ニュース
» 2020年09月11日 20時00分 公開

【うっかりお家で死にかけた】冬のある朝、ベッド横のコンセントから煙が上がっていて……というお話(1/2 ページ)

可燃物が多い寝室なのも怖い。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から自宅で起こった危険な出来事をインタビューする企画「うっかりおうちで死にかけた」。今回は「ベッド横のコンセントから煙が……」という体験談を伺いました。

連載:うっかりおうちで死にかけた

我が家は落ち着く、心が安らぐ場所―― そんなイメージに反して、時には自宅でも命に関わるような危険な事故が起こることが。ただ日々過ごす場所だけあって、どんな危険があるのか気付きにくいもの。そこで「うっかりおうちで死にかけた体験談」を募集して、いろいろな人からいろいろ聞いてみよう、という企画です。

「起床後、いつも通りにベッドを畳んでいたら……」



 冬のある日、朝起きたら、ベッド横のコンセントから煙が上がっていたことがあります。

 私の家のベッドは折り畳み式で下が空いていて、そこに羽なしサーキュレーター(暖房機能付き)のコードを通し、コンセントに挿していました。

 起床後、いつも通りにベッドを畳んでいたら目の端に光が見え、よく見るとコンセントから煙が上がり、焦げついていました。

―― “目の端に見えた光”、もしかしたら火花だったのかもしれませんね。ところで、そのコンセントの写真を見るとヒビも入っていますが、これは?

 ヒビ割れは、ちょうどそのときにできたものです。


ベッド横のコンセント

 その後、羽なしサーキュレーターの電源を切り、プラグを抜いて対処。業者に修理依頼も出したのですが、当日は来られないとのことで日をまたぐ他なく……実はそれ以降、連絡していなくて、コンセントは壊れたままになっています。もう使用はしていませんが。

編集部注:電気火災について

 電気機器、配線などによる火災を「電気火災」といい、ネット上で調べるとさまざまな自治体が注意喚起を行っています。

 出火の原因は「過電流(たこ足配線など)」「半断線(コードが引っ張られるなど)」「過熱(束ねたままの使用など)」「トラッキング現象(差しっぱなしのプラグとコンセントの間にホコリがたまるなどして発火)」……と多岐にわたります。そのため、今回の体験談の原因を話だけで断定するのは難しそうです。

トラッキング現象の解説動画。突然、火が上がるシーンがちょっと音量注意かも

 出火原因が多岐にわたるなら、その対策方法もさまざま。本記事内では掲載しきれませんが、

  • たこ足配線は避ける
  • コードは束ねない、引っ張らない、家具などで踏みつけない
  • 使わない電気機器はプラグを抜き、使うときはしっかり差し込む
  • 差しっぱなしのプラグも時々抜いて掃除。ホコリなどがたまらないようにする
  • 布団などの近くで使用しない

 などのポイントがあります。数は多いのですが、どこかで耳にした覚えのある内容が多い印象。現実的なのは「危険そうなことはやらない」「自信がないときは調べて、安全かどうか確認する」といった対応かもしれません。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響