ニュース
» 2021年01月09日 19時30分 公開

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序/:破/:Q」を振り返る 「シン・エヴァ」公開まで泣いても笑ってもあと2週間(1/3 ページ)

公開まで、あと2週間。

[将来の終わり,ねとらぼ]

 エヴァンゲリオンが、ついに完結する。庵野秀明は、今再び、何を作ろうとしているのか? それを探るには過去作を見ていくしかない。本連載では「シン・エヴァンゲリオン劇場版」公開まで約2カ月、これまでの庵野監督作品を一気に振り返る。


連載記事一覧


 2006年。NewType誌で報じられた「REBUILD OF EVANGELION」のキャッチコピーを目にしたとき、熱心なファンであれば「またか」と思っただろう。というのも2003年に大々的なプロモーションを打ち、同じくNewType誌で「エヴァ再起動」「リメイクではなくリニューアル」「RENEW」「PROJECT【re】」などと銘打ったのが、蓋を開けてみればただのデジタルリマスターであった……という経緯がある※。

 さらに「:序」の公開同年には、テレビシリーズ終了後に乱発されたエヴァゲーの中でも最大の迷作「名探偵エヴァンゲリオン」が発表されていたこともあり、新劇場版に対する期待はかなり薄いものだった。

庵野 ※リマスター自体は非常に良くできており、旧来のDVDから画質・音質が大幅に向上した。この時期に制作された「残酷な天使のテーゼ」フルサイズOP(DVD「01 TEST-TYPE」/BD BOXなどに収録)は摩 砂 雪監督によるもので、「リニューアル」最大の成果と言っても過言ではない。2018年にはアップデート版がYouTube上に公開。これまでに2300万回以上の再生を記録している(画像はYouTubeより

 また、上映に先駆けて公開された庵野秀明の所信表明(関連記事)を読んでみると、「この12年間エヴァより新しいアニメはありませんでした」との挑戦的な宣言や、「閉じて停滞した現代には技術論ではなく、志を示すことが大切」と期待が高まる文言が並ぶ一方で、「劇場用映画として面白さを凝縮し、世界観を再構築」「気分を一新した現代版のエヴァンゲリオン世界を構築」など、どうも歯切れが悪いところもあり、「本当に完全新作なのか?」という思いを抱きながら「:序」が公開される劇場に向かったことを覚えている。


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」(2007年)

 かくして公開された「:序」は、テレビシリーズの「使徒、襲来」から「決戦、第三新東京市」を新たに描き直した、それこそ「リニューアル作品」に過ぎないように思えた。絵のクオリティーはもちろん、音響もデジタルリマスター時の経験が生かされたためか、劇場用に大きくブラッシュアップされ、旧作と比べようもないほど進化している。

 しかしストーリーについては旧劇場版を思わせる赤い海や、月面の渚カヲルのセリフからすぐに「ループ説」が囁かれたりしたものの、一部設定を除き大きな変更点は少ない。そのため公開後のインターネット上のトピックは主に第6の使徒の形態変化、そして次回予告であった。

ダイジェスト これまでの『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

 特に「月より飛来するエヴァ6号機」というこれまでのシリーズではあり得なかった展開や、ゲンドウのセリフによって明かされた「今回の使徒が全12体」という情報から、1993年に作成されたという企画書「人造人間『エヴァンゲリオン』(仮題)」の一部設定を想起したファンも少なくなかったはずだ※。

※同企画書の第24話「今、契約の時」では、最強の12使徒が月より襲来。6号機に関する記述も存在した

 旧作からのファンとしては物語に真新しさがない以上、このような「旧作との差異を探す」「設定をとにかく妄想する」楽しみ方をする他なかったものの、映画は20億円の大ヒット。2004年に稼働開始となった「CR新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの継続的な人気に支えられた側面も無視できないが、「エヴァンゲリオン」というIPがいまだ健在であることを見せ付ける結果となった。


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(2009年)

 「:序」から約2年後に公開となった第2作「:破」。「奇跡の価値は」「命の選択を」「男の戦い」を主軸としながらも、本編開始早々にテレビシリーズ未登場使徒と新エヴァ・及びパイロットの戦闘が始まり、2号機の登場シークエンスも丸々変更。これまでのエヴァンゲリオンのストーリーを文字通り破壊していき、同時に各キャラクターから受ける印象も大きく変わる。

庵野監督による「:序」〜「:Q」のダイジェスト

 印象の変化は、単純にシンジ、レイ、アスカ、ミサトといった主要人物のコミュニケーションが正常に機能している、ということによるものではない。テレビシリーズでも中盤までは、彼らの関係性は決して悪くなかった。ただ本作では分かりやすく、人の意志が物語の行き先を変える、という物語の筋道が整えられている。それは「せめて、人間らしく」と同じ構図を用いたエレベーターのシーンで「過去とは違う」という主張を明確なものとし、クライマックスで爆発する。

テレビ版と同じ構図の直後、アスカのビンタを受け止め自らの意思を伝えるレイ/「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」より

 これらの展開はもちろん分かりやすく「アツ」く、エンターテインメントとして優れているのは否定できない。碇シンジが成長し、自分の意志と願いを元に行動する姿は強く胸を打つものである。ただし同時に、かつてのスピンオフ作品「碇シンジ育成計画」「鋼鉄のガールフレンド」のような中盤の展開に対し、「本当にみたかったエヴァンゲリオンの新作はこれか?」という感情が起こったのも確かだ。


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/15/news092.jpg 元E-girlsの須田アンナとYURINO、“密フェス反省動画”に非難殺到で再謝罪 「絶対思ってない」「言わされてる感」とまたも厳しい声
  2. /nl/articles/2109/14/news021.jpg ぬいぐるみより小さい子猫が成長して…… でっかく育ったビフォーアフターに「かわいすぎ!」「おっきくなったねぇ」の声
  3. /nl/articles/2109/14/news119.jpg 熊本県のご当地ヒーローが「仮面ライダーゼロワン」にデザイン類似で物議 公式が「甘い認識でした」と謝罪
  4. /nl/articles/2109/15/news106.jpg 「肉の万世」秋葉原本店ビルが売却に ネットで動揺広がるも「営業は継続」
  5. /nl/articles/2109/14/news088.jpg 市川海老蔵「人生初だよ」「こんなに早くくるとは」 長男・勸玄が両親と姉に食事をごちそう
  6. /nl/articles/2109/15/news038.jpg 散歩道にある“セトモノの犬”に恋したワンコ 毎日のあいさつの様子に「かわいすぎる…」「恋をするっていいですね」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/08/news125.jpg 元E-girlsの須田アンナとYURINO、密フェス参加を“笑顔で”反省 ファンからは失望の声「残念すぎて心痛い」
  9. /nl/articles/2109/14/news072.jpg 生後1カ月で保護された子猫たち→3カ月で急成長! 仲良しなビフォーアフター写真に「大きくなったね」「幸せな成長」
  10. /nl/articles/2109/15/news023.jpg 「ホワイトボード油性ペンで書いておきました」 やること全部ポンコツな後輩漫画がある意味かわいい……?

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」