連載
» 2021年03月25日 18時00分 公開

高2の娘と、「映画ヒーリングっどプリキュア」を見に行ったお話サラリーマン、プリキュアを語る(1/2 ページ)

「映画ヒーリングっどプリキュア」、プリキュア5に話題を取られがちですが、ヒープリ映画として最高中の最高なのです。

[kasumi,ねとらぼ]

 高校2年生の娘と「映画ヒーリングっど・プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!」(・はハートマーク。以下省略)を見に行ってきました。

 「Yes!プリキュア5」世代である娘は、久しぶりに見るプリキュアに何を感じたのでしょうか。せっかくなので感想を書いてもらいました。

 (※本記事中に映画のネタバレはありません)

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 映画 Yes!プリキュア5 映画パンフレットと「ゆめペンダントSpecial」。大人はペンダントをもらえないので買います

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



映画ヒーリングっどプリキュア公開

 2021年3月20日。「映画ヒーリングっどプリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!」が公開となりました。

 プリキュア映画通算29作目となる同作は、2020年秋の公開予定がコロナ禍により延期となり、ようやくこの春の公開となりました。

 東京ガールズコレクション、藤田ニコルら現役モデルやリラックマの登場など、たくさんのコラボが実施された同映画ですが、中でも注目すべきは2008年放送の「Yes!プリキュア5GoGo!」(以降「プリキュア5」)との共演です。

 「プリキュア5」は、「NHK全プリキュア大投票」でも女性人気が高く、2021年現在で20歳前後になっているであろう「プリキュア5世代」の女子をプリキュア映画に呼び戻す算段もあったのでしょう。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 映画 Yes!プリキュア5 映画では「Yes!プリキュア5GoGo!」との共演が話題となりました

 その目論見は、見事に当たります。

 当時、現役で「プリキュア5」を見ていた当家の高校2年生の娘にも響いたらしく、一緒に映画を見ることとなりました。

 この4月から高校3年生になり大学受験を迎える娘。楽しみにしていた修学旅行が中止になるなど、若い世代にもコロナ禍は大きな影響を与えています。

 そんな中、現役高校生が見た「現在のプリキュア映画」はどんな感じだったのでしょうか。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 映画 Yes!プリキュア5 当時娘が遊んでいたプリキュア玩具

高2の娘のプリキュア映画感想

 「映画ヒーリングっどプリキュア」を見た高2娘の感想です。

 プリキュア5が出ると聞いて新しいプリキュアの映画を父と見に行きました。

 子どもの頃はいつもママとパパとプリキュアを見ていて、プリキュア5の思い出は、闇堕(お)ちしたプリキュアが出てくる回がほんとにすっっごく怖かったのと、人間ココとドレスを着たのぞみちゃんが一緒に踊ってるシーンが映画かなんかであってそのシーンが本当にきれいで大好きでした(こんなのでいいの?)。

 今回の映画も面白かったです。ちょっと感動しました。見るまでは知らなかったけどお母さんと子どものお話で、お母さんの作り出した、とても大きな感情とそれに伴う行動は、一見エゴのようにも見えて、エゴという身勝手を超えて親から子への無償の愛なのだろうな、と思いました。うまく言えないけど、母親も絶対的な存在じゃなく悩む人間なんだな、ってことを思いました。

 「ヒーリングっどプリキュア」たちがピンチのときに、舞い散る花びらと共にさも自分たちもその花びらの一枚かのごとく可憐(かれん)に登場する「プリキュア5GoGo!」がカッコよすぎです。あとはミルキィローズが戦いの最中にミルクに戻って戦うところがかわいかったです。ローズ推しなので。

 プリキュアたちは相変わらずキラキラですてきでした。あとリラックマのパチモンがいる! と思ったら本物でした。

 あの頃はプリキュアの映画を見てもかわいいとかしか思っていなかったんだけど、今見るとプリキュア映画ってこんなにも深いお話やってたんだな、って思います。

 私の学校では修学旅行が中止になったけど、映画の中ではのどかちゃんたちが東京旅行を楽しんでいてちょっとうらやましかったです。

 幼稚園の頃はプリキュアが大好きでキュアドリームの変身コスチュームをおばあちゃんに買ってもらったり、ショーに行ったりした記憶があります。うれしかったな。

 プリキュアの中ではハートキャッチプリキュアが全員とても好き(あのほわほわした感じの絵柄? が好き)。全員同じくらい好きだけど強いていえばキュアムーンライトが一番好き。紫の子を好きになりやすいのかも。

 でも、もうムーンライトよりも年上になってしまうのね、私……。

 プリキュアといえば、ママが入院してたとき(多分弟の出産?)に『おともだち』か『ぷっちぐみ』かなんかの付録のプリキュアのおもちゃを持ってパパとふたりで病院行ったな。あの頃の私は、きっとママにプリキュアを見せれば元気になると思ってたんだと思う(これプリキュアの思い出なのかな)。

 プリキュアのデータカードダス、いつの間になくなっちゃったのかなあ。あれ好きだった。いつもパパとママに100円もらってやっていました。欲しいカードが出なくって泣いていたらママがもう100円くれたの覚えています。

 私は、プリキュアはいつの間にか見なくなっちゃったけど小さいころにママとパパと見ていた記憶は今でもあるし、なんか笑顔の記憶しかない。

 あと、日曜日の朝にパパと一緒に寝ころびながらテレビ見てる時間が好きでした。なんかそんなことを思い出しました。


ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 映画 Yes!プリキュア5 当時キュアドリームだった娘


 現役高校生にも今のプリキュアはきちんと響いていたようです。

 かつて、「スター☆トゥインクルプリキュア」のプロデューサーである柳川あかりさんは「プリキュアはアニメーションだけでなく映画やキャラクターショー、おもちゃ・グッズなどすべてを含めて“プリキュアという体験”を提供している」と語っています。

 プリキュアはアニメだけではなく「見ていたときの思い出そのもの」なのです。

 だから、お母さんお父さんは、ぜひ子どもたちをプリキュア映画に連れて行ってほしいのです。それはきっと子どもにとって「プリキュアという体験」となって、心に残り続けるのだと思います。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」