ニュース
» 2020年12月10日 18時10分 公開

2021年春のスギ花粉シーズンは早いところで2月上旬から 飛散量は「昨年比で多く」「例年比で少ない」地域が多い見込み

1月のうちから準備を。

[宮原れい,ねとらぼ]

 日本気象協会は、2021年春の花粉についての飛散予測を発表。それによると花粉の飛散量は、2020年と比べると九州から関東にかけて多く、四国・東海・北陸・関東の所々で非常に多くなるとしています。


2021年 春 スギ 花粉 飛散 予測 第2報 日本気象協会 2020年春との比較で見た場合。赤い地域が花粉飛散量が「非常に多い」見込み……!

 これは2020年春の花粉の飛散量が例年より非常に少なかったためで、今年の花粉シーズンに花粉症の症状が弱かった人も、2021年春は注意が必要だとしています。

 一方で、例年との比較で見ると九州から近畿・関東・東北の広い範囲で少ない見込みです。特に、九州は非常に少なく、近畿でも非常に少ないところがある予想です。


2021年 春 スギ 花粉 飛散 予測 第2報 日本気象協会 例年比だと全国的に少ない予想です

 スギ花粉の飛散開始日は、全国的に例年並みで、2月上旬に花粉シーズンが九州・四国・関東地方の一部からスタートする見込みです。そのため同地域の方は、1月のうちから早めに花粉対策をはじめるといいでしょう。


2021年 春 スギ 花粉 飛散 予測 第2報 日本気象協会 九州・四国・関東地方の方は早めの対策を


2021年 春 スギ 花粉 飛散 予測 第2報 日本気象協会 各地域の花粉飛散傾向(※北海道はシラカバ、その他はスギ・ヒノキ花粉の飛散量を表しています)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.