ニュース
» 2021年10月15日 19時06分 公開

電車が止まった日、混乱しつつも塾から帰宅した小学生のエピソードがためになる 母親に詳細を聞いた(1/2 ページ)

非常時対応の参考に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 10月10日、JR東日本の基幹変電所で発生した火災の影響で、山手線など首都圏10路線が停止。そのあおりを受けて塾から帰れなくなった小学生のエピソードが、非常時対応の参考になるとTwitterで話題です。

 災難に遭ったのは、投稿主のズル賢い母ちゃん(@mama_work_hard)さんの娘さんと塾の友だち。うち何人かは携帯電話を持たされていましたから、親に迎えの車を頼めば済みそうな状況ではあったのですが、うまく連絡がつかなかったり、車を持たない家も多かったりで、なかなか都合がつかなかったそうです。

 また、子どもたちのなかには親の番号を覚えていない子も。覚えている子がいても、キッズケータイは未登録の番号への発信に(親がセキュリティのために教えていない)暗証番号の入力が必要だったり、全員公衆電話の存在をすっかり忘れていたりと、連絡がつくまでかなりの混乱があったようです。

公衆電話 子どもの公衆電話離れはNTTも把握しており、子ども向けの案内ページを開設するなど対策している(関連記事

 親を待つにしても、今度は食事や居場所の確保が問題に。Suicaでの買い物に慣れている子はコンビニで軽食を買いましたが、投稿主の娘さんは食べずに我慢していました。非常用にと現金1000円を渡されていたものの、手を付けていいか判断できず、小銭ばかりなのが恥ずかしくもあって使えなかったのだそうです。

 1人「ファミレスに入ろう」と提案する子もいましたが、「子どもだけで入っちゃいけない」「お金が足りるか不安」といった意見もあり、子どもたちは結局コンビニ前で立ち話して過ごしました。お腹が空けばすぐ買い物できるし、トイレも使えますしね。

 最終的に、子どもたちは1人の親に迎えられ、全員帰宅できました。車を出してくれたのは、家の電話番号を覚えていた、携帯電話を持っていない子の母親だったそうです。

 当時は勤務中で自分のスマホを受けられない状況にあった投稿主は、娘さんの無事を喜んだものの、「勤務先の番号を娘の携帯に登録しておくべきだった」といった反省もあり、あらためて非常時の対応を見直すことに。「電車が止まって帰れないのは十分に非常時だからお金は使ってよい」「Suicaと違って、電気が止まっても使える小銭は非常時に強い」「タクシーは降りたときにお金を払うのだから、乗れるなら親を頼るつもりで利用してよい」など、あらためて娘さんと話し合いました。

 親子ともども良い学びとなったと振り返る投稿主に、編集部は詳細を聞きました。

―― これまでお子さんと非常時の対応について、どんな取り決めをしていましたか

投稿主 私自身、娘が2歳のころに東日本大震災を経験し、被災地ではないにもかかわらずいろいろな不便を経験したので、そのときから備蓄を十分に用意したり、娘にもさまざまなケースと対応策を伝えたりしていました。例えば、「緊急車両のさまたげになるため、親は迎えの車を出せない前提で動く」「安否確認や居場所を確保できるよう、最寄りの避難所に留まる」「普段から水分と小銭、衛生用品を持ち歩く」などです。

―― そこから、今回の件を受けて変えようと思ったことはありますか?

投稿主 備えについて教えていたにもかかわらず、実際にそういう場面になるとなかなかアウトプットができないものだと思い知らされました。また、子どもはアナログな時代を経験していないので、不便に対応する力が欠けていることも気付きました。

 私自身も現代の子がここまでアナログな発想にとぼしいとは思わず、思考の寄り添いや、教え方について考えさせられました。今は「現代だからこそ起こり得る問題」を掘り下げていく必要があるのだと感じています。

―― お子さん自身は今回の件をどのように受け止めていましたか

投稿主 娘は「難しく考えすぎた」「家に帰ることしか考えてなかった」と話していました。電車が止まっただけなので、災害とまでは行かず、そこまでの非常事態だと受け止めていなかったようです。あらためて、地震や台風などの災害だけでなく、停電や公共機関が使えない場合も「非常事態」なのだと話をしたところ、分かってくれたようでした。

協力:ズル賢い母ちゃん(@mama_work_hard)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」