ニュース
» 2020年10月23日 11時30分 公開

【料理で事故った体験談】自宅でニラを栽培→うっかり“ニラっぽい何か”まで食べて30分くらい嘔吐が止まらなかった……というお話(1/2 ページ)

キレイな花にはトゲ、ニラっぽい草には毒。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から、料理中に起こった危険な出来事をインタビューする企画「お料理で事故った話、教えてください」。今回は「栽培しているニラを食べたつもりが『食後5分ほどで急激かつ猛烈な吐き気』に襲われた」という体験談を伺いました。

連載:お料理で事故った話、教えてください

 料理は毎日食べるもの。だけど、するのは意外と危ないもの。日々の暮らしの中で見落しがちな「家事にはどんな危険があるのか」「注意すべきポイント」の再確認のために、いろいろな人から体験談を募集していろいろ聞いてみよう、という企画です。

ニラに混じって“ニラではない何かの植物”



 数年前からプランターでニラを栽培しているのですが、ある日、適当に束をザクッと切り、ニラ玉汁にして食べたところ、食後5分ほどで急激かつ猛烈な吐き気に襲われ、30分ほど嘔吐が止まらず苦しみました。

―― 原因は何だったのでしょうか?

 材料は卵にひき肉、しょうゆ、ニラ。タマゴは割ったときに鮮度が分かるのでおそらく大丈夫、ひき肉は買ってきたばかりだし、色もにおいも問題なかった……と消去法で考えていくとニラではないか、と。

 プランターは以前は何も植えていなかったので、てっきりニラしか生えていないものかと思ったのですが、確認してみたらニラに混じって“ニラではない何かの植物”が。同じような色、長さをしているんですが、よく見るとニラとは違うんですね。そして、そのニラではない植物も切り取られているので、嘔吐の原因はコイツに間違いない! と確信しました。

 それ以降は収穫の仕方を変えて、注意深くニラのみを選定して切るようになりましたね。

編集部注:“ニラではない何かの植物”の正体とは一体……

 今回の体験談の内容から“ニラではない何かの植物”の正体を特定するのは難しそうですが、自治体などがよく注意喚起しているのは「ニラとスイセンの誤食」。

 細長い葉の形がよく似ており、ニラと間違って食べてしまうと食後30分以内に嘔吐、下痢などの症状が出るとか(体験談とも一致するので、もしかすると?)。ちなみに、見分け方としてよく紹介されているのは「ニラ特有の匂いがあるかどうか」。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10