花を浮かべた「花手水」。手水ができない今だからこそ

» 2020年08月10日 08時00分 公開
[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


花手水

 神社や寺院でお参りする前には、境内にある手水舎で手や口を清めます。ところが最近は、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、柄杓の共用だけでなく、手水そのものの使用を控える寺社が多くなってきました。そこで、全国の寺社では参拝者に少しでも和んでもらおうと、手水舎や手水鉢を色とりどりの花で飾る「花手水」が広がっています。

参拝の前に手と口をすすぐことを「手水(ちょうず)を使う」という

花手水 手水を使っています

 みなさんは神社や寺院にお参りに行くとき、参拝をする前に、入り口付近にある手水舎で手を洗ったり、口をすすいだりしますか?

 手水舎には、常に水が流れている水盤(鉢)があって、柄杓が伏せて置いてあります。この柄杓を使って、水で手や口を清めること、または、この水そのものを手水(ちょうず または てみず)といい、手水を使って清めることは「手水を使う」ともいいます。

 手水には作法があります。作法は手水舎の中に書いてある場合もありますが、ここでご紹介しましょう。

  1. 柄杓を右手に持ち、水をくんで左手を洗います。
  2. 柄杓を左手に持ちかえ、右手を洗います。
  3. 柄杓を右手に持ちかえ、左手に水を受けて口をすすぎます。このとき、柄杓に直接口をつけたり、水を飲んではいけません。
  4. もう一度左手を洗います。
  5. 柄杓を縦にして残った水で柄を洗います。

(北野天満宮:お参りの前に「手水の作法」より引用)

もともとは京都の楊谷寺が手水鉢などに花を添えたのがはじまり

花手水

 きちんとした作法がある手水ですが、伏せてある柄杓を多くの人が共用するため、最近は使用が禁止されているところが多くなっています。そのかわりに、花で手水舎を飾る「花手水」が全国で広がっています。

 現在、全国的に広がっている花手水は、コロナ禍によって新しく始まった取り組みではなく、もともと京都の柳谷観音 立願山楊谷寺で行われていました。柳谷観音は眼の観音様として平安時代から眼病に悩む人たちに信仰されています。また、楊谷寺はあじさいや紅葉の名所でもあり、数年前から手水鉢などに定期的に、花やもみじを添えるようになりました。

 花手水という用語はもともとは、野外の神事で水がないときに、手水のかわりに葉や花で手をこすって手を清めることを指していましたが、楊谷寺で自然に花を浮かべた手水鉢を指すようになって、その美しさがSNSなどで話題になり、全国に広まりました。

 今では花手水というと、花を浮かべた手水鉢を指すことがすっかり定着し、SNS映えする写真が撮れるとあって、全国的に話題になっています。

参考:柳谷観音 立願山楊谷寺:ギャラリー「四季の花手水」

全国に広がる花手水。コロナ禍で廃棄された花の利用も

花手水

 新型コロナウイルスの感染を防ぐために、手水という作法が禁止されている寺社が多い中、そのかわりに楊谷寺のように手水鉢を花で飾ろうという動きが、大宰府天満宮、東福寺、北野天満宮などをはじめ、全国の寺社で広がっています。

 今年の3〜4月は人が集まる式典や会合、パーティーなどを開くことができなかったため、たくさんの花が廃棄されましたが、大分の霊山寺ではこれらの花を花手水で色鮮やかに再生させ、話題になりました。コロナ禍で気持ちが沈みがちな生活が続いていましたが、廃棄された花を再生して花手水にするという取り組みは、人々の心を和ませてくれました。

参考:北海道新聞電子版:札幌、近郊の神社9社 23日から花手水で参拝者お出迎え/飛来山 霊山寺:ロスフラワーって知っていますか?

花手水

 全国的に広がりを見せている花手水。あなたの住む街の寺社でも手水鉢が花で色とりどりに飾られているかもしれませんね。

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/12/news077.jpg フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  2. /nl/articles/2406/12/news126.jpg 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  3. /nl/articles/2406/12/news029.jpg 「1匹いたら100匹いる」「発生しなかったら奇跡」 ビオトープに侵入し崩壊させる“ヤバイ奴”の駆除方法に反響
  4. /nl/articles/2406/12/news013.jpg 「めちゃくちゃ怖い」 3LDKの一軒家→外に出ると…… まさかの危険すぎる設備に「どうやって運ぶの?」
  5. /nl/articles/2406/11/news026.jpg 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  6. /nl/articles/2406/12/news024.jpg パパが1歳娘を寝かしつけ開始、途中で様子を見てみると…… 驚きの展開への娘の反応に「可愛すぎて語彙力無くなる」「仲良し親子」
  7. /nl/articles/2406/12/news023.jpg 新婦入場をスマホで撮影する父、一番いいシーンでまさかの……? 大爆笑の展開に「歯磨き中に吹いてしまったw」「結末わかってたけど笑ったw」
  8. /nl/articles/2406/11/news023.jpg 食べた後のパイナップルのヘタを植える→3年後…… 驚きの姿に「凄すぎます」「家庭菜園レベチ」と138万表示
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/12/news116.jpg ヒロミ、“6000万円超の超高級外車”に乗る→即ロックオンされてしまう “営業トーク”の嵐には「ポラリス10台分か」「乗る男になったらすげぇな」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」