ニュース
» 2021年02月08日 18時31分 公開

太眉卒業の井上咲楽、「石がカイロ代わり」だった時代を懐かしむ(1/2 ページ)

21歳らしからぬ経験値。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 トレードマークだった太眉を細眉にイメチェンし話題のタレント・井上咲楽さんが2月8日、Instagramを更新。かつて温石で暖を取っていたという令和の時代においては共感する人が少なそうなエピソードを明かし、イメチェンしても変わらない素朴な一面をのぞかせています。

井上咲楽 眉 小学生 石 薪ストーブ アツアツ 新聞紙 カイロ 温かさに鼻の下を伸ばしちゃう井上さん(画像は井上咲楽Instagramから)

 何かの撮影の合間なのか、手にカイロを持ち暖を取る姿を投稿した井上さんは、「私が小学生の時は、庭にあった石を薪ストーブに入れてアツアツにして、新聞紙で包んでカイロ代わりにしてました!」と回顧。2枚目の写真では、鼻の下を伸ばして温かさにとろけてしまっています。

 保温性の高い石類を暖めて布などでくるみ、余熱で暖を取るものは「温石(おんじゃく)」と呼ばれ、江戸時代くらいまで一般的に用いられていたもの。その後、化学発熱体や蓄熱材などを使った懐炉(カイロ)の普及で徐々に取って変わられていく温石ですが、栃木県の山中で育った井上さんにとっては割と最近まで使っていたもののようです。

井上咲楽 眉 小学生 石 薪ストーブ アツアツ 新聞紙 カイロ 細眉になってから注目度が急上昇の井上さん(画像は井上咲楽Instagramから)

 井上さんがときおり明かす実家エピソードは「山のてっぺんを切り拓いて作った」を始め、たくましさを感じさせるものが多く、昆虫食も苦にしないなど野性味あふれる言動もそうした環境から育まれたものといえます。なお、小学校のときのエピソードにはこの他にも「お風呂にプカプカ浮いたゆずを食べて『汚いからダメ!』と怒られた」というものも。かわいすぎか。

 カイロ代わりの温石というノスタルジックすぎる投稿にはフォロワーから「天然のカイロ」「原始的で凄くいい」など新鮮に映ったという声があがり、中には「65歳の私も同じ事していましたよ」と高齢の方から共感の声が寄せられました。

 井上さんは、2020年12月に放送されたテレビ番組で、2年間片思いしている男性に大人の女性として見られたいという思いから、人生で初めての眉カットに挑戦。それまで代名詞のようになっていた太眉をカットすると、印象が劇的に変わったことに大きな反響が寄せられ、その勢いで水着グラビア進出などバラエティー以外にも活躍の幅を広げています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する