ニュース
» 2020年09月11日 20時00分 公開

【うっかりお家で死にかけた】冬のある朝、ベッド横のコンセントから煙が上がっていて……というお話(1/2 ページ)

可燃物が多い寝室なのも怖い。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から自宅で起こった危険な出来事をインタビューする企画「うっかりおうちで死にかけた」。今回は「ベッド横のコンセントから煙が……」という体験談を伺いました。

連載:うっかりおうちで死にかけた

我が家は落ち着く、心が安らぐ場所―― そんなイメージに反して、時には自宅でも命に関わるような危険な事故が起こることが。ただ日々過ごす場所だけあって、どんな危険があるのか気付きにくいもの。そこで「うっかりおうちで死にかけた体験談」を募集して、いろいろな人からいろいろ聞いてみよう、という企画です。

「起床後、いつも通りにベッドを畳んでいたら……」



 冬のある日、朝起きたら、ベッド横のコンセントから煙が上がっていたことがあります。

 私の家のベッドは折り畳み式で下が空いていて、そこに羽なしサーキュレーター(暖房機能付き)のコードを通し、コンセントに挿していました。

 起床後、いつも通りにベッドを畳んでいたら目の端に光が見え、よく見るとコンセントから煙が上がり、焦げついていました。

―― “目の端に見えた光”、もしかしたら火花だったのかもしれませんね。ところで、そのコンセントの写真を見るとヒビも入っていますが、これは?

 ヒビ割れは、ちょうどそのときにできたものです。


ベッド横のコンセント

 その後、羽なしサーキュレーターの電源を切り、プラグを抜いて対処。業者に修理依頼も出したのですが、当日は来られないとのことで日をまたぐ他なく……実はそれ以降、連絡していなくて、コンセントは壊れたままになっています。もう使用はしていませんが。

編集部注:電気火災について

 電気機器、配線などによる火災を「電気火災」といい、ネット上で調べるとさまざまな自治体が注意喚起を行っています。

 出火の原因は「過電流(たこ足配線など)」「半断線(コードが引っ張られるなど)」「過熱(束ねたままの使用など)」「トラッキング現象(差しっぱなしのプラグとコンセントの間にホコリがたまるなどして発火)」……と多岐にわたります。そのため、今回の体験談の原因を話だけで断定するのは難しそうです。

トラッキング現象の解説動画。突然、火が上がるシーンがちょっと音量注意かも

 出火原因が多岐にわたるなら、その対策方法もさまざま。本記事内では掲載しきれませんが、

  • たこ足配線は避ける
  • コードは束ねない、引っ張らない、家具などで踏みつけない
  • 使わない電気機器はプラグを抜き、使うときはしっかり差し込む
  • 差しっぱなしのプラグも時々抜いて掃除。ホコリなどがたまらないようにする
  • 布団などの近くで使用しない

 などのポイントがあります。数は多いのですが、どこかで耳にした覚えのある内容が多い印象。現実的なのは「危険そうなことはやらない」「自信がないときは調べて、安全かどうか確認する」といった対応かもしれません。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10