ニュース
» 2021年10月15日 19時06分 公開

電車が止まった日、混乱しつつも塾から帰宅した小学生のエピソードがためになる 母親に詳細を聞いた(1/2 ページ)

非常時対応の参考に。

[沓澤真二ねとらぼ]

 10月10日、JR東日本の基幹変電所で発生した火災の影響で、山手線など首都圏10路線が停止。そのあおりを受けて塾から帰れなくなった小学生のエピソードが、非常時対応の参考になるとTwitterで話題です。

 災難に遭ったのは、投稿主のズル賢い母ちゃん(@mama_work_hard)さんの娘さんと塾の友だち。うち何人かは携帯電話を持たされていましたから、親に迎えの車を頼めば済みそうな状況ではあったのですが、うまく連絡がつかなかったり、車を持たない家も多かったりで、なかなか都合がつかなかったそうです。

 また、子どもたちのなかには親の番号を覚えていない子も。覚えている子がいても、キッズケータイは未登録の番号への発信に(親がセキュリティのために教えていない)暗証番号の入力が必要だったり、全員公衆電話の存在をすっかり忘れていたりと、連絡がつくまでかなりの混乱があったようです。

公衆電話 子どもの公衆電話離れはNTTも把握しており、子ども向けの案内ページを開設するなど対策している(関連記事

 親を待つにしても、今度は食事や居場所の確保が問題に。Suicaでの買い物に慣れている子はコンビニで軽食を買いましたが、投稿主の娘さんは食べずに我慢していました。非常用にと現金1000円を渡されていたものの、手を付けていいか判断できず、小銭ばかりなのが恥ずかしくもあって使えなかったのだそうです。

 1人「ファミレスに入ろう」と提案する子もいましたが、「子どもだけで入っちゃいけない」「お金が足りるか不安」といった意見もあり、子どもたちは結局コンビニ前で立ち話して過ごしました。お腹が空けばすぐ買い物できるし、トイレも使えますしね。

 最終的に、子どもたちは1人の親に迎えられ、全員帰宅できました。車を出してくれたのは、家の電話番号を覚えていた、携帯電話を持っていない子の母親だったそうです。

 当時は勤務中で自分のスマホを受けられない状況にあった投稿主は、娘さんの無事を喜んだものの、「勤務先の番号を娘の携帯に登録しておくべきだった」といった反省もあり、あらためて非常時の対応を見直すことに。「電車が止まって帰れないのは十分に非常時だからお金は使ってよい」「Suicaと違って、電気が止まっても使える小銭は非常時に強い」「タクシーは降りたときにお金を払うのだから、乗れるなら親を頼るつもりで利用してよい」など、あらためて娘さんと話し合いました。

 親子ともども良い学びとなったと振り返る投稿主に、編集部は詳細を聞きました。

―― これまでお子さんと非常時の対応について、どんな取り決めをしていましたか

投稿主 私自身、娘が2歳のころに東日本大震災を経験し、被災地ではないにもかかわらずいろいろな不便を経験したので、そのときから備蓄を十分に用意したり、娘にもさまざまなケースと対応策を伝えたりしていました。例えば、「緊急車両のさまたげになるため、親は迎えの車を出せない前提で動く」「安否確認や居場所を確保できるよう、最寄りの避難所に留まる」「普段から水分と小銭、衛生用品を持ち歩く」などです。

―― そこから、今回の件を受けて変えようと思ったことはありますか?

投稿主 備えについて教えていたにもかかわらず、実際にそういう場面になるとなかなかアウトプットができないものだと思い知らされました。また、子どもはアナログな時代を経験していないので、不便に対応する力が欠けていることも気付きました。

 私自身も現代の子がここまでアナログな発想にとぼしいとは思わず、思考の寄り添いや、教え方について考えさせられました。今は「現代だからこそ起こり得る問題」を掘り下げていく必要があるのだと感じています。

―― お子さん自身は今回の件をどのように受け止めていましたか

投稿主 娘は「難しく考えすぎた」「家に帰ることしか考えてなかった」と話していました。電車が止まっただけなので、災害とまでは行かず、そこまでの非常事態だと受け止めていなかったようです。あらためて、地震や台風などの災害だけでなく、停電や公共機関が使えない場合も「非常事態」なのだと話をしたところ、分かってくれたようでした。

協力:ズル賢い母ちゃん(@mama_work_hard)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」