ニュース
» 2021年01月02日 11時30分 公開

「さようなら」の前に、「新世紀エヴァンゲリオン」テレビ版/旧劇場版を見る 碇シンジが導く、物語の一本線 (1/3)

「エヴァ」の骨子をいま一度見つめなおす。

[将来の終わり,ねとらぼ]

 「さようなら、全てのエヴァンゲリオン」。この度公開された「シン・エヴァンゲリオン劇場版」予告編の最後を飾る、碇シンジ(緒方恵美)の万感の思いを込めたセリフだ。

 「Q」ラストでのタイトル発表時から「ヱヴァンゲリヲン」ではなく「エヴァンゲリオン」であることが注目されていた同作だが、ポスターのテキストと相まりこれまでのシリーズとの接続が期待される一作であるという予想がいっそう強くなっている。

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は2021年1月23日より全国劇場にてロードショー


 庵野秀明は、今再び、何を作ろうとしているのか? それを探るには過去作を見ていくしかない。本連載では「シン・エヴァンゲリオン劇場版」公開まで約2カ月、これまでの庵野監督作品を一気に振り返る。



 1995年に放映された「新世紀エヴァンゲリオン」の地上波版。そのストーリーを簡易的に総括するのであれば、碇シンジという少年の成長物語(であろうと思われたそれ)は物語が進行する上で次第に壊れていき、たどり着いた結末は「現実世界での出来事を明かさず、登場人物の内面描写に終始する」というものだった。


最終話ではシンジの徹底的な内面描写が行われた/(画像は「新世紀エヴァンゲリオン」最終話より)

 関係者間でも「なぜこのようなラストになったのか」という理由は各インタビューでも情報は統一されていない。ただ、このような終わりがその後の熱狂的なブームを巻き起こしたのは確かだろう。その「謎を最後まで明らかにしない」、というつくりは、いまでもエヴァンゲリオンという作品がもつ魅力の大きな部位を占めている。

 テレビ版の総集編である「DEATH」、及び旧劇場版「Air」冒頭パートとなる「REBIRTH」の公開を挟み、満を持して公開された「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」。そこでは「人類補完計画」が一体どのようなものであったのか、ゲンドウの目的は何か、エヴァンゲリオンとはそもそもなんのための存在か……など、作中における現実パートを補完しながら物語の種明かしが行われる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.