ニュース
» 2020年09月15日 21時00分 公開

モバクソ畑でつかまえて:「ひぐらしのなく頃に命」ガチャゲーとなった「ひぐらし」完全新作はファンの期待に応えられるか

モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回はスマホゲーとして登場した「ひぐらしのなく頃に命」を取り上げます。

[怪しい隣人,ねとらぼ]

 去る9月3日、新作スマホゲームひぐらしのなく頃に命(以下、ひぐらし命)」がリリースされました。

 この10月にアニメ化を控えた宣伝の一環だとは思うのですが、そもそも「なぜ今更ひぐらし」と思われる方も多いのではないかと思います。第1作のリリースが2002年、完結が2006年。○周年というにも半端な時期なのですが、アニメ化も含めて実は定期的に「ひぐらしのなく頃に」はリリースされています。2007年にPS2版、2008年〜2010年にDS版、この2つをまとめて+αしたPS3&Vita版が2015年、PS4版が2018年、Switch版が2019年と近々まで定期的にリリースされているのです。とはいえあくまでもこれまでは旧作のリメークだったのですが、「ひぐらし命」は完全新作ということになっています。


ひぐらし命 「ひぐらしのなく頃に命」タイトル画像


ライター:怪しい隣人

モバクソ畑でつかまえて

出来の良くないソーシャルゲームを勝手に「モバクソゲー」と名付けて収集、記録、紹介しています。モバクソ死亡リストは500件を超えました。年々ソーシャルゲームが複雑になり、ダメさを判定するのに時間がかかるのが最近の悩みです。本業はインフラエンジニア。そのためソーシャルゲームの臨時メンテは祭り半分胃痛半分な気分です。



 と、ここまで来て「往年の名作を新作スマホゲーで」といわれて渋い顔になっている方も多いかと思います。前回のモバクソ畑(関連記事)でもその失敗例的なものを取り上げさせていただきました。

 ですが、サービス開始当日は大盛況。サーバが落ちてはメンテナンスを繰り返すという、近年のスマホゲーには珍しい状態になりました。「いかに初動のユーザーラッシュをさばくか」というのはスマホゲーム運営のお約束みたいなところがあり、運営側のノウハウが蓄積されてきた最近ではこんな大惨事は珍しいことです。3日の午後から夜まで数回は繰り返されたサービスダウンとメンテナンス、サーバ増強の結果、なんと運営から「悪意ある第三者からの攻撃を受けている」との告知が発されました。


ひぐらし命 ゲームに入れないメンテ中お知らせ

ひぐらし命 ゲーム内の臨時メンテ完了お知らせ しつこいぐらい「悪意ある第三者の攻撃」をアピールしています

 ですが、プレイヤーも「ひぐらし」を遊ぼうとしているような面々です。公式のこの告知に「これはスタッフが雛見沢症候群に罹患(りかん)しているのではないか?」と反応を始めてしまいました。

 原作未見でアニメをこれから見ようという方もいらっしゃるので詳しくは説明いたしませんが「極度の疑心暗鬼や人間不信および妄想・異常行動」にかられるようになる病気が「ひぐらし」の世界には存在し、それが物語の重要な要素となっています。これが「ささいな不安や悩みを増幅する」という病気なため、突然「悪意ある攻撃が」と言い出したスタッフは何か悪い妄想に取りつかれているのでは? と思ってしまったプレイヤーが出てしまうのも無理からぬこと。結果的にそれから数度のメンテナンスを経て「悪意ある攻撃」は回避できたようなのですが、本当に悪意ある攻撃だったのか、それともスタッフがそう思い込んでいただけなのか。それが分からないところは実にミステリアス、ひぐらしらしい出だしだったなと思いました。


ひぐらし命 メンテナンス完了告知で埋まるお知らせ欄

 そんな騒ぎが落ち着きようやくプレイできたゲームでしたが、ゲームのシステムは最近では「プリコネ(プリンセスコネクト!)系」といわれるものです。クエストで敵を倒し、クリアしたクエストを何度も周回してアイテムを集め、そのアイテムを使ってキャラクターを育成する、というもの。一定のクエストをクリアすることでシナリオが解放されていくのもプリコネ的です。そもそもこのシステム自体もプリコネ以前に元ネタがあるのですが、もう「プリコネ系」で説明がつくレベルで広まってしまったプリコネをたたえて本記事ではそう呼ぶことにします。


