ニュース
» 2021年04月27日 12時30分 公開

4月27日の満月は「ピンクムーン」。来月は「スーパームーン」で皆既月食!

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


 月の満ち欠けは季節の移り変わりをあらわし、古の人々の農作業や狩猟の目安となっていました。毎月の満月をあらわす名前や、「スーパームーン」「ブルームーン」といった、月の見え方や現象をあらわす呼び名もありますね。

 今回は、満月の呼び名と、注目したい月に関連する天文イベントについてご紹介します。

満月の名前から伝わる、季節の移り変わりと生活の営み

 4月27日の満月は「ピンクムーン」。春にぴったりの呼び名ですが、ピンク色の月が見られる、というわけではありません。由来は、月の満ち欠けとともに生活していたネイティブアメリカンが、毎月の満月に付けていた名前です。ここ数年、日本でもこの呼び名が知られるようになりましたね。農作業や狩猟の時期と結びついた満月の名前は、人々の生活の営みや自然への眼差しを感じさせてくれます。

  • 1月:ウルフムーン 真冬の飢えた狼の遠吠えにちなんだ名前。他には、オールドムーンという呼称も。
  • 2月:スノームーン 雪の季節をあらわす名前。雪に閉ざされ食糧が不足することからハンガームーン(飢餓月)とも呼ばれます。
  • 3月:ワームムーン 春が始まる3月。地面から虫が這い出してくる時期。二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」と通じる季節感ですね。別名はサップムーン。サップとは樹液のことで、メープルシロップのためのカエデの樹液を採取する時期をあらわしています。
  • 4月:ピンクムーン 春に咲くピンク色の「フロックス」という花に由来します。
  • 5月:フラワームーン 本格的な花の季節が到来。ネイティブアメリカンだけではなく、多くの国でフラワームーンと呼ばれています。
  • 6月:ストロベリームーン 野いちごの収穫の季節。
  • 7月:バックムーン バックとは、雄鹿のこと。鹿の角が生え変わる時期。
  • 8月:スタージャンムーン スタージャンはチョウザメのこと。豊漁への願いを込めて。
  • 9月:コーンムーン とうもろこしをはじめ収穫の時期。ハーベストムーンとも。
  • 10月:ハンターズムーン 鹿やキツネを狩る月。別名は、引き続き収穫月であることからハーベストムーン。
  • 11月:ビーバームーン ビーバーを捕獲する罠を仕掛ける時期。
  • 12月:コールドムーン 冬が訪れ、寒さが本格的になる季節。

「とてもめずらしい月」という意味の「ブルームーン」。次回は2年後

 「ピンクムーン」と関連がありそうに思える「ブルームーン」ですが、こちらは「同じ月に2回の満月がある時の2回目の満月」の呼び名です。本来は「ひとつの季節の間に4回満月があるときの3回目の満月」を指す言葉とされていますが、今では「同じ月の2回目の満月」を指すことが一般的になりました。

 「once in a blue moon」 (めったにない)という英語の言い回しから、ブルームーンは「とてもめずらしい月」という意味になります。満月がブルームーンとなるのは19年に7回ほど。2〜3年一度しか見られない、希少な満月といえますね。

 残念ながら、2021年は同じ月に満月が2回ある月はありませんので、ブルームーンも見ることはできません。次回のブルームーンは2023年8月31日です。楽しみに待つことにしましょう。

全国で観測できる!5月26日は「スーパームーン」で皆既月食

 地球を回る月の軌道は楕円形のため、軌道上のどこで満月になるかによって、満月の大きさが変わります。1年のうちで地球の中心と月の中心が最も近い満月は「スーパームーン」、逆に最も遠い満月は「ミニマムムーン」と呼ばれています。スーパームーンとミニマムムーンの大きさの違いは直径約1.14倍、明るさは1.3倍ほどの差があります。

 2021年のスーパームーンは5月26日。この日の満月は皆既月食が同時に起こる、天文ファンの間で今年最も注目されているイベントです。

 皆既食の始まりは20時11分頃(東京での時刻)と、観測にも絶好の時間帯。次第に月全体が赤みを帯び、神秘的な満月が夜空に浮かびます。皆既食は約15分間と短い時間で終了します。スーパームーンでの皆既月食という貴重な機会を、ぜひ楽しみたいですね。

 一方、「ミニマムムーン」は12月19日。2021年最後の満月は、1年でいちばん小さい満月で締めくくりとなります。

  • 参考文献:『アストロガイド 星空年鑑 2021』 アストロアーツ

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響