二次元は現実を生き抜くための伴侶である――『テニスの王子様』に人生を救われた人の漫画が教えてくれること(1/2 ページ)

テニスの王子様たちが、いつも私を助けてくれた。

» 2020年08月24日 20時00分 公開
[不義浦ねとらぼ]

 二次元は現実逃避ではなく、現実を生き抜くための伴侶である――。イラストレーターのなおこ(@nn__0911)さんが、自らの人生と漫画『テニスの王子様』(許斐剛、集英社)の関わりについて漫画にしています。

出会い


テニスの王子様と人生 出会ってしまった!

 なおこさんと『テニプリ』の出会いは、小学5年生の時偶然手にしたジャンプでした。入院していたおじいちゃんのお見舞いのため、待合室で暇をつぶしていたなおこさんは、たまたまいとこからジャンプを借りたのです。ぱらぱらとページをめくっていると、そこには王子様が輝いていました。紙面の中に現れた王子様――主人公である越前リョーマは、『ワンピース』目当てでジャンプをめくっていたなおこさんの視線を瞬く間に奪い、『テニプリ』の世界へ誘ったのでした。

 それからなおこさんはどっぷりと『テニプリ』に夢中になり、中学では『テニプリ』の話題で盛り上がれる友だちもできました。なおこさんが特に好きになったのは、立海大付属の3年生・仁王雅治です。

 バスケットボール部の試合があるとき、なおこさんの心の中には応援してくれる比嘉中のメンバーがおり、大学受験の際には青学の部長・手塚国光とともに「油断せずにいこう」と気合を入れて勉強しました。なおこさんの青春の中には、常にテニスの王子様たちがいたのです。


テニスの王子様と人生 『テニプリ』は青春とともにあった

大学生、そして就職へ

 大学生になったなおこさんは、自分の力でイベントやグッズ集めを楽しめるようになりました。『テニプリ』のキャストらが一堂に会するファンイベント『テニプリフェスタ』に全通するため、チケット代や遠征費、グッズ代を懸命にアルバイトで稼ぎ、仁王推しグッズを自作して現場に通ったといいます。なおこさんの部屋は仁王のグッズやポスターでいっぱいになりました。仁王がこれを見たら「飾りすぎじゃろ」と言われるかもしれませんが、なおこさんにとってはやる気を出すために大事なことなのです。


テニスの王子様と人生 新天地・大阪へ


テニスの王子様と人生 仕事は過酷だった

 時は流れ、なおこさんは就職を迎えました。新たな生活の舞台は、『テニプリ』世界では強豪四天宝寺中学がトップに立つ場所、大阪です。なおこさんは白石蔵ノ介千歳千里らに背中を押され、四天宝寺中学のモットー「勝ったモン勝ち」を胸に、新生活へ旅立ちました。

 仕事は、楽ではありませんでした。慣れないスーツで懸命に歩き回り、上司に注意されながら必死に食らいついていると、時間はあっという間に過ぎていきました。家に帰ると日付は超えており、何もできないほどの疲労に襲われます。

 「疲れた…… 辞めたい……」。『テニプリ』でいっぱいの部屋でひとりごちていると、なおこさんの耳には氷帝の主将・跡部景吾の語りかける声が聞こえてきました。「お前はその程度の女じゃないだろ?」。心の中の跡部にそう言われると、なんだかやってやらなくてはいけないような気がしてきます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評