ニュース
» 2020年08月24日 20時00分 公開

二次元は現実を生き抜くための伴侶である――『テニスの王子様』に人生を救われた人の漫画が教えてくれること(1/2 ページ)

テニスの王子様たちが、いつも私を助けてくれた。

[不義浦,ねとらぼ]

 二次元は現実逃避ではなく、現実を生き抜くための伴侶である――。イラストレーターのなおこ(@nn__0911)さんが、自らの人生と漫画『テニスの王子様』(許斐剛、集英社)の関わりについて漫画にしています。

出会い


テニスの王子様と人生 出会ってしまった!

 なおこさんと『テニプリ』の出会いは、小学5年生の時偶然手にしたジャンプでした。入院していたおじいちゃんのお見舞いのため、待合室で暇をつぶしていたなおこさんは、たまたまいとこからジャンプを借りたのです。ぱらぱらとページをめくっていると、そこには王子様が輝いていました。紙面の中に現れた王子様――主人公である越前リョーマは、『ワンピース』目当てでジャンプをめくっていたなおこさんの視線を瞬く間に奪い、『テニプリ』の世界へ誘ったのでした。

 それからなおこさんはどっぷりと『テニプリ』に夢中になり、中学では『テニプリ』の話題で盛り上がれる友だちもできました。なおこさんが特に好きになったのは、立海大付属の3年生・仁王雅治です。

 バスケットボール部の試合があるとき、なおこさんの心の中には応援してくれる比嘉中のメンバーがおり、大学受験の際には青学の部長・手塚国光とともに「油断せずにいこう」と気合を入れて勉強しました。なおこさんの青春の中には、常にテニスの王子様たちがいたのです。


テニスの王子様と人生 『テニプリ』は青春とともにあった

大学生、そして就職へ

 大学生になったなおこさんは、自分の力でイベントやグッズ集めを楽しめるようになりました。『テニプリ』のキャストらが一堂に会するファンイベント『テニプリフェスタ』に全通するため、チケット代や遠征費、グッズ代を懸命にアルバイトで稼ぎ、仁王推しグッズを自作して現場に通ったといいます。なおこさんの部屋は仁王のグッズやポスターでいっぱいになりました。仁王がこれを見たら「飾りすぎじゃろ」と言われるかもしれませんが、なおこさんにとってはやる気を出すために大事なことなのです。


テニスの王子様と人生 新天地・大阪へ


テニスの王子様と人生 仕事は過酷だった

 時は流れ、なおこさんは就職を迎えました。新たな生活の舞台は、『テニプリ』世界では強豪四天宝寺中学がトップに立つ場所、大阪です。なおこさんは白石蔵ノ介千歳千里らに背中を押され、四天宝寺中学のモットー「勝ったモン勝ち」を胸に、新生活へ旅立ちました。

 仕事は、楽ではありませんでした。慣れないスーツで懸命に歩き回り、上司に注意されながら必死に食らいついていると、時間はあっという間に過ぎていきました。家に帰ると日付は超えており、何もできないほどの疲労に襲われます。

 「疲れた…… 辞めたい……」。『テニプリ』でいっぱいの部屋でひとりごちていると、なおこさんの耳には氷帝の主将・跡部景吾の語りかける声が聞こえてきました。「お前はその程度の女じゃないだろ?」。心の中の跡部にそう言われると、なんだかやってやらなくてはいけないような気がしてきます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声