ニュース
» 2021年02月19日 11時30分 公開

【お料理初心者時代のやらかし】バレンタインでお菓子作りに初挑戦→「チョコを湯煎で溶かす」という発想がなく……(1/2 ページ)

「レシピを見ない」「人の手を借りない」「何となくイメージで作りはじめる」。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 「お料理初心者だったころの失敗談」を伺う読者募集企画。今回は「初めてのバレンタインのチョコ作りで、“料理下手にありがちなミス”をいくつもやってしまった」というお話。いろいろな意味で、ちょっと苦そうな思い出。

連載企画:お料理初心者だったころのミス、教えてください

「知識や経験がなければうまくいかない」というのは、身近な家事にも当てはまる話。当たり前のようにこなしている人がたくさんいるからといって、簡単とは限りません。……というか、そういう人たちも失敗を重ねた結果、できるようになっただけなのかも。

そこで家事の中でも特にお料理の失敗談、つまずいたポイントを聞いて、暮らしのヒントにしようという企画です。

初めて自ら台所に立ったチョコ作り



 ほとんど台所に立たず育って、それまでの料理経験は“すでに炊いてあったお米で塩おにぎりを握る”くらい。ですが、小学5年生のとき、好きな人に手作りのバレンタインチョコを渡したくて、初めて自分から台所に立ちました。

 もちろんお菓子づくりも初挑戦です。プライドもあったのか、親の手伝いも断りました。

―― でも、“自分で手作りしたチョコ”ってそういうことですもんね。

 チョコはお弁当などでよく使われるカップ型の仕切りに流し込み、固まってからチョコペンで彩る予定でした。

 「まずは、板チョコを溶かして型に入れよう」と思ったのですが、「湯煎で溶かす」という発想がなくて……。あろうことか、フライパンに直でチョコレートを入れて炒めてしまいました。

―― どうなるんです……?

 チョコは真っ黒に焦げた焼肉のようになり、ためしに1口食べてみたらジャリッとした食感が口に広がりました。両親にも大笑いされ、大失敗。結局、市販のもので済ませました。

 ネットが普及していない時代、しかも子どものころの失敗談とはいえ、「レシピを見ない」「人の手を借りない」「何となくイメージで作りはじめる」と料理下手の落とし穴をいくつも踏み抜いてましたね。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する