浮かべた「花手水」。手水ができない今だからこそ

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


花手水

 神社や寺院でお参りする前には、境内にある手水舎で手や口を清めます。ところが最近は、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、柄杓の共用だけでなく、手水そのものの使用を控える寺社が多くなってきました。そこで、全国の寺社では参拝者に少しでも和んでもらおうと、手水舎や手水鉢を色とりどりの花で飾る「花手水」が広がっています。

参拝の前に手と口をすすぐことを「手水(ちょうず)を使う」という

花手水 手水を使っています

 みなさんは神社や寺院にお参りに行くとき、参拝をする前に、入り口付近にある手水舎で手を洗ったり、口をすすいだりしますか?

 手水舎には、常に水が流れている水盤(鉢)があって、柄杓が伏せて置いてあります。この柄杓を使って、水で手や口を清めること、または、この水そのものを手水(ちょうず または てみず)といい、手水を使って清めることは「手水を使う」ともいいます。

 手水には作法があります。作法は手水舎の中に書いてある場合もありますが、ここでご紹介しましょう。

  1. 柄杓を右手に持ち、水をくんで左手を洗います。
  2. 柄杓を左手に持ちかえ、右手を洗います。
  3. 柄杓を右手に持ちかえ、左手に水を受けて口をすすぎます。このとき、柄杓に直接口をつけたり、水を飲んではいけません。
  4. もう一度左手を洗います。
  5. 柄杓を縦にして残った水で柄を洗います。

(北野天満宮:お参りの前に「手水の作法」より引用)

もともとは京都の楊谷寺が手水鉢などに花を添えたのがはじまり

花手水

 きちんとした作法がある手水ですが、伏せてある柄杓を多くの人が共用するため、最近は使用が禁止されているところが多くなっています。そのかわりに、花で手水舎を飾る「花手水」が全国で広がっています。

 現在、全国的に広がっている花手水は、コロナ禍によって新しく始まった取り組みではなく、もともと京都の柳谷観音 立願山楊谷寺で行われていました。柳谷観音は眼の観音様として平安時代から眼病に悩む人たちに信仰されています。また、楊谷寺はあじさいや紅葉の名所でもあり、数年前から手水鉢などに定期的に、花やもみじを添えるようになりました。

 花手水という用語はもともとは、野外の神事で水がないときに、手水のかわりに葉や花で手をこすって手を清めることを指していましたが、楊谷寺で自然に花を浮かべた手水鉢を指すようになって、その美しさがSNSなどで話題になり、全国に広まりました。

 今では花手水というと、花を浮かべた手水鉢を指すことがすっかり定着し、SNS映えする写真が撮れるとあって、全国的に話題になっています。

参考:柳谷観音 立願山楊谷寺:ギャラリー「四季の花手水」

全国に広がる花手水。コロナ禍で廃棄された花の利用も

花手水

 新型コロナウイルスの感染を防ぐために、手水という作法が禁止されている寺社が多い中、そのかわりに楊谷寺のように手水鉢を花で飾ろうという動きが、大宰府天満宮、東福寺、北野天満宮などをはじめ、全国の寺社で広がっています。

 今年の3〜4月は人が集まる式典や会合、パーティーなどを開くことができなかったため、たくさんの花が廃棄されましたが、大分の霊山寺ではこれらの花を花手水で色鮮やかに再生させ、話題になりました。コロナ禍で気持ちが沈みがちな生活が続いていましたが、廃棄された花を再生して花手水にするという取り組みは、人々の心を和ませてくれました。

参考:北海道新聞電子版:札幌、近郊の神社9社 23日から花手水で参拝者お出迎え/飛来山 霊山寺:ロスフラワーって知っていますか?

花手水

 全国的に広がりを見せている花手水。あなたの住む街の寺社でも手水鉢が花で色とりどりに飾られているかもしれませんね。

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