ニュース
» 2020年10月25日 14時00分 公開

「猫といえばタマ」の理由は? 猫の“定番ネーム”の諸説や名付けのコツが面白い

定番ネームが再注目されているようです。

[ペット手帳]
Mashable
ペット手帳

 猫ちゃんが家に来ると決まって「さぁ名前を付けましょう」というとき、どんな思いを込めて命名されましたか? 一目会った時の直感やその子の容姿の特徴など、それぞれのエピソードがありますよね。

猫の定番ネーム「タマ」が今また再注目

ペット手帳

 昨今の名前のランキングを見ると、可愛らしい名前が並んでいます。現在の人気ランキングでは、モモ、クロ、ハナ、マロンなど、キラキラした名前が上位を占めていますが、かつての定番ネーム「タマ」も再注目されているようですよ。

 昔は、猫といえばタマという時代がありました。猫=タマの理由は、諸説あるようです。玉のようにかわいい、玉のように丸くなって寝る、神秘的な動物と考えられていて魂や霊に由来して、等々。そういえば昭和を代表する漫画、サザエさんの家の猫もタマでしたね。

多頭飼いでは「似たような音」は避けたネーミングを

ペット手帳

 名前のつけ方はさまざまですが、まずは呼びやすい、聞き取りやすいは外せないですよね。もちろん、猫ちゃん自身が覚えやすいというのが肝心です! 特に多頭飼育の場合、似たような音だと混乱するので、「ソラ」と「パピー」など、明らかに違う音のほうが猫ちゃんにとっては聞き分けがしやすいようです。

 変わったところでは、呼べば呼ぶほど運気が上がるという理由でluckyやhappyといったネーミング、好きなタレントや俳優の名前を愛猫につけて、呼ぶたびに愛の相乗効果に浴するというケースも共感できますね。


ペット手帳

 一方、海外に目を向けると、イギリスでは、チャーリー、ベイリー、オスカーなど、猫も犬も人間と同じ名前をつける傾向にあるそうです。家族の一員という認識がより強いのかもしれません。となると、自分に近い人の名前は避けたほうがいいのか、かぶってもいいのか……ケースバイケースということで……。


ペット手帳

© stepdays Inc.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」