連載
» 2021年02月25日 18時00分 公開

「女の子は何でも許してくれる女神ではない」 「ヒーリングっどプリキュア」は子どもたちに何を伝えたかったのかサラリーマン、プリキュアを語る(1/2 ページ)

ヒープリで何が描かれたのか、公開されている文献を中心に紐解いていきます。ヒープリ、最高でした。

[kasumi,ねとらぼ]

 「女の子は何でも受け止め許してくれる女神ではない」

 「ヒーリングっど・プリキュア」(「・」はハートマーク。以降省略)のシリーズ構成、香村純子氏はアニメ誌のインタビューでそう語りました。

 作品終盤で描かれたキュアグレースと宿敵ダルイゼンの戦いは、子どもたちやオトナのプリキュアファンの枠を超え大きな話題となりました。

 それはわれわれ一人一人の「プリキュア観」を揺るがす出来事だったのです。

 「ヒーリングっどプリキュア」で何が描かれ、何がオトナたちの心をざわつかせたのか? そしてキュアグレースの言葉を通し、製作者が子どもたちに伝えたかったこととは何だったのでしょうか?

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 最終決戦に挑むキュアグレース

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



「ヒーリングっどプリキュア」とビョーゲンズ

 2021年2月21日。「ヒーリングっどプリキュア」が最終回を迎えました。コロナ禍に振り回され、9週にも渡る再放送を経て、例年より3週間の延長、全45話での決着となりました。

 「ヒーリングっどプリキュア」は“地球のお医者さん”をモチーフに、キャッチコピーは「手と手でキュン!ハートつないで地球をお手当て!」。地球のお医者さん見習いであるヒーリングアニマルと絆でつながった4人のプリキュアが地球をお手当する姿が描かれました。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 花寺のどか(キュアグレース)は幼少期に重い病を患っていた

 対峙(たいじ)する敵組織はビョーゲンズ。病原体をモチーフとして、自分たちだけが生息しやすい世界にするため地球を蝕(むしば)み、人間や世界を病気にします。

 近年のプリキュアシリーズでは、終盤に敵にも手を差し伸べ「和解、救済」が描かれることも多いのですが、異世界や宇宙からの侵略者でもない「病原体という、絶対に人間と相いれない存在」であるビョーゲンズとプリキュアは、どんな結末になるのかプリキュアファンは注目していました。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ ビョーゲンズの一人、シンドイーネ

ヒープリ終盤で描かれたダルイゼンの行動

 中でもビョーゲンズの一人であるイケメンキャラ「ダルイゼン」と主人公、花寺のどか(キュアグレース)の確執はファンの間でも大きな話題となっていました。

 花寺のどかは幼少時に重い病気を患っていて、その原因は彼女を宿主としていたダルイゼンでした。のどかの体から出た後もダルイゼンはプリキュアと対峙する「悪」として地球を蝕み続けます。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ ラビリン(左)を苦しめるビョーゲンズの一人ダルイゼン(右)

 しかし終盤になり、敵の親玉キングビョーゲンの進化のために取り込まれそうになったダルイゼンは命からがら逃げだし、花寺のどかに「もう一度お前の体の中にかくまってくれ」と助けを求めます。これはすなわち「俺を助けろ、お前はもう一度病気になり苦しめ」ということでもあります。

 花寺のどかは優しい娘です。散々悪さをしてきたダルイゼンといえども助けるべきなのでは? と悩みに悩みますが、パートナーである妖精ラビリンとの対話を経て、戦いの中でダルイゼンの要求を突き放します。

 「都合のいいときだけ私を利用しないで!」

 「私はあなたの道具じゃない!」

 「私の体も! 心も! 全部私のものなんだから!」

 花寺のどかは敵を救う道ではなく、自分の心と体を第一に考える選択をしました。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ メガパーツを取り込み暴走したダルイゼン

 このプリキュアが「助けを求めてきた敵を突き放し自分を守る選択をした」という行為に対し、自分の周りでも意見は真っ二つに分かれていました。

 いわく、「優しさに付け込み傷つけてくる存在にノーを突き付けることは正しい」。いや、「敵といえども最後は救うのがプリキュアじゃないのか」と。

 まさに、それぞれの思う「プリキュア観」に沿った大論争が起きたのです(女の子向けアニメで大論争が起きるのは社会が健全な証拠ですよね)。


病気のメタファーにした以上、和解は無理

 この問題を紐解くヒントがアニメ誌のインタビューにあります。

 「ヒーリングっどプリキュア」のシリーズ構成、香村氏は2021年2月発売のアニメ誌のインタビューで次のように語っています。

香村 敵を病気のメタファーにした以上、和解は無理ですよね。現実には、病気を抱えたまま、「病と共生」している方はいっぱいいらっしゃいます。でもその方たちも、完治できるに越したことはないわけで……。私はありがたいことに、これまで重い病気にはかからず生きてこられました。そんな私の立場から、「病気と和解しなさいよ」なんて言える勇気はありませんでした。
(徳間書店『Animage(アニメージュ)』2021年03月号 P70から ※強調表現は記事作成者による)


 香村氏は敵が病気のメタファーである以上、最初から「和解」は無いものと考えていたようです。彼らはあくまで「病原菌をモチーフとした存在」なのです。

 今も、コロナ禍でプリキュアを見ている子どもたちの周囲にも実害が及んでいます。そして何よりもプリキュアを毎週楽しみにしている子どもたちの中にも病気で苦しんでいる子どもやその家族がいるはずです。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 中盤、ダルイゼンによりメガパーツを埋め込まれ苦しむ花寺のどか

 香村氏の言う通り、世間には「病気と共存」している人もいますが、病気が治るに越したことはありません。だからこそ「病気を受け入れ、和解する」という安易な選択肢を取らなかったことは素晴らしいことだと自分は思います。

 イケメンであろうと、面白い人であろうと、どんな姿であろうとも「優しさに付け入り、自分の心を傷つける存在」にはノーを突き付けても良いのです。

 しかし、「受け入れる」「突き放す」以外の第3の選択はなかったのでしょうか?

 AかBかを選べ、となったときに「俺はCを選ぶぜ」と大逆転ウルトラCの選択をするというのはヒーローもののお約束です。

 しかし、現実問題として子どもたちがAかBかを選ばないといけないときは必ず来るのです。

 「自己犠牲か? 自分を大事にするか?」といった2択を迫られたときに、第3の選択で逃げずに、真正面から回答を出した今作は、子ども向けアニメとしてとても真摯(しんし)な対応だと思うのです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」