ニュース
» 2021年02月19日 08時30分 公開

松本駅「地鶏めし」(900円)〜野菜たっぷりの駅弁と共に感じる、松本駅の渋い魅力!(1/12 ページ)

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは松本駅「地鶏めし」(900円)です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 松本駅「地鶏めし」(900円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年12月14日)

駅弁 E353系電車・特急「あずさ」、篠ノ井線・平田〜南松本間

新宿から約2時間半、特急「あずさ」号が、終着・松本へ向けラストスパートに入ります。

平成29(2017)年12月のデビューから、間もなく丸3年を迎えるE353系電車。

曲線の多い中央本線を走行することから、最大1.5度車体を傾けることができる空気ばね式車体傾斜方式を採用、カーブでの高速走行と乗り心地の向上を実現しました。

普通車全席電源コンセント付、無料Wi-fiもあり、より快適な「あずさ」号となっています。(参考)JR東日本長野支社ニュースリリース・2017年10月26日分

駅弁 松本駅

松本駅に降り立つと、「まつもと〜まつもと〜」と、少し懐かしい声の自動放送が健在。

国鉄末期からJR初期にかけては各地の主要駅で聴くことができた声ですが、いまでは松本と長野くらいということもあって、地元の観光情報にも取り上げられる“名物”に。

ちなみに、お城口に掲げられた駅名の表札は、昭和23(1948)年から52(1977)年まで使われた2代目駅舎のもので、改築にあたって市民の要望で残されたと言います。

駅弁 地鶏めし

懐かしい自動放送が流れ、東京・名古屋を結ぶ在来線特急が頻繁に発着する一方で、松本駅はローカル私鉄のアルピコ交通上高地線とも改札を共用。

この“国鉄の残り香”のようなのどかさは、松本駅の渋い魅力となっています。

その魅力に彩りを添えているのが、創業100年を迎えた「イイダヤ軒」の駅弁。

今回はカラフルな掛け紙が目を引く、「地鶏めし」(900円)をご紹介しましょう。

駅弁 地鶏めし

【おしながき】

  • ご飯(安曇野産米)
  • 鶏肉の照り焼き
  • 鶏肉のそぼろ
  • 錦糸玉子
  • リーフレタス(無農薬水耕栽培)、海藻、ドレッシング
  • ガリ
駅弁 地鶏めし

多くが安曇野の清らかな水に育まれた米を使用しているという「イイダヤ軒」のご飯。

そのご飯の上に、鶏肉の照り焼きとそぼろ、錦糸玉子が載ったオーソドックスな鶏めし。

これに無農薬水耕栽培によって栽培されたリーフレタスと海藻のサラダがたっぷり入って、シャキッと爽やかさを演出、“信州ならではの”鶏めしに仕上がっています。

イイダヤ軒によると、野菜のおかずが多い分、女性の方の人気が高いそうです。

駅弁 211系電車・普通列車、篠ノ井線・南松本〜平田間

松本周辺をはじめ、信州のJRの普通列車は、山にも雪景色にも映える「新・信州色」の爽やかな帯を巻いた211系電車が基本。

国鉄末期から東海道本線(東京〜浜松間)、東北・高崎線(上野〜黒磯・前橋間など)で活躍してきた車両ですが、いまも中央東線経由で東京都の立川、中央西線経由で岐阜県の中津川まで足を伸ばす列車もあり、信州の爽やかな風を各地に届けています。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください


おすすめ記事

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12 次のページへ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」