ひぐらし命 どこかで見たような戦闘画面

ひぐらし命 どこかで見たような育成画面

 主人公は「ひぐらし」本編の時代に子どもだった少女・公由一穂。ひぐらし本編にも公由家は出てきますが、その孫娘となります。雛見沢大災害に巻き込まれて東京へ避難していた彼女が、10年後に諸事情あって舞い戻ってきた、というところからお話が始まります。その直後に一穂が村に入って突然怪物に追いかけられることになるのは「一体何が?」と思うとともに「これは本当にひぐらしなのだろうか」と思わされるところもあります。

 「ひぐらし」は「超常のホラーだと思わせておいて明確な理屈があるミステリであり、かと思いきやその理屈が超常的なものである」という二転三転するところが面白さではあるのですが、さすがに街の中に化け物が出てきて戦うことになるのはどういうことなの……となりました。


ひぐらし命 主人公の公由一穂

ひぐらし命 突然現れるイノシシのような怪物

 一穂は神を自称する田村媛命に救われ、力で怪物たちと戦うことになります。私はひぐらしをPC版でしかプレイしておらず、外伝系のシナリオは読んでいないのですが、このキャラクターも最近の追加シナリオに出てくる存在なのだそうで。

 テキストを読んでいく限りは「カード的なものから力を引き出して敵と戦う」のですが、なんでエンジェルモートの制服着たレナを呼び出してイノシシみたいな怪物と戦っているのか、序盤ではよく分かりません。そこも含めて新たな謎が提示されているのかなとも思います。呼び出すキャラクターたちの「カケラを集めて呼び出したり強くしたり」ということらしく「カケラ集め」という単語がこれまた本編にあったため、ここも気になるところです。


ひぐらし命 主人公だけではなくプレイヤーも助けてくれる田村媛命

ひぐらし命 ひぐらし本編で言われる「カケラ」とは違うもののようですが

ひぐらし命 「ひぐらしのなく頃に奉」に登場した田村媛命(公式サイトより)

 シナリオは竜騎士07氏ご本人ではないのですが(※編注:クレジットでは「原案協力」)、先に挙げたPS2版などの移植に関わっておられる叶希一氏。そのため、作品世界の理解という意味では不安はないのかな、と思わされます。そもそも約10年以上ぶりのコンテンツに「ここが違うあそこが違う」などというほどこちらの記憶力も正確ではありません。

 ネタバレという意味で「これはいいのだろうか」と思ったのはガチャから排出されるキャラクターたち。ひぐらしプレイ済みの方はご存じかと思われる富竹さん。カメラマンとしては妙にいいガタイが印象的なキャラクターで、そのガタイの理由が後々明らかになるわけですが、そのあたりが思い切りバラされてしまっています。一瞬「えっそれバラしてもいいの!?」となりましたが、考えてみれば答えを提示されていても、間の証明がない状態では全く意味が分かりません。そういう意味では「なぜそうなるのか」の答えを求めて新作アニメを見るのもよいかもしれない、と思いました。ゲーム開始早々に血まみれの鉈を持ったレナもプレゼントされることですし。


ひぐらし命 配布されるレナ

ひぐらし命 これはネタバレでは? な富竹さん(※クリックでモザイクが外れます)

 そんなわけで、再アニメ化記念にしては結構旧作のネタがふんだんに放り込まれており、そのあたりの引きは悪くないと思う反面、これからアニメを見る人はどうなのだろう、と心配しています。ただ「この作品の過去には一体何があったのか?」という視線でアニメを見るのもありかもしれません。

 9月10日から初のイベントが始まっているのですが、相変わらずメンテの延長を行ったりバグの修正をやったりと慣れていなさそうな運営陣。不安を感じるところはあるのですが、今後も頑張っていただきたい次第です。IPもののコンテンツらしくキャラの誕生日をお祝いしてくれるというファンサービスがあったりとそういうところに気遣いを見せてくれるのはうれしいですが、リリース後に最初にやってきたのは富竹ジロウ。もう2週間早くリリースされていれば古手梨花の誕生日がお祝いできたのですが、梨花の誕生日祝が最初というひぐらしスマホゲーもそれはそれでイヤですね……。


ひぐらし命 誕生日おめでとう富竹さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.