ニュース
» 2020年11月16日 13時34分 公開

バンダイのガシャポン「いきもの図鑑」から新作登場 オオカマキリの鎌の刺やおなかも超リアル

手のひらに乗せてじっくり観察できるぞ!

[だいごろう,ねとらぼ]

 バンダイが生きものの体の仕組みを再現したガシャポン「いきもの大図鑑シリーズ」の新作として、「かまきり」(1回500円・全5種)と「すずめばち02」(1回500円・全4種)、「かめ03」(1回500円・全3種)を11月中旬より順次全国のカプセル自販機にて販売します。


かまきり 実際のオオカマキリの約2倍の大きさ

 同シリーズは、「だんごむし」をはじめとする身近な生きものから、「かめ」や「アルマジロトカゲ」など爬虫類、「すずめばち」「くわがた」などの昆虫まで、さまざまな生きものの体の構造を本物そっくりに再現したガシャポンのフィギュア。


かまきり 翅(はね)を広げたカマキリの威嚇ポーズ

かまきり 鎌や複眼のお手入れをするカマキリ

かまきり 偽瞳孔にはクリアパーツを使用

かまきり

かまきり

 11月第3週より発売する「かまきり」は、実際のオオカマキリの約2倍の大きさ、全長約150ミリ、全幅約190ミリのサイズで再現。30を超えるパーツに加え、細い触覚にはナイロン、腹部はPVC、翅(はね)はABSなど6種類の素材を使用しています。全身の可動部は27カ所で大きく翅を広げて威嚇したり、鎌を掃除したりといったカマキリ独特のポーズが可能に。


かまきり

かまきり

 ラインアップは実際に存在する緑色型と褐色型、羽化直後のカラーリング。緑色型と褐色型には腹部膨張版を展開し、腹部の蛇腹構造が観察できるようになっています。


すずめばち 凶暴かつ最強の昆虫、スズメバチも手でつまめる

 「すずめばち02」は、全長約150ミリ、全幅約200ミリで造形したすずめばちシリーズの第2弾です。実際のスズメバチと同様に針が出てくる仕組みで、顎の開閉や触覚の角度調整など全身18カ所が可動。舌や翅脈(しみゃく)、頭楯(とうじゅん)と呼ばれる顔の中央部分の違いもじっくり観察できます。


すずめばち

すずめばち

 今作ではスズメバチの中で最も美しい模様を持つと称される「ヒメスズメバチ」や腹部の模様が波型の「モンスズメバチ」、茶と黒の色使いが特徴的な「チャイロスズメバチ」、社会寄生種の「ヤドリスズメバチ」の全4種をラインアップ。11月の第5週より販売します。


ワニガメ ワニガメの口は開閉でき、魚をおびき寄せる口の中のルアーもしっかり再現

 「かめ」の特徴的な生態を細部まで再現したかめシリーズ第3弾「かめ03」は、ワニガメが登場。定着予防外来種に指定され、飼育が困難になったワニガメをフィギュアで堪能してもらえるように、ゴツゴツとした甲羅の形状や大きく開く口など迫力ある外観に仕上げたとのこと。


ワニガメ

 ラインアップは黒のほか、茶色のゴールデン、全身が白いリューシスティックの3種類。11月の5週目に発売予定です。

※価格は全て税込



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.