ニュース
» 2021年05月01日 20時00分 公開

猫ちゃんの塗り薬のタイミング、塗った後の注意点は? 嫌がる猫ちゃんに塗り薬をスムーズに塗るコツペット手帳

コツは「短時間で気をそらせながら」。

[ペット手帳]
Mashable
《ぺット手帳》猫ちゃんの塗り薬の塗り方

 少しずつ春の気配が感じられるようになってきましたが、体調など崩していませんか? 今回は、ネコちゃんに塗り薬を塗るときのコツについて考えてみたいと思います。

塗り薬を塗るコツ

ネコちゃんの気をそらしながら塗ろう

塗り薬を塗るコツ

 ネコちゃんにとって、塗り薬を塗られることは、あまりうれしいことではありません。薬を塗る必要性についてネコちゃんは理解できず、体に何かが付くことを嫌がる子も多いです。

 そのため、短時間で済ませることや気をそらせながら塗ることが大切です。

塗り薬を塗るコツ

 ごはんや遊びの後で、ネコちゃんが満足して少し疲れたタイミングを狙うと、スムーズに行いやすいですよ。ご褒美をあげたり、なでたりして、リラックスした状態で患部に薬を塗りましょう。

 周りの毛についた薬はコットンで拭き取ります。また、塗るタイミングを食前にし、ネコちゃんの意識を別に向けさせてなめさせないようにする方法もあります。

薬を塗った後はなめないように注意する

塗り薬を塗るコツ

 薬を塗った部分をネコちゃんが気にしてなめてしまうことがあるので、エリザベスカラーを付ける・裏側からガーゼを貼った洋服を着せるなどしてください。

 エリザベスカラーを嫌がるネコちゃんは多いのですが、治療のためには必要なこともあるので、普段から少しずつ慣れさせてあげるといいですね。

塗り薬を塗るコツ

 薬を塗るときや、塗った後は無理に押さえつけたりせず、自然な流れで行ってあげましょう。

 体のどこでも触れるようにしておくと、お互いにストレスなく処置をしてあげられるので、ぜひ普段から意識してみてくださいね。

ペット手帳

オススメ記事

© stepdays Inc.

先週の総合アクセスTOP10