新神戸駅「神戸のステーキ弁当」(1250円)〜我が家で旅の思い出がよみがえる「通信販売」の駅弁!(1/12 ページ)

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは新神戸駅「神戸のステーキ弁当」(1250円)です。

» 2021年02月11日 10時00分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
駅弁 新神戸駅「神戸のステーキ弁当」(1250円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年4月24日)

駅弁 225系電車「新快速」(2016年撮影)

京阪神地区の東海道・山陽本線(JR神戸線・京都線・琵琶湖線)を走り抜ける「新快速」。

東は敦賀・近江塩津・長浜などを発着、米原・彦根・能登川・近江八幡・野洲・守山・草津・南草津・石山・大津・山科・京都・高槻・新大阪・大阪・尼崎・芦屋・三ノ宮・神戸・明石・西明石・加古川・姫路の順に停車し、西は網干・播州赤穂・上郡まで足を伸ばす列車もあります。

最高速度は特急並みの時速130キロを誇る、京阪神地区の看板列車です。

駅弁 山陽電気鉄道5000系電車「直通特急」、山陽電気鉄道本線・尾上の松〜高砂間(2017年撮影)

JRが特急並みの快速を走らせるのは、ライバル私鉄の存在が大きい様子。

私がかつて学生時代にJR西日本の会社説明会に参加した際も、担当の方が新快速と並行する私鉄について力説されていた記憶がよみがえります。

とくに阪神間はJR・阪急・阪神の3社が競合しており、なかでも阪神は神戸高速線・山陽電気鉄道経由の「直通特急」を大阪梅田〜山陽姫路間で運行しています。

駅弁 神戸のステーキ弁当

そんな「直通特急」が駆け抜けて行く阪神電車の沿線、神戸・東灘区の魚崎南町に平成4(1992)年から本社工場を構えるのが、京阪神地区の駅弁を手掛ける「淡路屋」です。

今回は、神戸駅弁の定番「神戸のステーキ弁当」(1250円)をご紹介。

いまは行くことすら叶わない東京駅の「駅弁屋 祭」では、加熱式バージョンが基本ですが、淡路屋の「オンラインショップ」では、現地の非加熱バージョンを我が家で食べられます。

駅弁 神戸のステーキ弁当

【おしながき】

  • きのこピラフ
  • 牛肉ステーキ コーン 茹でいんげん
  • ポテトフライ
  • 人参煮
  • きゅうりのピクルス
駅弁 神戸のステーキ弁当

国産牛の一枚肉を焼き上げたという肉厚なステーキが魅力の駅弁。

不思議と箸が進んでしまう淡路屋の定番・きのこピラフと共に、神戸の洋館らしい赤レンガをモチーフとした折に入っています。

スリーブ式の包装に入ったいまの容器は、ご飯とおかずの部分が分かれていますね。

通販で購入して自宅でいただくなら、レンジで加熱できますので非加熱版でもOKでしょう。

駅弁 221系電車「快速」、山陽本線・須磨〜塩屋間

私自身は2000年代に入って、甲子園球場での高校野球観戦時にも球場内の売店で「神戸のステーキ弁当」を購入してよくいただいていました。

ですので、この駅弁をいただくと、いまはメジャーで活躍している投手の高校時代の記憶も、一緒によみがえってきます。

アナタは、駅弁とどんな旅の思い出を一緒に思い浮かべますか?

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください


おすすめ記事

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12 次のページへ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評