ニュース
» 2020年08月21日 19時00分 公開

「スター・ウォーズみたいでかっこいい」 富山市にある赤色LEDを活用した「スタイリッシュ踏切」が話題に

「誰もが直感的にわかりやすい」を重視。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 富山市にあるちょっと変わった「踏切」が、SNSで話題になっていました。まるで映画「スター・ウォーズ」の世界に迷い込んだような、不思議でスタイリッシュな光景です。


富山路面電車 富山のスタイリッシュ踏切!?

 注目を集めるきっかけになったのは、碑文谷人(@TKK_7000)さんが「富山のスタイリッシュ踏切すき」と添えてTwitterに投稿した動画です。映像を見てみると、赤いライトで照らし出された踏切には遮断器が……ない!?

 踏切の左右に赤いライトがあるだけで、一般的に「踏切」と聞いて思い浮かべるものとはまったく違う光景が広がっています。


富山路面電車 柱と床面のLEDが赤く光ると……(碑文谷人さん提供)


富山路面電車 路面電車がやってきます(碑文谷人さん提供)

 この不思議な踏切は、富山地方鉄道の路面電車のために、接続している富山駅に設置されたものです。

 駅構内に路面電車の停留場がある珍しい構造になっており、電車が来ると左右の柱と床面に内蔵したLEDライトが赤く光り、「電車が来ます、渡らないでください」というアナウンスが流れるという仕組み。Twitterの投稿には「かっこいい」と好評で、映画「スター・ウォーズみたい」という声もありました。

 「どうしてこうなったのか」と気になったので、この珍しいスタイルの踏切について詳しく知る路面電車推進課の担当者(富山市役所活力都市創造部)に聞いてみました。


富山路面電車 富山市民の足、路面電車(富山市 公式ホームページより)

踏切ではなく、歩行者横断指導線

 担当者によると、「踏切」として話題になった路面電車の通行を報せる設備は、厳密に言うと踏切ではなく、歩行者の横断可能な位置を示す「歩行者横断指導線」であるそうです。

 路面電車の軌道は、道路上に敷設することになっており、この場所も「道路」にあたるため、歩行者横断指導線という扱いになるそうです。


富山路面電車 歩行者横断指導線に沿って、赤く光る柱や床面のLEDのライン照明がずらり(富山市役所活力都市創造部 路面電車推進課提供)

 そして、赤色LEDライトを使ったスタイルは、都電荒川線大塚駅を参考に考案したそうで、「高架下であるため電車の接近が気付きにくいと考え、緑丸と赤丸の電光表示に加えて、柱や床面のLEDのライン照明を赤色点滅させて、直感的に気付いてもらえるようにしました」と担当者が教えてくれました。

 また、警報音ではなくガイド音声で呼びかけているのは、「その方が丁寧だと考えたから」だそうで、「小さな子どもにもわかりやすいのではないかと思います」と語ってくれました。


富山路面電車 電光表示が赤く光ったら「止まれ」(富山市役所活力都市創造部 路面電車推進課提供)

 Twitterに投稿された動画をきっかけに大きな注目を集めることになった「歩行者横断指導線」ですが、「障がい者の方から『大変わかりやすい』『全国の都市交通システムの導入にあたって参考になればうれしい』との意見をいただいています」とのこと。

 一方で、「メディアの報道では『利用者が気付かずに軌道内に進入したら怖い』という意見もありましたが、運転士も歩行者に注意しながら徐行しており、電車からも通過を知らせる音を出すなどしています」と、これまでもさまざまな反響があったそうです。

 SF映画の世界に迷い込んだような、スタイリッシュな踏切……もとい歩行者横断指導線。富山市を訪れるときには、ぜひ実際に見てみたいものですね。


富山路面電車 路面電車の富山港線は、来年3月の2つの停留所の新設にあたり寄付を募っています。募金をすれば新停留所に名前やメッセージを刻んだ記念プレートが設置されます(富山市役所活力都市創造部 路面電車推進課

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10