ニュース
» 2020年11月21日 10時30分 公開

ミントタブレット缶を開けると風景画が! 缶のフタ裏をキャンバスにしたミニアートがステキ

フタを開けると小さくて壮大な景色が!

[マスミ メイアー,ねとらぼ]

 米コロラド州に拠点を置くアーティストのレミントン・ロビンソンさんのミントタブレットのケースに描かれた小さな風景画が、かわいくて美しいと人気を集めています。


ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 美しい山の景色

ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵

 レミントンさんはミントタブレットが入っていた缶ケースのフタの裏側をキャンバスにして、旅先で見かけた風景を描いています。

 缶ケースの大きさはさまざまですが、通常は横10×縦6センチほどの小さなケースを使用して作品を描いているようです。フタを開けたら感動すること間違いなしです。


ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ミントタブレットのケース

ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 フタを開けると鮮やかな花が

ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 メキシコの美しいビーチ

ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 オハイオ州のポップコーンショップ

ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 カナダを象徴する記念碑

 もともと壁画制作の仕事をしているレミントンさんですが、アトリエで絵を描くより戸外で描く方が好きなのだとか。ミントタブレット缶は、これひとつでキャンバスと絵の具パレットの役割をしてくれるので、旅先でふと気に入った風景も、その場ですぐ描き始めることができそうです。

 


ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 マイアミのダウンタウンの夜景

ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 レトロな車

ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 真っ赤な紅葉の落ち葉

ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 コロラド州のロイヤル・アーチ

ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 ヴィクトリア王朝風の家

 ミントタブレットケースの大きさはさまざまですが、レミントンさんは最も小さなケースに壮大な山を描いています。なんとケースの大きさは横2.45×縦3.17センチしかありません。


ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 最も小さなケース

ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 壮大な景色が!

ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 小さくて壮大なミニアート

ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 メキシコのおしゃれな街並み

 レミントンさんのミントタブレット缶を使ったミニアートは、公式サイトから約100米ドルで購入できますが、今のところ全作品が売り切れ状態となっているもよう。現在多くの「購入したい」という声に応えられるよう、作品を描き続けているようです。


ミントタブレット缶の蓋の裏に描かれた小さな絵 作品を手がけるレミントンさん

画像提供:レミントン・ロビンソンさん(InstagramWebサイト


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.