ニュース
» 2020年10月20日 14時30分 公開

「おんちゅ♪」秋田県警の交通安全動画がじわると話題に 「編集した人センスの塊」「頭から離れません」(1/2 ページ)

「ちゃっちゃらちゃちゃちゃ〜」。交通ルールをきちんと守りましょう。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 秋田県警がYouTubeで配信した「自転車の交通ルール」動画がすごいインパクトで、「センスと編集技術が反比例している」「ジワジワ来る」「頭から離れません」などとネットで話題になっています。

自転車の交通ルール(秋田県警察本部交通企画課)(音声あり推奨)

 こちらは秋田県警察本部交通企画課が制作した、自転車の交通ルールを伝える啓もう動画。「交通ルールを守ることの大切さ」を分かりやすく具体例を示して説明しつつも、手作り感たっぷりのほんわかした雰囲気や秋田弁のナレーションに引きつけられてしまいます。

 そんな予想の斜め上を行く巧みな構成で「編集した人センスの塊」「動画のせいで腹が捻れた」「でも、なんだかんだ全部見て勉強にもなった」などと再生回数を伸ばしています。

自転車の交通ルール 秋田県警が制作した交通ルール啓蒙動画(秋田県警察本部交通企画課YouTubeチャンネルより、以下同)

 秋田県警のマスコットキャラクター「まもるくん」が友達の家に遊びに行くところから動画は始まります。しかし外はあいにくの雨もよう。ところがまもるくんは「自転車の運転には自信があるんだなー」と、まったく気にせずに黄色い自転車で友達の家に向かいます。

自転車の交通ルール 雨が降っていたけれど、ご機嫌な歌で出発。でも傘さし運転……(絶対だめ!)

 その一方で、老人クラブのグランドゴルフ大会に参加予定だった「安全町内の長老」も会場の様子を確認するためグラウンドへ向かいます。「ちゃっちゃらちゃちゃちゃ〜うぉんちゅ♪」とご機嫌に歌いながら危ない傘さし運転をするまもるくんと、長老が鉢合わせて……。

自転車の交通ルール 傘で前が見えていないまもるくん。前に人が……
自転車の交通ルール 2人は衝突……!

 「ドカーン」。

 事故の衝撃の大きさを示すように大爆発してズォォォンと火柱が立ち上りました。長老はうめき声を上げ、救急車で運ばれていきます。

自転車の交通ルール 過信運転が大きな事故に

 身勝手な過信運転をしていたまもるくんは交通事故の加害者になってしまいます。場面は自転車の大切なルールを伝える内容に変わり、深刻な表情のまもるくんを諭す内容になります。

自転車の交通ルール 「自転車でも加害者になることがあるのよ」
自転車の交通ルール 自転車の交通ルールを分かりやすく解説

 このように手軽に乗れる自転車も、不注意や身勝手な運転が大きな事故につながります。加害者になってしまうこともあります。皆さんも事故を起こさないために、また交通事故に遭わないよう、交通安全ルールの大切さを動画をしっかり見て確認しましょう。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」