長岡駅「越後ニャがおかあふれ海鮮かんぴょう巻き寿司」(1180円)〜京王百貨店新宿店・第56回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会2(1/12 ページ)

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは長岡駅「越後ニャがおかあふれ海鮮かんぴょう巻き寿司」(1180円)です。

» 2021年03月19日 08時30分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
駅弁 長岡駅「越後ニャがおかあふれ海鮮かんぴょう巻き寿司」(1180円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2021年1月19日)

駅弁 E129系電車・普通列車、上越線・越後堀之内〜北堀之内間(2019年撮影)

2021年の年明け、日本海側で降り続いた大雪。

新潟・北陸の交通機関は大きな影響を受け、1月7日〜20日に開催された京王百貨店新宿店の「第56回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」でも、影響を受けたお店がありました。

天候のみならず、今回の駅弁大会開催に当たっては、どのようなご苦労があったのか?

京王百貨店新宿店・堀江英喜統括マネージャーのインタビュー、後編をお届けします。(前編はこちら

駅弁 京王百貨店新宿店・堀江統括マネージャー

─私も会場をザッと拝見したところ、いつもの年よりゆったりとした作りになっていましたね。

7階の大催場は、密集をできるだけ避けるため、例年より通路を広めに確保し、ご出店いただくお店の数も絞り込みました。

ただ、駅弁大会の原点に即して、できるだけ「駅弁」のお店を優先させていただきました。

(他にも比較的販路をお持ちの)「うまいもの」のお店は、今回については、少なめとさせていただいています。

駅弁 会場には入場制限が行われた場合の待合スペースも確保

─各社さんの出店にもご苦労があったでしょうね?

「常磐線復旧記念」の駅弁特集では、震災以前、駅弁を製造されていたお店にも交渉しましたが、従業員の皆さんの高齢化もあって、残念ながらご出店は叶いませんでした。

震災から10年という月日の長さを痛感させられましたね。

また、コロナ禍で駅弁屋さんが従業員の方の数を減らされていたり、「いまの東京にはちょっと……」ということでスタッフの確保ができず、出店を見送られたケースもあります。

駅弁 第56回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会「池田屋」実演販売ブース

─そのなかで、今回初めて出店されたお店もあるそうですね?

新潟県・長岡駅弁の「池田屋」さんにご出店いただきました。

最初は名物の「越後長岡喜作辨當」ができたらと思ったのですが、使用する食材の安定した調達が難しいということもあって、老舗の底力で新作駅弁を開発していただきました。

ただ、このコロナ禍ですので、池田屋さんが作り上げたレシピに忠実に、東京のスタッフが製造する形で実演販売を行っています。

駅弁 越後ニャがおかあふれ海鮮かんぴょう巻き寿司

─改めて、気を付けるべきことは?

今回、お休み処がありませんので、体調に不安があったら決して無理をしないで、必ず「マスクを着用」、できれば「マイバッグ持参」でお願いいたします。

また、事前にHPなどで、目当ての駅弁と販売場所をご確認いただけたらと思います。

会場の安全対策は万全に施しておりますので、遠くへ出かけられない間はぜひ「駅弁」で旅気分を味わってください。

(京王百貨店新宿店・堀江統括マネージャー、インタビューおわり)

駅弁 越後ニャがおかあふれ海鮮かんぴょう巻き寿司

【おしながき】

  • サーモン
  • いくら
  • かに
  • かんぴょう巻き(魚沼産コシヒカリ使用)
駅弁 越後ニャがおかあふれ海鮮かんぴょう巻き寿司

池田屋・永橋専務創作の「ねこのキャラクター」が描かれたスリーブ式の包装を開けると、寿司の定番・かんぴょう巻きの上にサーモン・いくら・かにが溢れんばかりに載った新作。

いままでなかなか無かった組み合わせと食感に、ちょっとサプライズを感じました。

池田屋によると、初めて海鮮とかんぴょう巻きを組み合わせてみたそうで、さっそく好評の感想をいただいているそうです。

駅弁 E4系新幹線電車「Maxとき」、上越新幹線・長岡〜浦佐間(2019年撮影)

京王百貨店新宿店によると、コロナ禍のなかにあっても、大会の開催にこぎつけたのは、半世紀以上の伝統を、来年へつなぎたいという強い思いだったと言います。

今回は百貨店も駅弁業者も非常に厳しいなか、駅弁を購入できる機会を設けて下さったことに、ただただ感謝の一言。「駅弁」の応援もぜひ!

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください


おすすめ記事

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12 次のページへ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」