ニュース
» 2022年04月30日 19時00分 公開

「これに決めた!」 オリラジ藤森、名車「Z650」購入 ついに大型バイクに手を出す(1/2 ページ)

これを愛します! ザッパーです!

[カナブンさん,ねとらぼ]

 オリエンタルラジオの藤森慎吾さんが、自身のYouTubeチャンネル「藤森慎吾のYouTubeチャンネル」を更新。迷った末に出会った「運命の大型バイク」を購入してしまった様子を披露しました。

買う大型バイク「これに決定!」 買う大型バイク「これに決定!」 これは……何だ?(藤森慎吾のYouTubeチャンネルより、以下同)
買う大型バイク「これに決定!」 嬉しくって免許証を見せびらかす藤森さん 欲しいバイクがありすぎて決まらない Z650“ザッパー”と新型のZ650RS Z650にまたがる藤森さん 藤森さんの次のバイクは「Z650」
子分藤森、大型バイクこれに決めた!(YouTube/藤森慎吾のYouTubeチャンネル)

 藤森さんはつい1年ほど前、若い頃から憧れ続けていた名車「ヨンフォア」を思いきって買い(関連記事)、自身が「総長」と慕うバッドボーイズ佐田正樹さんらバイク仲間に影響されまくってバイク愛が覚醒し(関連記事)、「そろそろ次のバイクも欲しいぞ」と次に買いたいバイクも物色し始めるようになり(関連記事)、先日ついに大型二輪免許を取得しました(関連記事)

 こうして「大型バイク買うぞ!」とやってきたのは旧車エキスパート横兄さんのお店。「免許取れました。見てください!」。

嬉しくって免許証を見せびらかす藤森さん 「免許取れました!」「だから大型バイク売ってください!」と、ちゃんと安全運転模範ライダー・ドライバーなゴールド免許の藤森さん

 「あれも欲しいな。これもいいね」とネットで事前チェックだけはバッチリ済ませている藤森さん。「GT550」「マッハ」「CB1100F」など、実車をいざ見るとどれもよくて心が揺らぎますが、買うのはほぼ決めているようです。

欲しいバイクがありすぎて決まらない 欲しいバイクがありすぎて迷ったものの……

 「もうブレないです! 乗りたいのは、“Z650”です」。

 おぉぉー!

 Z650は「ザッパー」の愛称で親しまれる1976年登場の名車。カワサキの伝説的名車オブ名車で現在お値段もとんでもないことになっている当時の最上位マシン「Z1(900super4)」(関連記事)やナナハンの日本向け仕様「Z2(750RS)」(関連記事)に対して、650ccの空冷4気筒エンジンで軽快な加速、俊敏ハンドリング、軽量コンパクトの特徴を持つ「Z」として人気を博しました。愛称のザッパーは、英語圏の風を切る擬音“ZAP”が語源といわれています(関連記事)

Z650“ザッパー”と新型のZ650RS (参考)1970年代ミドルクラスZの名車「Z650」(写真後方)。2022年、このザッパーの再来となる伝統的バイクスタイルの650ccネイキッド新型モデル「Z650RS」が登場した(画像:カワサキモータース)

 「ふふふ。とっておきのがあるよ」。

 横兄さんが出してきてくれたのは、米国で仕入れたというZ650の北米版「KZ650」。からっと乾いている気候のカリフォルニアなどで屋内保管されていた車体は、同じ年式でも湿気の高い日本で乗られていたものより錆びなどの劣化が少なく、車体状態のいいものが比較的多いのだそうです。

 「こんなきれいなザッパーは他にないよ♪」(横兄さん)。

Z650にまたがる藤森さん 「かっこいいぞ」「これだー!」とZ650に決定

 「これですよ!」「もうこの子を愛します!」と決定!

 「これを自分で走れる状態にしたいっす」と整備にもチャレンジする意欲もみせた藤森さん。念願の大型バイクで走り出せる日が楽しみですね。

藤森さんの次のバイクは「Z650」 藤森さんが購入した「Z650 ザッパー」

 ファンからは「やっと決まったね」「走行動画楽しみにしてます」「納車楽しみですね♪」などのコメントが多く寄せられていました。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響