ニュース
» 2020年09月07日 22時55分 公開

元あいのり桃、再プチ整形から1カ月後のまぶた公開 「やば?! 欲張り過ぎたか」と施術失敗を恐れた時期も (1/2)

結果としてはいわれないと気付かないほど自然な仕上がりに。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 恋愛バラエティー番組「あいのり」(フジテレビ系)に出演していたブロガーの桃さんが9月5日にブログを更新。限界状態だった二重まぶたに再プチ整形を施した1カ月後の写真を公開しています。

あいのり 桃 プチ整形 二重まぶた 再埋没手術から1カ月後の“加工なし”写真(画像は桃オフィシャルブログから)

 桃さんは20年来のコンプレックスを絶つべく、2017年8月に埋没手術を受けて、一重まぶたを二重に整形。しかし、約3年が経過した2020年7月末には、「だめだ、、、埋没が、本当にそろそろ寿命を迎えてる」「右目はまだ平気なんだけどね、左目がきちゃってます!!!!!」と、効果がほとんどなくなりつつあることを明かし、近いうちに再手術へ踏み切ると断言していました。

あいのり 桃 プチ整形 二重まぶた ほとんど効果のなくなった2020年7月末時点のまぶた(画像は桃オフィシャルブログから)

 8月に再埋没手術を受け、二重まぶたを再び取り戻した桃さんですが、施術直後で幅がグッと広がってしまったことを気にしてか、「日が経つごとにどんどん幅が狭くなって落ち着く!!!! って感じです!」「この目が完成形ではないからねっ!!」と強調。時間がたてば自然になじんで、理想的な状態になっていくと訴えていました。

あいのり 桃 プチ整形 二重まぶた 施術直後の様子(画像は桃オフィシャルブログから)

 今回の投稿では、二重は1カ月前と比較してだいぶ幅が狭まり、外見上はかなり目立たなくなってきた様子。しかし約3年の歳月がたち、加減がすっかり分からなくなっていた部分もあったようで、「『やば?! 欲張り過ぎたか?!』って心配になってた」と、行きすぎた手術による失敗を恐れたことも告白。また、まぶたに入った糸がいまだに違和感を引き起こしているとする一方で、「本当にゆっくりですが、着実に落ち着いてきています!」と、術後の経過について満足げにコメントしています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン