ニュース
» 2022年01月26日 18時30分 公開

震災で落下した大量の“活字” 落ちずに残った活字を「おみく字」にする取り組みに「素晴らしい」と反響(1/2 ページ)

活版印刷の記憶と物語を感じさせるアイテムに。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 地震で棚から落ちた大量の“活字”。阪神・淡路大震災を振り返って、大量の落ちた活字の写真と、落ちなかった活字の活用法を投稿した印刷会社のツイートが注目を集めています。

おみく字 阪神・淡路大震災の揺れで崩れ落ちた活字。すでに衰退傾向にあった活版印刷に大きな打撃となったようです
おみく字 大阪北部地震での2度目の落下。落ちずに残った活字は「おみく字」として販売

 投稿したのは、1968年創業の大阪市の印刷会社・山添の代表、野村いずみ(@Izumi_Nomura)さん。1995年1月17日に起こった阪神・淡路大震災で、活版印刷に使う活字が活字棚から崩れ落ちました。当時は活字はほとんど使われていなかったものの、山添では崩れた活字をなんとか拾い集めたといいます。

 しかし2018年の大阪北部地震で再び活字が崩落。活字は柔らかくて落ちただけで欠けてしまい、印刷してみないと使えるか分かりません。2度目の崩落のときは、使えるか分からない活字を再度拾うのは負担が大きく、復旧は断念して処分することとなりました。

 地震でも落ちなかった活字もありました。同社は今、それを「おみく字」として販売しています。たくさんの引き出しから引くタイプの神社のおみくじのように、活版印刷の工場で使われていた薬箪笥の引き出しから「おみく字」を引くことができます。活字が1つと、活版印刷についての説明書きが入っています。

おみく字 「おみく字」を包む紙にも、こだわりが感じられます

 野村いずみさんに、「おみく字」商品化に込められた想いなどを聞いてみました。

―― 阪神・淡路大震災で活字が落ちた時、すべて拾い集めるのにどれぐらいの日数がかかりましたか。

野村さん 当時会社にいた現役の職人と、父と私との3人で、毎晩3時間活字を拾って半年かかりました。

―― Twitterに投稿されていた写真に写っていた活字はどれぐらい前から使われていたものなのですか。

野村さん 活字は創業時の53年前に買ったものです。1990年ごろまでは名刺や年賀状を印刷していたのですが、その後は昔からの名刺の注文と私の名刺などでたまに使うくらいになっていました。

―― どのような想いで、活字を「おみく字」として販売することにしたのですか。

野村さん 阪神淡路大震災のころにはあまり使わなくなっていた活字。活字を馬棚から文選箱に拾い戻すときの音は、遅くまで仕事をしていた父の背中が記憶に蘇る音。共に働き、残してくれた活字をこのまま捨てたくない気持ちと、震災を乗り越えて落ちずに残っている活字は、落ちない幸運の活字だなあと思い眺めていて「おみく字」として販売することにしました。

―― 投稿後、どのような反響がありましたか。

野村さん 当時を振り返ったり、活版印刷への想いを話してくださる方、欲しいと言ってくださる方。たくさんの応援の言葉をいただき感謝と、感慨深く思います。店舗「THE LETTER PRESS」へも足を運んでくださる方が増え、Twitterの反響の大きさに驚いています。遠方の方からもリクエストがあり、オンラインストアで販売を開始したところ、30分も経たないうちに完売となりました。一度に大量を準備出来ないため少しづつではありますが、一人でも多くの方に活字からのメッセージと想いが届くように、継続していきたいと思います。


 「おみく字」の価格は550円。店舗では常時販売、オンラインストアでは限定数で販売し、完売ごとに追加販売するとのことです。

 「おみく字」の販売について、Twitterでは「素晴らしい」「欲しい」という声が多数寄せられました。「落ちなかった活字」ということで、「受験生に良さそう」というコメントも。落ちた活字を見て、「どんなに衝撃的だったかと思います」「一文字一文字を拾うなんて本当に骨の折れる作業だろうな」など、胸を痛める人もいました。

 凹凸やインクの濃淡が魅力として再注目される活版印刷。新しい印刷技術を取り入れつつも、活版印刷を続ける老舗ならではの、活版印刷に携わる人と道具の物語を感じさせる商品と言えるのかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声