ニュース
» 2021年02月28日 10時00分 公開

小淵沢駅「信州八ヶ岳山麓五目釜めし」(980円)〜八ヶ岳おろしを感じる、甲信冬の旅(1/12 ページ)

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは小淵沢駅「信州八ヶ岳山麓五目釜めし」(980円)です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 小淵沢駅「信州八ヶ岳山麓五目釜めし」(980円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年12月22日)

駅弁 キハ110系気動車・普通列車、小海線・野辺山〜信濃川上間(2017年撮影)

数年前の暮れ、夕暮れの小海線沿いで、1時間半ぶりにやって来る列車を待っていたら、カメラのバッテリーがあっという間に少なくなって、慌てて手で温め直した記憶があります。

日はまだ出ているのに、気温は氷点下、冷たい風が身に沁みたもの。

冬場、八ヶ岳の南麓から甲府盆地にかけて吹き下ろしてくる冷たい風のことを、「八ヶ岳おろし」と言うのだそうです。

駅弁 八ヶ岳山麓五目釜めし

寒風吹きすさぶ季節でも、不思議と懐かしさと心の温もりを感じるのが「駅弁」です。

なかでも、釜めし駅弁は、思わず手に取る方も多いのではないでしょうか。

小淵沢駅の「MASAICHI本店」を訪れたこの日出逢ったのは、陶器の釜が使われた「信州八ヶ岳山麓五目釜めし」(980円)。

掛け紙には雪をいただいた八ヶ岳と、栗・椎茸の絵が描かれていますね。

駅弁 八ヶ岳山麓五目釜めし

【おしながき】

  • 茶飯
  • 鶏肉の柚子味噌焼き
  • 鶏そぼろ
  • 煮物(山菜、人参、椎茸ほか)
  • うずらの玉子
  • 桜漬け
  • 栗甘露煮
駅弁 八ヶ岳山麓五目釜めし

特徴的なのは、“信州”らしく柚子味噌で焼き上げられた鶏肉。

釜めし風のご飯と味噌味の組み合わせは、ちょっと珍しいですね。

小淵沢駅には、出来立て予約制の「直火炊き山菜とり釜めし」もありますが、フラッと駅に立ち寄ったときに、釜めし駅弁に出逢えるのも有難いもの。

催事などで駅弁を見かけたら、次は現地へ足を運んで、お店で再会したいですね。

駅弁 211系電車・普通列車、中央本線・小淵沢〜長坂間(2018年撮影)

中央本線・高尾〜松本間の普通列車は、6両の211系電車も多く走ります。

高尾〜大月間はそれなりの乗車ですが、大月より西はゆったりとした車内となることも多く、ボックスシートタイプの編成に当たれば、昔ながらの汽車旅気分です。

1人でいることが気楽な方は、群れず、喋らず、窓を閉め切らずに静かな行動。

人と一緒に居ないと淋しい方は、しばらく家でゆっくりと過ごしたいものです。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください


おすすめ記事

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12 次のページへ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」