ニュース
» 2022年01月21日 12時00分 公開

君はギャラドスのハイドロポンプを生身で食らったことがあるか? 『Pokemon LEGENDS アルセウス』試遊レポ 好きなポケモンに攻撃されて世界が輝く新体験(1/2 ページ)

ポケモンの技、人間が受けても何回か耐えられます。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 「カイリュー はかいこうせん」――。これは人格者として知られるチャンピオンのワタルが、生身の人間に対し威力150の物理技(当時)を躊躇なくぶっ放す、『ポケットモンスター 金・銀』の名場面である。

 「うらやましい」と思った。ワタルがではない。ロケット団がである。小学生だった私はドラゴンタイプが大好きで、カイリューと真の相棒になりたいと願っていた。当時の私にとっては、アニメ版の主人公コンビこそがロールモデルであり、ツッコミ感覚でポケモンが技をぶちかましてくるような気心知れた関係に憧れていた。私はポケモンたちが放つ電撃や火炎の温度を自分自身で感じてみたかったのだ。

 大人になり、社会の荒波に打ちのめされ、さまざまな人間関係を経験し、心に多くの傷を負った。だが、ゲームの中のポケモンたちは、いまだに私を攻撃してくれない。たとえ私が悪の組織に入っても、きっとポケモンたちは何も言わずに後ろを着いてきてくれるだろう。本当は、はかいこうせんを撃ってでも止めてほしいのに……。

 と、どこか空虚な気持ちを抱いている皆さん、朗報です。『Pokemon LEGENDS アルセウス』(※)は、野生のポケモンたちが元気いっぱいにあなたを狙ってきます。そう。本作は初めて「ポケモンの攻撃を生身で食らいまくれるゲーム」なのです。これだけでもう神ゲー。アルセウスの名を冠するだけありますね。

※「e」はアクサンテギュ付き

 こんな感じのニッチな感想を語りつつ、後半では『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』から15年間ネットワーク対戦を遊んでいるプレイヤー目線での情報もお届けします。基本的なシステムについてはこんなの読んでないで公式サイトを見てください。

人とポケモンが親密に暮らすことが珍しかった、遠い昔のお話

 そんなわけで、とにかく感動したのが“人間とポケモンの関係性”です。結論から言ってしまえば、私は『Pokemon LEGENDS』を遊んだことで、ようやくポケモンが自分を攻撃してくれるビジョンを持てました。

 これまでの作品では、ポケモンは人間のパートナーとして大切に扱われるものの、モンスターボールを通じたある種の主従関係が成立していました。だからこそ、Nやアローラの異質な思想が物語を動かすアンチテーゼとして機能したわけです。

 ところが、本作の舞台である「ヒスイ地方」は現代よりもはるか昔の時代。“ぼんぐり”の実を加工した原始的なモンスターボールがあるのみで、現代のような優れたボールはまだ開発されていません。かつて現実の人々が動物を神の化身として畏れたように、この時代のポケモンたちは大自然を悠々とかけまわり、人間がやすやすと従えられる存在ではありませんでした。そもそも“ポケモントレーナー”という概念もまだ誕生していないようです。

モンスターボールは“ぼんぐりのみ”などの材料からクラフト

 すなわちヒスイ地方は、人間とポケモンの“生物としてのパワーバランス”が特殊な場所。主人公は人間という一種の生物として、知恵と技術を駆使しながら、強大なポケモンたちの暮らす大自然に己の身を投じることになります。野生ポケモンは当然のようにプレイヤー目掛けてシャドーボールやハイドロポンプをぶっ放してきますし、何度もダメージを受ければベースキャンプに戻されてしまう。思わず笑っちゃうくらい鮮烈な体験でした。

 一方で、たとえ手持ちのポケモンが全てひんしになったとしても、主人公さえ無事なら拠点に戻されることはありません。便利な道具をクラフトしたり、ステルスで近づいてモンスターボールを投げたり、いわば“人間がレベルアップで習得した技”で戦っているみたいでめちゃくちゃ楽しい!

 それが如実に表れていたのが、ボス戦の一種であろう「キング」(ヒスイ地方で敬われる特別なポケモンたちのうち、ひときわ強い力を持つポケモン)とのバトルです。もちろん手持ちのポケモンを戦わせてもよいのですが、アクションが得意な人ならば、キングの猛攻を避けつつシズメダマ(イベント戦用の特殊な道具)をぶつけ、人間の力だけで勝利することも可能です。生物としてどちらか強者か分からせたろうや。

今回の試遊ではストライクが進化したバサギリと戦えました
「シズメダマ」をボールのようにぶつけ、ゲージを削り切れば勝利です

 というわけで、アクションRPGとしての面白さは担保したうえで、刺さる人にはとことん刺さる斬新なゲームに仕上がっていました。何より「ハイドロポンプは人間が何回か食らっても平気」というまあまあ信じられない知見を得られたのがうれしい。まさしくポケモンたちが放つ電撃や火炎の温度を自分自身で感じられたような気がして、ポケモン世界の解像度がぐっと上がったからです。「もしも目の前にポケモンがいたら」と想像するための材料が増えたような感覚ですね。

 だからでっかいポケモンに囲まれると心底ビビります。もちろん命のやりとりまでは発生しませんが、それでも「あ、無理かも」と思わせる凄みがあり、その状態からどうにか生還できた瞬間は思わず叫んでしまいました。俺は(広報さんに「漫画のパロディは控えてくださいね」と言われたのでご想像にお任せします)!!!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声