ニュース
» 2020年10月20日 14時30分 公開

「おんちゅ♪」秋田県警の交通安全動画がじわると話題に 「編集した人センスの塊」「頭から離れません」(1/2 ページ)

「ちゃっちゃらちゃちゃちゃ〜」。交通ルールをきちんと守りましょう。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 秋田県警がYouTubeで配信した「自転車の交通ルール」動画がすごいインパクトで、「センスと編集技術が反比例している」「ジワジワ来る」「頭から離れません」などとネットで話題になっています。

自転車の交通ルール(秋田県警察本部交通企画課)(音声あり推奨)

 こちらは秋田県警察本部交通企画課が制作した、自転車の交通ルールを伝える啓もう動画。「交通ルールを守ることの大切さ」を分かりやすく具体例を示して説明しつつも、手作り感たっぷりのほんわかした雰囲気や秋田弁のナレーションに引きつけられてしまいます。

 そんな予想の斜め上を行く巧みな構成で「編集した人センスの塊」「動画のせいで腹が捻れた」「でも、なんだかんだ全部見て勉強にもなった」などと再生回数を伸ばしています。

自転車の交通ルール 秋田県警が制作した交通ルール啓蒙動画(秋田県警察本部交通企画課YouTubeチャンネルより、以下同)

 秋田県警のマスコットキャラクター「まもるくん」が友達の家に遊びに行くところから動画は始まります。しかし外はあいにくの雨もよう。ところがまもるくんは「自転車の運転には自信があるんだなー」と、まったく気にせずに黄色い自転車で友達の家に向かいます。

自転車の交通ルール 雨が降っていたけれど、ご機嫌な歌で出発。でも傘さし運転……(絶対だめ!)

 その一方で、老人クラブのグランドゴルフ大会に参加予定だった「安全町内の長老」も会場の様子を確認するためグラウンドへ向かいます。「ちゃっちゃらちゃちゃちゃ〜うぉんちゅ♪」とご機嫌に歌いながら危ない傘さし運転をするまもるくんと、長老が鉢合わせて……。

自転車の交通ルール 傘で前が見えていないまもるくん。前に人が……
自転車の交通ルール 2人は衝突……!

 「ドカーン」。

 事故の衝撃の大きさを示すように大爆発してズォォォンと火柱が立ち上りました。長老はうめき声を上げ、救急車で運ばれていきます。

自転車の交通ルール 過信運転が大きな事故に

 身勝手な過信運転をしていたまもるくんは交通事故の加害者になってしまいます。場面は自転車の大切なルールを伝える内容に変わり、深刻な表情のまもるくんを諭す内容になります。

自転車の交通ルール 「自転車でも加害者になることがあるのよ」
自転車の交通ルール 自転車の交通ルールを分かりやすく解説

 このように手軽に乗れる自転車も、不注意や身勝手な運転が大きな事故につながります。加害者になってしまうこともあります。皆さんも事故を起こさないために、また交通事故に遭わないよう、交通安全ルールの大切さを動画をしっかり見て確認しましょう。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響