「除雪の備えしてなかったの?」 札幌圏の大雪で列車運休、2月8日も復旧のめど立たず JR北海道が異例の経緯説明(1/2 ページ)

なぜ「終日運休」に至ったのか、JR北海道が説明しました。

» 2022年02月08日 15時00分 公開
[ねとらぼ]

 北海道札幌圏で発生した2022年2月5日、6日の記録的降雪で、JR北海道が札幌圏の列車を2月7日に全日運休。「雪やばい」(関連記事)といった投稿が相次ぎ、北海道民の足に多くの影響が出た中、「7日はもう晴れたのになぜ?」「除雪の備えをしていなかったの?」「なにのんびりやってるの?」といった切実な問い合わせや叫びもあり、JR北海道がその理由を説明しました。

JR北海道が記録的降雪で運休、2022年2月7日 記録的降雪の影響で2月7日に全線運休したJR北海道

 札幌圏の記録的降雪の影響で、2月5日、6日に多くの列車に運休、遅延が発生。JR北海道は2月7日に札幌圏の列車を全日運休させ、2月8日現在も早期の復旧に努めています。札幌圏・小樽〜札幌〜新千歳空港は2月8日夜に運転再開予定。それ以外の区間は運転再開のめどが立たず、2月9日以降になると告知しています(2月8日13時現在)。

JR北海道が記録的降雪で運休、2022年2月7日 2月8日現在、新千歳空港〜札幌〜小樽区間で8日夜に復旧予定(JR北海道Webサイトより 2月8日13時現在)

なぜ「全面運休」に至ったのか、JR北海道が説明

 2月6日の風雪の急激な強まりで吹きだまりが相次いで発生し、運行途中で進めなくなってしまった列車が多く発生しました。乗客は駅で降車しましたが、列車は雪に埋まって動けなくなったまま複数の駅に留置されました。

JR北海道が記録的降雪で運休、2022年2月7日 厚別駅で埋まり、運行不能となった車両(写真:JR北海道、以下同)

 運行を再開するには、列車が走る「本線」を開ける必要があります。まず、雪で埋まって動けなくなった列車は車両基地などへ退避させます。

JR北海道が記録的降雪で運休、2022年2月7日 稲穂駅で埋まり、留置された車両

 列車の手前までは機械除雪できます。しかし、列車の付近では人力で掘りだして除雪しなければなりません。人力で除雪して列車を移動させる。これを次へ次へと、上下線でパズルのように留置車、除雪車を動かしながら留置列車の数だけ行います。

JR北海道が記録的降雪で運休、2022年2月7日 パズルのように複雑で工数がかかる、埋まってしまった列車を除雪して「本線を開ける」作業

 今回は17駅で29編成の列車が雪で埋まって進めなくなってしまいました。また、除雪車の過負荷による突発故障や高架駅の作業など、工数がかかる要因も多々あります。「除雪に時間がかかり、また運転再開の見通しがなかなか立てられないのはこのような事情によります」とJR北海道は説明します。

JR北海道が記録的降雪で運休、2022年2月7日 北広島駅での除雪作業の様子。埋まった列車付近の除雪作業は人力で行う

 また、なぜその区間が先なのか、不公平ではないのか? という声が上がったという「手稲〜札幌〜新千歳空港間」の再開を優先した理由については、

  • 札幌圏で使う主な車両基地が手稲(稲穂)にあるため、まず手稲〜札幌の開通を最優先で行った
  • 札幌〜南千歳間は、道南・道東など各方面へ行く列車が重なって運行する区間で、影響が多方面に及ぶことから、復旧作業を優先した
  • 除雪に使う機械、人力、車両数を鑑み、優先順位を付けて作業した

 としています。

 度々運休されてはたまらない。降雪対策を講じていないのか? といった厳しい声も聞かれました。これは大きく違います。

 線路の切り替え(関連記事)は安全な鉄道運行において極めて重要な行程です。ポイントが動かなくなってしまうのが一番いけません。

 JR北海道はその要所に融雪器を設置し、降雪が多く見込まれる日は切り替え頻度を落とすために到着・発車番線を変更したり、運行本数を減らすことで、安全な運行と列車を止めない努力をしています。

 対策を講じていつつも、「今冬季は例年以上の降雪量」があり、範囲が多岐に渡り、対策事象がいくつも重なったことから「対応に苦慮している」とJR北海道は説明します。

 「お客さまにはご迷惑をおかけして申し訳ありません」(JR北海道)。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/16/news107.jpg 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  2. /nl/articles/2407/16/news021.jpg 17歳姉が今か今かと待つのは…… 3歳双子姉妹の愛あふれるお迎え風景に「なんとも愛おしい」「天使な三人」
  3. /nl/articles/2407/16/news097.jpg 「先生が間違ってる?」 マクドナルドが公開した“難問”にツッコミ殺到 「こりゃ答え困るやつーwww」「出題ミス」
  4. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  5. /nl/articles/2407/16/news153.jpg 山田裕貴、結婚後の近影が“別人級”に 「え? もはや誰っ??」「俳優のときとのギャップがすごいwwww」
  6. /nl/articles/2407/15/news051.jpg 「こんなことになるとは」 鋼製の包丁を食洗機で洗ってしまった結果…… “衝撃の変化”に仰天「1度でこれほど」
  7. /nl/articles/2407/17/news013.jpg 5児ママ、子どもと友達12人分のごはんを作ることに…… 驚がくのボリュームと手際の良さに「絶対真似できない」「尊敬しかない」
  8. /nl/articles/2407/13/news082.jpg 「これはオカルト」 10年使ったエアコンがなぜか調子回復 →“家電あるある”な現象に13万いいね 「もういい、お前は頑張った」
  9. /nl/articles/2407/14/news007.jpg 【今日の計算】「56÷8−7」を計算せよ
  10. /nl/articles/2012/05/news034.jpg 重病説が流れた佐藤浩市、“激やせ”の理由明かす 石田ゆり子も「聞いちゃいけないような気もして……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」