ニュース
» 2021年02月19日 11時30分 公開

【お料理初心者時代のやらかし】バレンタインでお菓子作りに初挑戦→「チョコを湯煎で溶かす」という発想がなく……(1/2 ページ)

「レシピを見ない」「人の手を借りない」「何となくイメージで作りはじめる」。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 「お料理初心者だったころの失敗談」を伺う読者募集企画。今回は「初めてのバレンタインのチョコ作りで、“料理下手にありがちなミス”をいくつもやってしまった」というお話。いろいろな意味で、ちょっと苦そうな思い出。

連載企画:お料理初心者だったころのミス、教えてください

「知識や経験がなければうまくいかない」というのは、身近な家事にも当てはまる話。当たり前のようにこなしている人がたくさんいるからといって、簡単とは限りません。……というか、そういう人たちも失敗を重ねた結果、できるようになっただけなのかも。

そこで家事の中でも特にお料理の失敗談、つまずいたポイントを聞いて、暮らしのヒントにしようという企画です。

初めて自ら台所に立ったチョコ作り



 ほとんど台所に立たず育って、それまでの料理経験は“すでに炊いてあったお米で塩おにぎりを握る”くらい。ですが、小学5年生のとき、好きな人に手作りのバレンタインチョコを渡したくて、初めて自分から台所に立ちました。

 もちろんお菓子づくりも初挑戦です。プライドもあったのか、親の手伝いも断りました。

―― でも、“自分で手作りしたチョコ”ってそういうことですもんね。

 チョコはお弁当などでよく使われるカップ型の仕切りに流し込み、固まってからチョコペンで彩る予定でした。

 「まずは、板チョコを溶かして型に入れよう」と思ったのですが、「湯煎で溶かす」という発想がなくて……。あろうことか、フライパンに直でチョコレートを入れて炒めてしまいました。

―― どうなるんです……?

 チョコは真っ黒に焦げた焼肉のようになり、ためしに1口食べてみたらジャリッとした食感が口に広がりました。両親にも大笑いされ、大失敗。結局、市販のもので済ませました。

 ネットが普及していない時代、しかも子どものころの失敗談とはいえ、「レシピを見ない」「人の手を借りない」「何となくイメージで作りはじめる」と料理下手の落とし穴をいくつも踏み抜いてましたね。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響